Burton Flagship Osakaが9月7日にオープン

6日にチームライダーが参加するオープニングイベントを実施

バートンジャパン合同会社はBurton Flagship Osaka(大阪府大阪市西区南堀江1-19-23)を2019年9月7日(土)にオープンいたします。今回のフラッグシップストアは、国内3店舗目となり、8月末に中国・北京にオープンするBurton Flagship Beijingに続く直営店となります。

 1977年のブランド設立以来、Burtonは革新と進化を繰り返しながらプロダクトを開発し、コミュニティやカルチャーを育んできました。Burton Flagship Osakaは、スノーボードの楽しみと自然の素晴らしさを地域の方々と共有し、西日本のスノーボードシーンと共に成長しながら、雪山への情熱が育んだスタイルを発信してきます。

木と鉄が融合した山小屋のようなストアデザインは、古くから家具の街として知られている堀江の街並みに調和しながら、都会の日常の中でアウトドアを感じることができます。明るく開放感のある正面ウィンドウ付近にはラウンジスペースを設置し、スノーボードとアーバンカルチャーが出会う場所として活用していきます。スノーボード、バインディングやブーツが並ぶハードグッズエリアは、プロダクト同様の機能美とブランド設立時から続くクラフトマンシップを感じることができる空間になっています。

 9月6日(金)には両ストアのオープンを記念したイベント「Burton Osaka / Beijing Tour 2019」を開催します。キミー・ファサニ、ケリー・クラーク、ベン・ファーガソン、マーク・マクモリスといった海外ライダーに加えて、片山來夢、平岡卓、藤森由香らがイベントに参加します。記念Tシャツを手掛けたキャスパーによるライブペインティング、大阪府を拠点に活動しているヒップホップグループ、韻踏合組合のライブパフォーマンスも実施予定です。イベントの最新情報はwww.burton.com、 Instagram、Facebook、 Twitterでご確認ください。

 オープンを記念して作られたTシャツには、大阪出身のキャスパーと中国・安徽省生まれのファン・ユーロンが、地域を象徴する造形物をモチーフに描いたオリジナルグラフィックが施されています。2人のアーティストが手掛けたTシャツはBurton Flagship Osaka、Burton Flagship Beijing、Burton.comで限定発売されます。

 世界中のBurtonのフラッグシップストア、パートナーストア、アウトレットは下記よりご覧いただけます。
https://www.burton.com/jp/ja/stores
 


Burton Flagship Osaka
所在地: 〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-19-23
営業時間: 11:00 – 20:00
定休日: 不定休
取扱商品:Burton、Anon、AK457
ソーシャルメディア:Instagram, Facebook


Burton Osaka / Beijing Tour 2019大阪イベント概要
日時: 2019年9月6日(金) 18:00 – 22:00
内容: ライブペインティング(CASPER)、ライブパフォーマンス(韻踏合組合)、DJ
入場方法:8月27日(火) 10:00より、申込専用サイト(https://burtonosakabeijingtour2019.splashthat.com/)にて120名分の優先入場受付を行います。
※受付は先着順となります。
※参加申込数が定員に達した場合、受付を終了させていただきます。
参加予定ライダー:キミー・ファサニ、ケリー・クラーク、ベン・ファーガソン、マーク・マクモリス、今井胡桃、岩渕麗楽、小野光希、片山來夢、竹内正則、中山悠也、平岡卓、藤森由香、降旗由紀、宮澤悠太朗、村瀬心椛

Burton Osaka / Beijing Tour 2019記念Tシャツ

Burton Flagship Osaka T-shirts
取扱店:Burton Flagship Osaka (9/6~)、Burton Flagship Beijing (9/7~)、Burton.com (9/7~)
価格:L/S 4,600円(税抜)、 S/S 3,600円(税抜)​
 

Burton Flagship Beijing T-shirts
取扱店:Burton Flagship Osaka (9/6~)、 Burton Flagship Beijing (9/7~)
価格:L/S 4,600円(税抜)、 S/S 3,600円(税抜)

CASPER(キャスパー)
1996年にグラフィティアートを初めた大阪出身のアーティスト。2005年に水戸芸術館で行われた日本初のグラフィティー展「X-COLOR」に参加。ライブペイントアーティストとしては、2007年、国内最高動員数を誇る「SUMMER SONIC」、大阪・東京で行われたBIG FES「渚」に参加。2013年にはREDBULL主催『アメリカ村街路灯アートプロジェクト』の招待アーティストに選ばれる。2000年からは山栄ART工房を立ち上げ、デザイン業務をスタート。店舗の内装・外装、著名アーティストのステージ衣装、ロゴデザイン等、オーダーの内容は様々。ファッションブランドFENDIのプロジェクト「F IS FOR FENDI」、MONSTER ENERGY企画でスノーボードメダリスト平野歩夢のX GAMES Aspenミューラルアートに参加。
Instagram:@killingtimer2021

 Huang Yulong(ファン・ユーロン 黄玉龙)
1983年、中国・安徽省で生まれ。2007年、江西省にある景徳鎮陶芸研究所の彫刻部で美術学士号を取得。伝統的な陶器、ブロンズ像からガラスまで様々な素材を扱っている。東洋の伝統と象徴、ヒップホップの美的感覚が融合した作品には、伝統的中国のイメージを近代化し、アップデートした表現が施され、かつて鎖国状態で孤立していた過去から、現在の国際社会で競争力を発揮し、進化を遂げている中国の急速な転換期を見事に反映している。10年以上続くヒップホップに対する情熱は、アーティストとしてのキャリアの原動力となっている。自由で情熱的、反逆的な姿勢に魅了されながら、ラップやヒップホップダンスから得た膨大な量の興奮は、彫刻を通じて表現されている。ファンにとってのヒップホップは人生そのものであり、アートはパラレルワールドとして、ライフスタイルとを繋ぐ役割を果たしている。

 <Burtonについて>
1977年、ジェイク・バートン・カーペンターはアメリカ・バーモント州のガレージでスノーボード作りを始め、バートンスノーボードを設立しました。以来、彼の人生はスノーボードに捧げられています。バートンは画期的なプロダクトライン、リゾートに対する草の根的努力、そしてトップレベルのチームライダーにより、スノーボードを裏山での遊び道具から、ワールドクラスのスポーツへと成長させることにおいて、極めて重要な役割を果たしてきました。現在バートンは、スノーボードギアとスノーボードライフスタイルに関連する業界トップのプロダクトをデザイン、製造しています。その中にはスノーボード、バインディング、ブーツ、アウターウェア、レイヤリングなどの他に、通年で活躍するアパレル、バッグやアクセサリーなども含まれています。バートンはジェイクと妻であり共同CEOであるドナ・カーペンターにより所有されているプライベートカンパニーです。アメリカ・バーモント州バーリントンに本社、オーストリア、ドイツ、スイス、日本、オーストラリア、カナダ、中国にオフィスを置いています。詳しくはwww.burton.comをご覧ください。

【お客様お問い合わせ先】
BURTON 〒150-0047 東京都渋谷区神山町9-6 TEL: 03-5738-2555
www.burton.com Instagram Facebook Twitter


 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バートンジャパン合同会社 >
  3. Burton Flagship Osakaが9月7日にオープン