【AUBA×東芝】サイバーとフィジカルの融合で、実世界に新たな価値創出を目指す『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』の採択企業18社が決定!

~2020年9月25日のDemodayに向け、各社とインキュベーションを開始~

​eiicon companyが運営するオープンイノベーションプラットフォームAUBAは、株式会社東芝と共同で運営するアクセラレータープログラム『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』において、応募があった共創プランの中からインキュベーションに進む採択企業18社が決定したことを発表いたします。

アクセラレータープログラム『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』アクセラレータープログラム『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』

 eiicon company(所在地:東京都港区南青山、代表:中村 亜由子)が運営するオープンイノベーション※1プラットフォームAUBA(アウバ、以下「AUBA」)は、株式会社東芝(本社:東京都港区、代表執行役社長CEO 車谷 暢昭、以下「東芝」)と共同で運営するアクセラレータープログラム『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』https://eiicon.net/about/toshiba-oip2020/ >において、応募があった共創プランの中からインキュベーションに進む採択企業18社が決定したことを発表いたします。

AUBAでは、同プログラムを東芝と共同で運営。専用Webサイトの設置運用や、募集にあたってのオンライン説明会実施、インキュベーション支援など強力にサポートを行っております。


■『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』概要
 『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』は、東芝と新たなビジネスを生み出す共創プログラムです。本プログラムは「TECHNOLOGY × BUSINESS ~サイバーとフィジカルの融合で、実世界に新たな価値を。~」のコンセプトのもと、2020年4月6日(月)よりAUBA内の応募専用サイト< https://eiicon.net/about/toshiba-oip2020/ >にてエントリーを募集しました。

 【募集テーマ】
①「ローカル5Gの活用で製造業・社会インフラに新たな価値創出を目指す」
②「さまざまなモノやサービスをオープンにつなぎ新たなユーザー体験を迅速に共創する」
③「ビッグデータのリアルタイム分析で新たな価値創出を目指す」
④「リアルタイムの画像認識で新たな価値創出を目指す」

■採択企業概要
今回、多数の応募の中から、厳選なる審査を経て、18つの共創プランがインキュベーションに進むことが決定しました。

①    「ローカル5Gの活用で製造業・社会インフラに新たな価値創出を目指す」
・株式会社エクサウィザーズ https://exawizards.com/
・株式会社Nossa https://www.nossa.co.jp/

②    「さまざまなモノやサービスをオープンにつなぎ新たなユーザー体験を迅速に共創する」
・株式会社アロマビット https://www.aromabit.com/
・株式会社Unscene https://www.unscene.app/
・conect.plus株式会社 https://www.conect.plus/
・ジャスト株式会社
・ノバルス株式会社 https://novars.jp/
・ハローライト株式会社 https://hellolight.jp/
・FUTUROCKET株式会社 https://www.futurocket.co/
・株式会社ベルデザイン https://www.bell-design.co.jp/
・ユニロボット株式会社 https://www.unirobot.com/
・ヨクト株式会社 https://yocto-life.co.jp/
・株式会社ワントゥーテン https://www.1-10.com/

③    「ビッグデータのリアルタイム分析で新たな価値創出を目指す」
・EAGLYS株式会社 https://eaglys.co.jp/
・株式会社DATAFLUCT https://datafluct.com/

④    「リアルタイムの画像認識で新たな価値創出を目指す」
・株式会社アジラ https://www.asilla.jp/
・株式会社VAAk  https://vaak.co/
・BLUE TAG株式会社  https://www.btag.jp/

以上18社/団体(順不同/社名あいうえお順)

今後は2020年9月25日に実施されるDemodayに向け、各採択企業との実証実験等を重ね、事業展開の検討を進めてまいります。


■東芝について  https://www.toshiba.co.jp/
社名:株式会社東芝
本社所在地:東京都港区芝浦1-1-1
資本金:200,044百万円
代表者:代表執行役社長 CEO 車谷 暢昭
事業内容:東芝グループは、エネルギー・社会インフラ・電子デバイス・デジタルソリューションの4つの事業領域で、さまざまな製品・サービスをグローバルに提供しています。


■AUBAについて  https://auba.eiicon.net
オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」は、「価値ある出会いが未来を創る」をテーマに、オープンイノベーションのパートナーを探すことができる、ビジネスマッチングプラットフォームです。企業は、企業情報をはじめとするミッションや、事業成長に必要なリソースなどさまざまな情報を「AUBA」に登録することができます。それらの情報を発信し合い、企業同士が繋がることができる場が「AUBA」です。
AUBAは、「オープンイノベーション」にチャレンジするすべての企業に対し、その取り組みを加速させる支援を実施しています。自社のニーズ、シーズをオープンにすることで、ビジネスパートナーとなり得る企業と繋がり、出会うことができるオープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」、事業を創るビジネスパーソンのための事業を活性化するメディア「TOMORUBA」、リアルな出会いの場を創出する「event」、専門のコンサルタントによる「Sourcing Support」の4つの軸で日本に「オープンイノベーション」という新規事業創出手法を根付かせるためにサービスを提供しています。

■eiicon company概要
名 称:eiicon company (エイコンカンパニー)
代 表:中村 亜由子
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
事業内容:オープンイノベーションプラットフォーム「AUBA」の運営、イベント企画・支援サービス、ソーシングサービスなど
電話番号:03-6370-8360(代表)
メールアドレス:info@eiicon.net

■運営会社
社名:パーソルイノベーション株式会社
本社所在地:〒107-0062 東京都港区南青山1-15-5
資本金:5,500万円(2020年4月1日現在)
代表者:代表取締役社長 高橋 広敏
事業内容:新規事業創造・オープンイノベーション推進、グループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務


 ※1:2003年(米)ヘンリー W. チェスブロウが提唱した、「企業内部と外部メディア・技術を組み合わせることで、革新的な新しい価値を創り出す」イノベーション方法論。社内の資源に頼るばかりでなく、社外との連携を積極的に取り入れるべきであるという主張の方法です。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. eiicon >
  3. 【AUBA×東芝】サイバーとフィジカルの融合で、実世界に新たな価値創出を目指す『Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』の採択企業18社が決定!