持ち歩きたくなる水「From AQUA」から、持ち歩かない水が “瓶” で新発売。使えば使うほど環境に優しいリターナブル瓶を展開

前年比257%!ホテルなど移動を伴わないシーンでの需要拡大に対応

■株式会社JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー(所在地:東京都品川区、カンパニー長:竹内 健治)は、エキナカを中心に展開しているacure<アキュア>のオリジナル飲料ブランド acure made <アキュアメイド> から、ミネラルウォーター「From AQUA」の業務用商品として「From AQUA リターナブル瓶」を 2021年4月20日(火)に発売します。
■サステナブルな社会を目指す中で、リターナブル瓶が複数回リユース可能で環境に優しい容器であることに着目。ホテルや飲食店など、瓶の回収スキームが整備しやすい卸先に向けて、「From AQUA」ブランドとして新たに発売します。
■今後もアキュアでは、環境を意識した取り組みを続けてまいります。

■商品概要
 ●商品名     From AQUA リターナブル瓶
 ●容量・容器   340ml リターナブル瓶
 ●発売開始    2021年4月20日(火)
 ※業務用商品のため、一般のお客さまへの直接販売は行っておりません。

■リターナブル瓶 新発売の背景
サステナブルな社会を目指す中で、環境問題に対する取り組みは当社においても最重要課題であると考えています。中長期的には、段階的なペットボトル商品におけるプラスチック使用量減少を目指していますが、あわせて環境にやさしい素材の積極採用にも取り組んでいます。
従来、リターナブル瓶を使用したミネラルウォーターを販売しており、ホテルやレストランを中心にご採用いただいておりますが、環境意識の高まりから、2020年度はお問い合わせの数・出荷量ともに増加傾向にあります。

一方で、「From AQUA」は、『持ち歩きたくなる水』をコンセプトにペットボトルの商品を展開しておりますが、その卸先の中には、お客さまの飲用シーンとして『持ち歩かない場面』があることに着目。ホテルや飲食店など瓶の回収スキームが整備しやすく、非常に高い回収率が見込める用途向けに、この度新たに「From AQUA」ブランドとして発売し、環境保全の取り組みを広げていきます。

 


■リターナブル瓶とは
使用後に、瓶を回収し中身をきれいに洗浄。再び中身を詰め替え商品化される、何度も繰り返し使用できるのが「リターナブル瓶」です。容器にプラスチックを使用せず、回収スキームが整った状況であれば瓶のままリユース(再利用)が可能です。そのため、新たに容器を製造する原料やエネルギーも抑えることができ、まさに環境に優しい容器と言えます。


■当社とリターナブル瓶のかかわり
リターナブル瓶を使用したミネラルウォーターは、「大清水」として1988年に発売。2008年には、「谷川連峰のうるおい天然水」を新たに発売し、今日まで販売を継続しています。そして、2021年4月、アキュアメイドの基幹商品「From AQUA」ブランドで新たにリターナブル瓶を発売します。



【開発担当者のコメント】
「落ちないキャップ」でおなじみの「From AQUA」ブランドからリターナブル瓶を発売。谷川連峰の天然水のおいしさはそのままに、環境にやさしい瓶でお届けします。デザインもこれまでの当社のリターナブル瓶製品のレトロなデザインから、谷川岳の一ノ倉沢をモチーフにしたシンプルでどんな空間にも似合うデザインになりました。
エキナカでもエキソトでも、多くのお客さまにおいしいミネラルウォーターをお届けするべく、「From AQUA」はこれからも進化を続けていきます。


<参 考>
●JR東日本のエキナカで最も支持されているミネラルウォーター(注)、「From AQUA」について
【商品概要】
商 品 名:   From AQUA<フロムアクア>~谷川連峰の天然水~
品 名 等:   ナチュラルミネラルウォーター、硬度約20度(軟水)
採 水 地:   谷川連峰(群馬県利根郡みなかみ町)
販売価格:   530mlPET(110円)/ 280mlPET(100円)
                  ※記載価格は自販機での販売価格です。
                  ※店舗により販売価格が異なる場合もございます。
販売箇所:   JR東日本を中心に展開するアキュアの飲料自販機
           「アキュア公式オンラインストア」他、当社ECサイト
            NEWDAYS、KIOSK、JR東日本のエキナカ店舗など ※一部販売していない店舗もございます。 
商品特徴:   群馬県谷川岳直下の大清水(だいしみず)トンネル内で取水した天然水を商品化したミネラルウォーターで、1984年発売の「大清水(おおしみず)」を2007年にブランドリニューアルして誕生。2012年には、エキナカを移動中のお客さまのニーズを追求し「持ち歩きたくなる水」をコンセプトに、移動中の飲用に便利な「落ちないキャップ」を採用しました。

(注)JR 東日本管内のアキュアの自販機、NewDays、NewDaysKIOSK、KIOSK で 2020年4月~2021年3月の期間、一番多く売れたミネラルウォーターです。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社JR東日本クロスステーション ウォータービジネスカンパニー >
  3. 持ち歩きたくなる水「From AQUA」から、持ち歩かない水が “瓶” で新発売。使えば使うほど環境に優しいリターナブル瓶を展開