【おかえりヒマワリちゃん】令和2年(2020)3月25日(水)伊勢シーパラダイスの人気者セイウチのヒマワリちゃんが伊勢シーパラダイスへ帰って来ます!

三重県伊勢市の「伊勢夫婦岩ふれあい水族館」通称、伊勢シーパラダイスは、繁殖を目的として所有権を残したまま動物の貸し借りを行う「ブリーディングローン」制度を活用し、メスのセイウチ「ヒマワリ」と、南知多ビーチランド(愛知県美浜町)所有のオスのセイウチ「キック」との間で繁殖計画を実施していましたが、短期間のお嫁入を終え、3月25日(水)に伊勢シーパラダイスに帰ってくることが決まりました。


【繁殖活動の状況】
3月23日(月)現在まで、しっかりとした交尾は確認できておりませんが、3月16日(月)の午前1:15から約30分の間、キックがヒマワリを抱きかかえる様子を監視カメラで複数回確認ができました。
妊娠の有無については秋頃に判断出来ると思います。
なお、妊娠を確認し問題なく経過すれば2021年夏ごろの出産となります。

【おかえりヒマワリちゃん輸送日程】
令和2年(2020)3月25日(水)セイウチのヒマワリが南知多ビーチランドから伊勢シーパラダイスへ帰ります。

ヒマワリ輸送スケジュール
8:30 南知多ビーチランドにトラック到着
9:30 搬出作業開始(ヒマワリを輸送ケージへ入れます)
10:30 出発準備が整い次第、南知多ビーチランドを出発
(輸送中はどこにも止まりません)
13:00 伊勢シーパラダイス到着
到着と同時にフォークリフトでケージごとトラックから降ろす
13:30 伊勢シーパラダイスのセイウチ飼育舎へ収容

南知多ビーチランド南知多ビーチランド

伊勢シーパラダイス伊勢シーパラダイス

【プロフィール】
ヒマワリ
推定19歳・雌・体重約680kg
2002年 伊勢シーパラダイスへ来館
2018年 第1回ヒレアシ甲子園(全国のヒレ足動物人気者選挙)優勝
立派な牙が特徴的ですが、見かけによらず少し気が小さい

ヒマワリヒマワリ


キック
22歳・雄・体重約1000kg
1997年鴨川シーワールド生まれ
2003年南知多ビーチランドへ来園
国内繁殖個体での飼育最長記録更新中

キックキック

【セイウチ】
生息地 北極圏の沿岸地帯、及び氷縁部に生息する。
特徴  口の周りにたくさんのヒゲ(感覚器)がある。雌雄共に長い牙を持ち、外敵から身を守る際や個体同士の闘争時に使用する。雄の方が体が大きく成長すると1mほどの牙を持つ。
体長3メートル以上、体重1トン以上になる大型の海生哺乳類。
妊娠期間は約15カ月。生後2年間は母親が子供と共に生活する。
日本では現在9館の水族館で合計26頭(雄6頭・雌20頭)のセイウチを飼育しており、そのうち日本で繁殖に成功している園館は小樽水族館と鴨川シーワールドの2館のみです。
現在セイウチの輸入は大変難しく、国内のセイウチ飼育館で協力して繁殖に取り込んでいます

<本件に関するお問い合わせ>

 

伊勢シーパラダイス
担当者名 営業部 広報担当 岩山慎
TEL:0596-42-1760
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社伊勢夫婦岩パラダイス >
  3. 【おかえりヒマワリちゃん】令和2年(2020)3月25日(水)伊勢シーパラダイスの人気者セイウチのヒマワリちゃんが伊勢シーパラダイスへ帰って来ます!