2年目突入!京都市とミツカンの「もったい鍋™」

~野菜の皮や芯まで賢く使って食品ロス削減!京阪神で旬の野菜が当たるキャンペーン実施~


ミツカングループ(愛知県半田市、以下ミツカン)と京都市は、おいしく食べて食品ロス削減にも貢献できる鍋として、冷蔵庫に余りがちな食材や、野菜の皮や芯まで活用した「もったい鍋」を提案します。10月15日(金)からは、京都市を中心とした京阪神地区の協賛店舗でミツカンの鍋関連商品を購入すると、抽選で50名様に旬の野菜詰め合わせギフトチケットが当たる「旬の野菜を無駄なくおいしく食べつくそう!もったい鍋キャンペーン」を実施します。


「もったい鍋」は、ミツカンと京都市が家庭での食品ロス削減を目指して2020年に共同開発したメニューです。キャベツを芯まで使った「丸ごとキャベツの巻かないロールキャベツ鍋」、中途半端に残った野菜を使いきる「キャベツと九条ねぎのあごだしシャキしゃぶ」、鍋を最後までおいしく食べきる「トマトキムチリゾット」など、12種類のレシピを公開しています。野菜のおいしさや栄養をまるごと味わいたい方、冷蔵庫の食材を賢く使いきりたい方、食品ロスやサステナビリティを意識した食生活を送りたい方などにおすすめです。
 

また、10月の「食品ロス削減月間」に合わせて、レシピ紹介冊子「もったい鍋!ガイドブック」を、京都市内のスーパーマーケットなどに設置します。レシピはミツカンホームページ内でもご覧いただけます。
URL: https://www.mizkanholdings.com/ja/vision/environment/kyoto/mottainabe_2021/


もったい鍋メニューの例

 

 

 

 

 

丸ごとキャベツの巻かないロールキャベツ鍋丸ごとキャベツの巻かないロールキャベツ鍋

キャベツと九条ねぎのあごだしシャキしゃぶ®キャベツと九条ねぎのあごだしシャキしゃぶ®

トマトキムチリゾットトマトキムチリゾット








「もったい鍋」野菜のおいしさと栄養をまるごと楽しむ

旬の野菜は特に味や栄養価に優れており、野菜をまるごと使う「もったい鍋」なら、そのおいしさと栄養を余すことなく食べることができます。今回、京都市とミツカンは、環境負荷の小さい農業に挑む人々を支援して持続可能な農業を目指している京都市の企業、株式会社坂ノ途中とタッグを組みました。「旬の野菜を無駄なくおいしく食べつくそう!もったい鍋キャンペーン」では、旬の野菜の詰め合わせと交換できる坂ノ途中「ギフトチケット」をプレゼントします。

旬の野菜を無駄なくおいしく食べつくそう!もったい鍋キャンペーン」概要
キャンペーン期間中に京阪神エリアの協賛企業でお買い物をした、ミツカン対象商品を含む500円(税込)以上のレシートを1口としてご応募いただけます。キャンペーンサイトでレシートと一緒に「もったい鍋」の写真を投稿すると、当選確率が2倍になります。

<キャンペーン期間(レシート有効期間)>
2021年10月15日(金)~11月30日(火)
<応募方法>
キャンペーンサイト(https://c-so.net/mizkan/room/mottainabe/)、協賛企業の店舗に設置された応募はがき
<対象商品>
ミツカン鍋関連商品(ぽん酢各種、しゃぶしゃぶのたれ各種、鍋つゆ各種)
<協賛企業>
イオン・イオンスタイル/エビスク七条/エムジー/キッチンランドSUNSUN/紀ノ国屋 ジェイアール京都伊勢丹店/京都生協/京都八百一本館/近商ストア・Harves・Pochette/グレースたなか/KOHYO・マックスバリュ/新鮮激安市場!/生鮮館なかむら/ダイエー・グルメシティ・イオンフードスタイル/ハッピー六原/フードショップラクト/フレスコ・コレモ/平和堂(アル・プラザ、フレンドマート)/メッサ北野 (五十音順) 
※本キャンペーンは、京阪神エリアの店舗限定です。
<プレゼント内容>
坂ノ途中「ギフトチケット」 (5,000円相当) 50名様
厳正なる抽選の上、商品の発送をもって当選発表とさせていただきます。

レシピ紹介冊子「もったい鍋!ガイドブック」の配布
12種類のレシピを紹介した冊子「もったい鍋!ガイドブック」を、京都市役所、各区役所・支所内のエコまちステーション、JA京都市 営農経済部 受付カウンターの他、以下のスーパーの京都市内全店舗に設置します。

イオン・イオンスタイル/エビスク七条/エムジー/キッチンランドSUNSUN/紀ノ国屋 ジェイアール京都伊勢丹店/京都生協/京都八百一本館/近商ストア・Harves /グレースたなか/KOHYO・マックスバリュ/新鮮激安市場!/生鮮館なかむら/ダイエー・グルメシティ・イオンフードスタイル/ハッピー六原/阪急オアシス/フードショップラクト/平和堂(アル・プラザ、フレンドマート)/マツモト/メッサ北野 (五十音順) 

ガイドブックの内容は、ミツカングローバルサイトのもったい鍋特設ページでも公開しております。
URL:https://www.mizkanholdings.com/ja/vision/environment/kyoto/mottainabe_2021/

■京都市におけるミツカンの取り組み
ミツカン未来ビジョン宣言として「人と社会と地球の健康」「新しいおいしさで変えていく社会」の実現を掲げるミツカンは、食品ロス削減に関する先進的な取り組みを行ってきた自治体である京都市と、2020年8月に「食品ロス削減に資する取組の連携に関する協定」を締結しました。「京都の野菜を無駄なくおいしく食べ尽くす」をコンセプトに、メニューの共同開発と普及活動(2020年10月「もったい鍋」、2021年2月「もったい菜漬け™」)、親子向けの体感型学習プログラム(2021年8月、10月「食品ロス美味しく減らそう親子教室」)、大学や他企業と連携した企画(2021年9月「まるごとベーカリー™」)などを実施しています。
特設サイトURL:https://www.mizkanholdings.com/ja/vision/environment/kyoto/

「もったい鍋」の取り組みは今年で2年目で、取り組みにご賛同いただいた企業も増え、徐々に活動が拡大しています。ミツカンと京都市は、食品ロスの削減に向けて、今後もさまざまな取り組みを行ってまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Mizkan Holdings >
  3. 2年目突入!京都市とミツカンの「もったい鍋™」