職場におけるLGBTQへの取組み評価「PRIDE指標2020」でゴールドを受賞、同性パートナーの子を社内制度上の"家族"として扱う「ファミリーシップ制度」を導入

株式会社KDDIエボルバ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:若槻肇、以下KDDIエボルバ)は、任意団体work with Prideが策定した職場でのLGBTQなどの性的マイノリティ(以下、LGBTQ)に関する取組みの評価指標「PRIDE指標2020」※1において、2020年11月11日、最高位の「ゴールド」を受賞しました。

 

KDDIエボルバでは、同性パートナーを「配偶者」として扱い、各種手当や休暇制度などを等しく適用するパートナーシップ制度の導入など、LGBTQに配慮したセクシャル・マイノリティに関する職場づくりを実践していることにより、高い評価を受けました。

性別、年齢、国籍、障害の有無などと併せて性的指向による理由で不当な差別や個人の尊厳を傷つけない旨を「KDDIエボルバ行動指針」として企業ホームページに掲載し、社内外に広く周知しているほか、性別や性的志向、性自認を理由に差別を行わないこと、性差によるセクハラ・パワハラの未然防止について研修などを通じた意識啓発や、LGBTQ学生向けの就職説明会「ジョブレインボーLGBT仕事博2020」への参加などに取組んでいます。

■同性パートナーの子を社内制度上の"家族"として扱う「ファミリーシップ制度」
日本では同性パートナーの法的な婚姻が認められていないため、同性パートナーの1人が子どもの親権を持てないという課題があります。KDDIエボルバでは、法律上親権を持てない同性パートナーの「子」を「家族」として扱い、育児休業や子の看護休暇、各種手当などの社内制度の適用対象とする「ファミリーシップ制度」※2を導入しました。

KDDIエボルバは、多種多様な個性や価値観をもつ全ての社員が、働く意欲を感じながら、イキイキと働ける環境の整備に取組んでいます。これからも、「多様な人財 × 多様な働き方」の具現化を一層推進し、事業の拡大、持続的成長を目指します。


■KDDIエボルバのダイバーシティ・働き方改革に関する主な取組み
ダイバーシティ:https://www.k-evolva.com/corporate/diversity/
働き方改革:https://www.k-evolva.com/recruit/workstyle/

◎注釈
  • ※1. 「PRIDE指標」とは、本指標を社内施策推進のためのガイドラインとして各企業内で活用されることや、「LGBTQ」に関する取組みについて優れている企業を表彰し、良い取組みを可能な範囲で公開することで「LGBTQ」の方々が働きやすい職場づくりの具体的な方法を広く社会に認識されることを目的として2016年6月に任意団体「work with Pride」が策定した指標で、本年第5回目を迎えました。
  • ※2.「ファミリーシップ制度」は、KDDI株式会社が2020年6月に開始した同性パートナーを持つ従業員を対象にした新制度です。法律上は子ではないものの、社内では家族同様に扱うとの思いを込め、名称を「ファミリーシップ」と名づけられました。KDDIエボルバは、2020年8月より同制度を導入いたしました。
本リリース本文中の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

◎お問合せ先
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KDDIエボルバ >
  3. 職場におけるLGBTQへの取組み評価「PRIDE指標2020」でゴールドを受賞、同性パートナーの子を社内制度上の"家族"として扱う「ファミリーシップ制度」を導入