【ChatGPT × AIライティング】他の上位表示サイトの文章を参照しながら、ライティング指示を見出し単位で行える機能をリリース

https://transcope.io

シェアモル株式会社(本社:東京都墨田区、 代表取締役:齋藤 康輔)は、2023年6月8日、SEOに強いAI(GPT-4)ライティングツール「Transcope(トランスコープ)」において、他の上位表示サイトの文章を参照しながら、ライティング指示を見出し単位で行える機能をリリースいたしました。

シェアモル株式会社(本社:東京都墨田区、 代表取締役:齋藤 康輔)は、2023年6月8日、SEOに強いAI(GPT-4)ライティングツール「Transcope(トランスコープ)」において、他の上位表示サイトの文章を参照しながら、ライティング指示を見出し単位で行える機能をリリースいたしました。


Transcope製品紹介ページ: https://transcope.io


  • 開発の背景

Transcopeには、AI(GPT-4)を用いて見出し構成から長文を生成する機能が備わっておりましたが、利用ユーザーから、

「もっと具体的な文章を生成したい。」

「もっと長文を生成したい。」

「もっと細かやな指示をAIにしたい。」

といったご意見がございました。


上記のご意見をうけて、他の上位表示サイトの文章を参照しながら、AIに具体的な指示を行える機能をリリースいたしました。当機能により、文章を書く際のAIの参考情報が増え、より具体的な長文をAIが生成することに成功いたしました。


弊社ホームページの[今すぐ無料で始める]ボタンから、無料でお試しいただくことも可能ですので、是非お試しいただけましたら幸いです。


Transcope製品紹介ページ: https://transcope.io


  • 利用方法

Transcopeの[ドキュメント]メニューの[AIにおまかせする]タブから、[新規作成する]ボタンをクリックしてください。

[上位表示させたい検索キーワード]を入力して、分析を行うと、記事に最適なタイトルや見出し、文章の文字数が自動的に提案されます。

各見出しの[文章について指示する]リンクをクリックすると、類似の記事をインターネット上から探してTranscopeが提案してくれます。

これらの参考文を基に文章を書くよう、Transcopeに指示をすることで、AIがより具体的な長文を書いてくれます。

「落ち着いた雰囲気で文章を書いてほしい。」「●●というキーワードは必ず使ってほしい。」など、参考文を利用しない指示を行っていただくことも可能です。


  • GPT-4とは?

今話題のChatGPT(無料版)で使われているAPIであるGPT-3.5の後継機になります。GPT-3.5と比較すると、様々な観点で精度が向上しており、たとえば日本語の精度においても、GPT-3.5においてはデータ量の関係で英語よりも日本語の精度が劣っておりましたが、GPT-3.5の英語よりもGPT-4の日本語のほうが精度が高い という結果がでております。


  • Transcope(トランスコープ)とは?

上記GPT-4をベースに開発された、SEOに強い文章をAIが自動作成するためのソフトウェアです。
業務で利用することを想定して開発されているのが特徴となっており、
以下の3点が他の類似サービスと比較したときの違いとなっております。


1.SEOに最適
ChatGPTなど他のツールと違い、競合サイトの分析をしながら、SEOに強い文章を生成できます。

2.AIの待ち時間ゼロ
予約機能を使えば、AIが文章を生成する時間を待つ必要はもうありません。

3.マルチモーダルな入力
テキストだけでなく、URLや画像ファイルなど、様々な入力形式に対応可能です。

他にもSEOに強い文章を生成するための以下の機能を有しております。

https://transcope.io/#features


無料プランもございますので、まずは無料プランからTranscope(トランスコープ)をお試しいただくことも可能です。


Transcope製品紹介ページ: https://transcope.io


  • シェアモル株式会社とは?

シェアモル株式会社は共同購入ECサイト「シェアモル」を運営している会社です。
シェアモルは、めざましテレビ、羽鳥慎一モーニングショーを始めとする民放キー局に数多く取り上げられました。
取材実績: https://shpn.me/company#media

シェアモルを運営している過程で、商品説明文をもっとカンタンに作成したいというニーズをお聞きし、Transcope(トランスコープ)を開発いたしました。今ではEC業界だけでなく、コンテンツマーケティングに力を入れていらっしゃる様々な業種のお客様にご利用いただいております。

会社名: シェアモル株式会社
設立: 2019年9月
代表者名: 齋藤康輔
所在地: 〒130-0025 東京都墨田区千歳3-3-16
事業内容: シェア買い(共同購入)、ソーシャルコマースサービス「シェアモル」の企画・運営
AIコピーライティングツール「Transcope(トランスコープ)」の企画・運営
ブロックチェーン上でNFTを自動生成できる「Coinfra(コインフラ)」の企画・運営

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シェアモル株式会社 >
  3. 【ChatGPT × AIライティング】他の上位表示サイトの文章を参照しながら、ライティング指示を見出し単位で行える機能をリリース