<2020卒 就活生アンケート>面接官の向き合いで、就活生の入社志望度が変わる!?面接官の神対応1位は『目線を合わせること』

年間1,000回以上の就職イベントを行う株式会社DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区、代表取締役社長:水谷佑毅)は、東京都内で開催した就活生と企業のマッチングイベント『Meets Company(ミーツカンパニー)』(URL:https://www.meetscompany.jp/)に参加した2020年卒の就職活動中の男女学生に「就職活動に関する調査」を実施し、2019年4月18日(木)~6月12日(水)の間に得た672名の有効回答を集計しました。その結果、面接官の向き合い方で、学生の入社志望度が大きく変動していることが分かりました。
■面接官が目を見て話すことで、学生の入社志望が大きく向上
本調査は、経団連が昨年10月に発表した、いわゆる“就活ルール廃止”適用前の最後の就活生となる2020年3月卒業予定の、現在就職活動中である大学生・大学院生を対象に実施しました。

その中で、好印象を持った面接官の対応を調査したところ、「目を見て話してくれた」が圧倒的な1位回答となりました。また、「目を見て話してくれた」を選択した学生に、その企業への入社志望度の変化を調査したところ、約9割が「志望度が上がった」と答えました。

逆に、悪印象の面接官の対応1位は「目を合わせてくれなかった」となりました。「目を合わせてくれなかった」を選択した学生に、その企業への入社志望度の変化を調査したところ、約7割が「志望度が下がった」と答えました。

これらの結果から、面接官が目を合わせて、学生に真剣に向き合うかどうかが新卒採用の大きなポイントとなっていることが分かります。採用難が続く近年、企業の新卒採用や内定辞退防止を成功させるか否かは、面接官の向き合い方にかかっているとも言えます。

■今の学生が求めているのは、「個」を見てくれる面接

就活生は、面接を通して初めて企業の雰囲気に触れ、面接官の印象で企業イメージを見極めます。面接官は企業イメージを左右する、会社の重要な役割を担っています。年間延べ4,000人以上の学生の就職をサポートしている当社人材事業部の沖之城は、以下のように分析します。

「情報収集のチャンネルが多様化したことで、企業も学生もよりマッチングした採用や就職を重視するようになりました。特に学生は『こんな業務ができる企業が良い』『こんな働き方がしたい』など、企業に対して求めるものが明確になってきています。企業と学生がより良いコミュニケーションを実現するためにも、双方の理解が深まるような面接を行うことが望ましいと思われます。」

■調査概要
調査タイトル   :就職活動アンケート
調査対象     :株式会社DYM主催の新卒紹介イベント『Meets Company』に参加した就職活動中の現役学生男女
調査期間     :2019年4月18日~2019年6月12日
調査方法     :アンケート用紙による調査
調査地域     :東京
提出数      :672サンプル
実施機関     :株式会社DYM

本プレスリリース内容の転載にあたりましては、「新卒紹介事業を行うDYM調べ」もしくは 「DYM調べ」とご記載くださいますよう、お願い申し上げます。

■株式会社 DYM 会社概要
(1)商号      :株式会社 DYM
(2)代表取締役社長 :水谷 佑毅
(3)設立年月日   :2003 年 8 月
(4)資本金     :5000 万円
(5)売上高     :112.8 億円 暫定(16 期)、160.3 億円 見込(17期)
(6)本店所在地   :〒141-0031東京都品川区西五反田2-28-5 第2オークラビル3階(受付)・4階・5階
(7)従業員数    :連結 555 名( 2019 年 4 月 1 日 現在 )
(8)事業内容    :WEB事業、人材事業、研修事業、エグゼパート事業、海外医療事業、ウェルフェアステーション事業 等
(9)URL        :https://dym.asia/

■関連PR
・<2020卒 就活生アンケート>一番の悩みは「自分に適する企業がわからないこと」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000094.000027235.html

・約5割の学生が“就活ルール”廃止に賛成、反対は3割以下に!新卒採用担当者の顧客満足度1位のDYMが調査
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000073.000027235.html

・都内就活生へアンケートを実施!高収入には無関心?!「会社選びに給与を重視する」1割未満、上司にしたい著名人は天海祐希さんが断トツトップ!DYM
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000072.000027235.html

・“ミスマッチ”回避を重視 先行き不安で慎重傾向、就活生対象「インターンシップに関するアンケート」を実施!株式会社DYM
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000062.000027235.html

■参考資料
◆業界唯一、年間を通して就活できる『Meets Company』
当社は就活生と企業をマッチングさせる座談会形式の合同説明会『Meets Company』を、2011 年より開催しています。年間を通して開催している業界唯一の就活イベントで、開催数は国内トップクラスの年間 1,000 回以上、全国 30カ所(札幌、秋田、仙台、福島、新潟、金沢、岐阜、長野、東京、茨城、千葉、横浜、平塚、大宮、宇都宮、高崎、静岡、名古屋、三重、和歌山、京都、大阪、神戸、広島、高松、岡山、松山、高知、福岡、沖縄)での開催と地方開催も多いことが特長で、新卒紹介に特化した事業会社の中では業界トップクラスの実績を誇っています。


◆珍しい座談会形式だから話しやすい、就活支援イベント
『Meets Company』は、1回あたり最大8社の企業・約30名の学生による少人数制の座談会形式で、企業の代表や人事責任者の方と直接話をすることができる珍しい就活支援イベントです。学生からは「大型説明会とは異なり、リラックスした雰囲気の中で社長に直接自分をアピールすることができた」という感想が多く、企業からも「顔を合わせると書類上だけでは伝わらない相性もわかるため評価しやすい」と好評です。

◆時期を問わないから、納得いくまで活動できる
学生は、6~7月には内々定・内定を獲得して就職活動を終了するのが一般的なスケジュールなため、夏を過ぎると、就活のためのイベントは開催されなくなります。しかし当社は、長年の経験から、夏以降に「内定は獲得しているがもっと違う業界を見たい」「より自分に合う企業と出会いたい」という好奇心旺盛な学生が増えることや、それまで就活をしていなかった「大学院進学や海外留学する予定だった」「研究や部活動に熱中しすぎた」という一般的なスケジュールで就活できなかった学生が活動を始めることに着目し、秋以降も3月まで『Meets Company』を開催しています。

◆『Meets Company』これまでの実績
・紹介企業実績    2,500社以上
大手ナビ媒体に載っていない非公開求人も多数
・参加者就職率    96%以上
適正にマッチした企業を紹介、内定獲得までサポート

株式会社DYMは、30年、50年先を見据えた就活イベント『Meets Company』の開催を通じ、企業と学生の明るい未来づくりに貢献してまいります。

※※参加企業、学生ともに、取材ご協力可能です。事前に広報へお問い合わせください※※
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社DYM >
  3. <2020卒 就活生アンケート>面接官の向き合いで、就活生の入社志望度が変わる!?面接官の神対応1位は『目線を合わせること』