廃棄食材が羊の餌に!食品ロス削減でサステナビリティに貢献する、豪発ブランド羊「モッタイナイラム」を日本初導入

まるで和牛のようなサシ、とろける食感、旨味と味わいを堪能~ グランド ハイアット 東京 ~

都会の喧騒にそびえ立つダイナミックなラグジュアリーホテル、グランド ハイアット 東京(東京都港区、総支配人:スティーブ ディワイヤ)では、まるで和牛のように口の中でとろけるような食感が特徴のプレミアムラム肉「モッタイナイラム」を日本で初めて導入いたします。オーストラリア発の同ラム肉は、その味わいだけでなく、食品ロスやサステナビリティにも貢献する、これからの時代を担う逸品とも言えます。2月中旬より各レストランで様々な部位をつかい、それぞれの手法で調理しご提供いたしますので、ぜひ日本初の「モッタイナイラム」をご堪能ください。

食べられずに廃棄される食品ロスを削減したい!日本語の「もったいない」が由来となった「モッタイナイラム」
全てのものを大切にし、無駄を出さないという日本人の地球資源に対する尊敬の念が込められた「もったいない」という日本語をそのまま名に冠した同ラム肉。世界初のプレミアムブランドラム肉として昇華されるきっかけとなったのは、食品ロスです。現在、世界中で生産された食料のうち、1/3近くは廃棄されていると言われており、オーストラリアでは、年間で生産される20%~40%の果実や野菜が基準に満たないことから出荷されず、埋め立てられているのが現状だそうです。同ラム肉の生産者の一人、スザンナ モス ライト氏は見た目の悪さなどから廃棄される食材を加工して飼料にし、少しでも食品ロスを減らしたいという思いから、羊の飼料にすることを発案、開発が始まりました。

廃棄食材から飼料への開発に3年
まるで和牛のようなサシと肉質、そしてオレイン酸やオメガ3脂肪酸の含有量も多い安心のラム肉

3年の年月を経て完成した飼料を与えたラム肉は、まるで和牛のようなサシの割合(約35%)そして、とろけるような肉質。さらにラム肉特有のクセもなく、これまでの概念を覆すようなラム肉を生み出すことに成功しました。一般的なラム肉の飼料が牧草や干し草、穀物なのに対し、人参やオリーブオイル、オリーブの搾りかすなどが飼料の約80%を占めており、牧草や穀物をバランスよく配合しています。これらの素材により、良質な肉が出来るだけではなく、オレイン酸やオメガ3脂肪酸の含有量も高くなります。さらにホルモン剤や抗生物質などの使用もなく飼育されているので、消費者にとっても安心安全な食肉です。精肉は加工から7日以内に冷凍ではなくチルドで発送されるので、いつでも良質な状態でお楽しみいただけます。

日本初の提携となったグランド ハイアット 東京の総料理長とモス ライト氏のコメント

モッタイナイラムの導入について、総料理長のアンドレアス フックスは以下のように述べております。「料理人人生の中でこのような新しい時代を切り開いてくれるような前例のない食材に出合える機会は多くはないので大変光栄です。モッタイナイラムの誕生秘話、存在価値、そして、その類稀な品質・味わいはこれからの時代の食材に求められることを全て満たしているといっても過言ではないと考えます。グランド ハイアット 東京がこのように素晴らしい食材を取り扱うことができる日本初のホテル/レストランとなれたことを、大変誇りに思います。お客様には、ぜひこの唯一無二の食感や味わいをお楽しみいただきたいです。」
 

また、モス ライト氏は以下のようにコメントしています。「ハイアット ホテルズは、思いやりあふれる生産者が育てた食材を大切にお客様にお届けする、というモットーを世界中のパートナーとともに実践してくれています。これはモッタイナイラムのコンセプトにも合致することから、グランド ハイアット 東京での提供を決めました。モッタイナイラムはまさに新しい、そして、ラム肉の概念を覆すような大変ユニークなラム肉です。この価値を理解してくださり、日本の方々にお披露目する機会を与えてくれたグランド ハイアット 東京とパートナーシップを組めることを大変嬉しく思います。皆さまから感想を伺えることを楽しみにしております。」

食のグローバル化やサステナビリティへの関心が高まる昨今、今後さらに消費者の食や健康への意識が高くなり、ホテルをはじめとする外食に求められる内容もより高度なものとなってくることと私たちは考えます。世界的スポーツの祭典などを控える2020年を迎え、食品安全に対するより高い意識を持ち、国内外のお客様へおもてなしができるホテルとして、スタッフ一同邁進してまいります。なお、モッタイナイラムをつかったメニューは現在オーク ドアでのディナーならびにフレンチ キッチンでのランチ・ディナーにてご提供をしております。なお近日中に、チャイナルーム、旬房、けやき坂でも取り扱いを開始する予定です。

 

  • ハイアット ホテルズとサステナビリティ・・・
ハイアット ホテルズは持続可能な開発目標(SDGs)にも取り組み、皆さまをお迎えしております。中でも、「海の豊かさを守ろう」に重きをおき、2014年にはグループホテルそれぞれにおいて、取り扱う魚介類は責任ある供給源からの調達、さらに可能な限り海洋管理協議会(MSC)と水産養殖管理協議会(ASC)より認定されている魚介類をつかうことを目標としています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グランド ハイアット 東京 >
  3. 廃棄食材が羊の餌に!食品ロス削減でサステナビリティに貢献する、豪発ブランド羊「モッタイナイラム」を日本初導入