ラフール、『ウェルビーイング(well-being)カオスマップ 2021版』を公開!

「個人が変われば、 組織が変わる」組織改善サーベイ『ラフールサーベイ』を提供する株式会社ラフール(本社:東京都中央区、代表取締役社⻑:結木啓太、代表取締役副社長:小梨明人、以下「ラフール」)は、本日2021年7月7日(水)、HR系サービスを状態把握、人材配置、健康管理、コミュニケーション活性化を軸にまとめた『ウェルビーイング(well-being)カオスマップ 2021版』を公開したことをお知らせいたします。



■ ウェルビーイング(well-being)とは?
「ウェルビーイング(well-being)」とは、メンタル、フィジカル、ファイナンス、ソーシャルにおいて健全である状態を指します。従業員が健全な状態であることで幸福度の度合が高まり、生産性をより向上させることができると言われています。

働き方改革の取り組みが進む中、従業員の「健康」が生産性や企業価値に影響を与えるという認識が浸透しつつあり、近年「健康経営」という言葉とともに注目を集めている概念が「ウェルビーイング(well-being)」です。

また、そのような環境を提供している企業と従業員との関係は強まり、ポジティブな企業風土の醸成ができ、従業員のエンゲージメントやリテンションを高め、雇用者としてのブランド強化にもつながるので多くの企業が「ウェルビーイング(well-being)」に注目しています。

デロイトの調査*1 によると、「ウェルビーイング(well-being)」が浸透しつつある米国では、組織の66%がWell-beingプログラムが雇用ブランドと企業風土に影響を与えると回答し、米国労働人口の半数以上を占めるミレニアル世代は「ウェルビーイング(well-being)」を重視し、そのような環境を提供する企業を魅力的に感じるという報告がされています。

労働市場の流動性が高く、ソーシャルネットワークの発達によりトータルリワードに関する情報入手が容易である米国では、「ウェルビーイング(well-being)」を整えておかなければ人材獲得競争で優位な位置に立てなくなり、ビジネスに影響を及ぼすようになってしまいます。

その流れは日本も例外ではなく、メンタル、フィジカル、といった目に見えづらい心身の健康をはじめ、エンゲージメント、コミュニケーション、健康管理、適性など指標を測る方法として、現在は様々なHRサービスが台頭しています。

当社では、HR系サービスを状態把握、人材配置、健康管理、コミュニケーション活性化を軸にまとめた『ウェルビーイング(well-being)カオスマップ 2021版』カオスマップを作成しました。




■ 『ウェルビーイング(well-being)』を実現させるためには
昨年より続く、新型コロナウイルス感染症拡大に伴う外出自粛や休業要請の影響で、はたらく環境の変化からストレス過多となり、うつ症状など精神面での影響が大きく出ています。

全国でまだまだ収束の兆しが見えない状況にあり、働き方も大きく変化しています。テレワークが普及し、多方面での影響がある中、企業で働く従業員様の心身の不調度合いが高まっているのが現状です。

当社が運営・開発する『ラフールサーベイ』は、「個人が変われば、組織が変わる」組織改善サーベイとして注目をいただいております。昨今の状況下において企業の「健康経営」や働く従業員様の心身の健康状態を可視化し、より従業員・管理職・企業の三方向から「行動変容」を促し、組織の改善、業績向上、そして従業員の「ウェルビーイング(well-being)」実現に導くツールとして業種・規模感を問わず、多くの企業様に導入いただいております。

通常のストレスチェックだけでは見えづらい心身の健康状態が可視化されることで、社員が安心して働ける職場環境をつくり、人材の定着と組織改善に繋げることができます。そのために必要な組織エンゲージメント・ハラスメントリスク・離職リスクなども含めた包括的な診断が可能なサービスとなっております。

「健康経営」は労働生産性をはじめ、定着率、採用力の向上、企業ブランドの強化、メンタルヘルス対策、労務リスク対策などのメリットがあげられ、加えて「ウェルビーイング(well-being)」実現に取り組んでいることを従業員や地域社会など様々なステークホルダーにアピールすることで、企業としてのESGへの取り組み、貢献を示すことができ、適切な企業評価にも繋がります。

大きな外的要因により、働き方、組織のあり方が根本から見直される今、働く従業員様、企業を管理する立場の方々の不安を取り除くこと、そして変化ある環境下でも生産性高い組織づくりを行うということに、ご担当者様のご負担を少しでも軽くし、お力になれたらと考えております。

当社では、今後も引き続き、お客様のご意見、ご要望を参考に、更にご活用いただきやすいサービスにしていけるよう開発・運営を進め、『ラフールサーベイ』におけるサービス体験の向上に取り組むことで、組織の健康経営促進をサポートしてまいります。


・本カオスマップは当社独自に作成しており、サービスの網羅性や正確性を完全に担保するものではありません。
・商標およびロゴマークに関する権利は、個々の権利の所有者に帰属します。
・掲載に問題がある場合や、次回更新時に掲載を希望する場合は下記までご連絡ください。
・連絡先:inside@lafool.co.jp

    *1 デロイト トーマツ グループ「Women @ Work: A global outlook」日本版



■ ラフールについて

・社名:株式会社ラフール
・本社所在地:〒103-0025 東京都中央区⽇本橋茅場町2-9-5 ⽇進ビル7階
・設⽴:2011年11⽉30⽇
・代表者:代表取締役社⻑ 結木啓太
     代表取締役副社長 小梨明人
・事業内容:メンタルヘルステック事業(ラフールサーベイの開発・運営)、スリープテック事業、保育園事業
・URL:http://www.lafool.co.jp


■『ラフールサーベイ』について

企業の健康経営が注目されつつあり、企業で働く従業員様の心身の健康が重要視されています。『ラフールサーベイ』は、「個人が変われば、組織が変わる」組織診断ツールです。個人(働く従業員様)、管理職、組織、あらゆる角度の意識を変え、寄り添うことではじめて、組織の健全化、良くしていくことができると考えています。


また、通常のストレスチェックだけでは見えづらい心の状態が可視化されることで、社員が安心して働ける職場環境をつくり、人材の定着と組織改善に繋げられます。最大の特長は、約3,000社の従業員18万⼈以上のメンタルヘルスデータから、⼤学や臨床⼼理⼠の知⾒を取り⼊れた独⾃の調査項⽬を従来のストレスチェックに加えることにより、多⾓的な分析ができる点です。組織エンゲージメント・ハラスメントリスク・離職リスクなども含めた包括的な診断が可能です。

・URL:https://survey.lafool.jp/ 
・アプリ版対応端末:iPhone/Android
・対応言語:日本語
・サービス地域:日本
・サービス開始日:2019年2月(Web版)、2019年6月(アプリ版)
・価格:ダウンロード無料
・開発・運営:株式会社ラフール
・App Store:https://apps.apple.com/jp/app/lafool/id1342462230 
・Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.lafool.lafoolapp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ラフール >
  3. ラフール、『ウェルビーイング(well-being)カオスマップ 2021版』を公開!