20代30代男性会社員の約4割が仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ると回答【YouTubeの仕事利用に関するアンケート】

株式会社SheepDog(東京都品川区、代表取締役:蝦原裕介)が運営する、ITツール比較サイト・STRATE[ストラテ]は、2021年12月に『YouTubeの仕事利用に関するアンケート』を行いました。
本アンケートの詳細データはこちら:https://strate.biz/news/youtube_used-work/
[調査概要] 
対象者:全国の20歳〜49歳の男女・正社員
サンプル数:300人
居住地:宮城県,東京都,愛知県,大阪府,福岡県
調査方法:ネットリサーチ
アンケート実施日:2021年12月3日
調査メディア: STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/

【質問:仕事中、仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ますか?】
質問に対しての回答選択肢は以下

1.YouTubeの動画は仕事では見ない
2.仕事として、過去に何度か動画を見たことがある
3.仕事として、月に数回は動画を見る
4.仕事として、週に数回は動画を見る
 


20代〜40代の男女を対象とした「仕事中、仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ますか?」というアンケートで最も多かった回答は「YouTubeの動画は仕事では見ない」で71%でした。
次いで多かったのが「仕事として、過去に何度か動画を見たことがある」と回答した方の12.33%「仕事として、週に数回は動画を見る」という回答が10%「仕事として、月に数回は動画を見る」という回答が6.67%で、仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ると回答した方は全体の約30%に及びました。

【20代30代男性会社員の約4割が仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ると回答】


仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ると回答した割合を年代×男女別でみてみますと、最も多いのが20代30代男性で同率の38%、次いで40代女性の32%、30代女性は最も少なく18%という結果になりました。
20代30代男性の実に40%の方が、仕事に関する調べものの際にYouTubeの動画を見ることが分かりました。

【年収が高いほどYouTube仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ると回答した割合が多い】


仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ると回答した割合を年収別でみてみますと、年収1,000万以上が最も多く45.92%、次いで年収500万~1,000万未満の33.29%、年収500万円未満は最も少なく20.18%という結果になりました。
年収が高いほど、仕事に関する調べものの際にYouTubeの動画を見る方が多い傾向にあることが分かりました。

リリース転載ではなく、記事・グラフ・データの引用の際は、必ず右記のリンクを出典元としてご記載お願いします:https://strate.biz/news/youtube_used-work/
(nofollow属性不可)
ITツール・Webサービス比較サイト| STRATE[ストラテ]:https://strate.biz/
製品の資料掲載ご希望の方はこちら:https://strate.biz/lead/lp02/
株式会社SheepDog:https://sheepdog.co.jp/
その他運営サイト:https://symply.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社SheepDog >
  3. 20代30代男性会社員の約4割が仕事に関する調べ物をするときにYouTubeの動画を見ると回答【YouTubeの仕事利用に関するアンケート】