アドテック東京が、世界のマーケティングをリードする「全米広告主協会(ANA = Association of National Advertisers)」のレポートを定期的に発信

P&G、ユニリーバ、コカ・コーラなど、米国を代表する企業のCMOや著名マーケターの発言、協会が発行するレポートなどを公認で発信。6月末までANA CEO ボブ・リオディス氏の講演動画を公開。

「ad:tech tokyo(以後 アドテック東京)」をはじめとしたマーケティングの国際カンファレンスを多数企画・実施しているComexposium Japan(コムエクスポジアム・ジャパン)株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:古市優子)は、米国の大手広告主や主要マーケティング企業が多数所属し、世界のマーケティングをリードする全米広告主協会(ANA = Association of National Advertisers)と連携。同協会が発信する各種レポートやイベント情報を日本で発信していくことを発表します。

全米広告主協会は、広告業界、メーカーとディーラー、広告主と代理店の協力関係を促進するために1910年に設立された、米国の広告業界最大の業界団体です。ANAには20,000以上の影響力のあるブランドが加盟しており、メンバーがより効果的なマーケターになり、より強いブランドを構築し、業界や社会に変革をもたらすことを支援しする様々なプログラムを提供し、イベントを実施しています。
アドテック東京との関係は、2019年に協会が行う最も大きなイベント「Master of Marketing」に日本から初めて参加したことがきっかけ。翌2020年には、アドテック東京の基調講演に協会のCEO、ボブ・リオディス(Bob Liodice)氏が登壇し、参加者から大きな反響がありました。

それを受けて、この度アドテック東京事務局では、ANAが発信する各種レポートやイベント情報について協会公認で定期的に情報発信していきます。ビジネスやブランドの成長に役立ち、マーケターとしてキャリアアップしていくことに役立つ世界最先端の情報を、日本の広告主ニーズも鑑みながらピックアップ、アドテック東京のウェブサイトで発信していきます。さらに、アドテック東京をはじめとしたイベント・カンファレンスにおいても、今後連携したコンテンツを企画していきます。

P&G、ユニリーバ、コカ・コーラ、AT&T、ディズニーなど米国を代表するグローバル企業のトップマーケターはいまどのようなテーマに注目し、行動しているのか? 企業の成長・自らのスキルアップに役立つ最新情報をお届けしていきます。

まず、昨年のアドテック東京の基調講演(Keynote)の動画を期間限定(6月2日~6月30日)で公開します。
視聴にはアンケート回答が必要となります。登録者には、今後ANAに関する更新情報をメールマガジンを通じてお伝えしていきます。

  • 公開動画(2021年6月30日まで)

【ad:tech tokyo 2020 Keynote】

Force for Good and a Force for Growth ~いま、米国主要企業のCMOが見ている景色
<サマリー>
いま、マーケティング・広告業界は、Creative ThinkingとCollective Action が必要となる複雑な課題に直面しています。2020年のANA Masters of Marketing では、大手ブランドのCMOたちが、このような困難な時代をどう乗り切り、持続的な成功につ投げようとしているのか? 最新の動向について語ります。
 

ボブ・リオディス

ANA (Association of National Advertisers=全米広告主協会) CEO
動画視聴希望は下記にアクセス
https://comexposium.wufoo.com/forms/pfdsmjj1nkxy78/

  • ANA (Association of National Advertisers)について


ANA (Association of National Advertisers)は、米国の広告業界の団体として古い歴史を持ち、世界で最も影響力のある企業を代表するマーケター達が協会メンバーとして参加している。業界発展のため、課題の提示、解決のための活動や、マーケターのキャリア開発などにも努める。 主催するイベントを中で最大規模となるのが、「Master of Marketing」。全米有力企業のCMOが数多く集まるイベントで、参加人数は3,000人超。このイベントで掲げられるテーマやCMOによるプレゼンテーションの内容は、日本のマーケティング業界でも注目され、ニュースとして取り上げられるほど。
公式サイト、ANA加入についてはこちらから(日本企業も加入できます)。:https://www.ana.net/

  • ad:tech tokyo について

ad:techは世界の主要都市で開催される国際マーケティングカンファレンス。広告主、エージェンシー、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まる。日本では2009年に初開催し、2021年で13回目を迎える。アドテクノロジーにとどまらず、あらゆるテクノロジーが企業のマーケティングマネジメントにかかわるようになる中で、常に最先端の情報を届けている。
2021年は11月1日~2日、東京国際フォーラムでオンラインとオフラインのハイブリッドで行われる。
公式サイト:http://adtech-tokyo.com/ja/

  • Comexposiumについて

Comexposiumは、世界で170を超えるB2C/B2Bイベントをプロデュースしています。食品、農業、ファッション、建設、ハイテクなど様々な分野をカバーしており、世界30か国で300万人以上の来場者を記録しています。Comexposium Japanは、2009年に「ad:tech」を日本初上陸させ、「アドテック東京」として11年の実績。そのほか、日本における宿泊型マーケティングカンファレンスの草分けである「Brand Summit」も実施。日本のマーケターが世界で戦ううえで必要となる知識・情報・ネットワークが得られる場を設けています。
ウェブサイト:https://www.comexposium.com/
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. コムエクスポジアム・ジャパン株式会社 >
  3. アドテック東京が、世界のマーケティングをリードする「全米広告主協会(ANA = Association of National Advertisers)」のレポートを定期的に発信