実はミントチョコが苦手!?だった担当者が開発した自信作。「キットカット オトナの甘さ プレミアム ミント」「同 ピーチミント」2種 5月13日(月)発売

チョコミン党・非チョコミン党、どちらも楽しめる新提案

ネスレ日本株式会社(本社:兵庫県神戸市、代表取締役 社長 兼CEO 高岡 浩三)は、“チョコミン党”だけでなく、ミントチョコが苦手な方にもミントチョコの魅力を知ってもらいたいとの想いから開発した新商品「キットカット オトナの甘さ プレミアム ミント」と「同 ピーチミント」の2種を、5月13日(月)に発売します。

ミントチョコは、2,3年前より、コンビニやスーパー、専門店などで販売されるチョコレートやアイスクリームといったスイーツが急増し、その市場が2倍以上拡大*するとともに、熱狂的なミントチョコファンを指す“チョコミン党”という言葉が広まる等、空前のブームを迎えています。一方で、”歯磨き粉のような”味わいが苦手と感じる非”チョコミン党”も一定数存在する特色ある菓子フレーバーです。

この度、気温の上昇とともに、爽やかな食感や味わいに対するニーズが高まるタイミングで、「キットカット オトナの甘さ プレミアム ミント」と「同 ピーチミント」2種類の新商品を5月13日(月)に発売します。

本商品は、実はミントチョコが苦手だった開発担当の川口が、「“チョコミン党”の皆様を熱狂させたい」と同時に「自分のようなミントチョコが苦手なお客様にも美味しく楽しんでもらいたい」という相反すると思われる想いを実現するために合計20回以上にも及ぶ試作の繰り返しの末に完成させた新味です。

ミントチョコが苦手な方にも興味をもってもらうために、ピーチミント味を開発。非“チョコミン党”の方でも美味しくお召し上がりいただけるように、ホワイトチョコレートをベースにピーチフレーバーを絶妙なバランスで配合することで、優しい甘さと果実風味の中で、心地の良いミントを感じる味わいに仕上げています。一方、“チョコミン党”の方に十分満足していただけるよう、ペパーミント風味を「キットカット オトナの甘さ プレミアム ミント」比2倍量配合し、ミントの爽快感を強化しています。

2品共通の特徴として、ウエハース間のサンドクリームに、隠し味としてラム酒パウダーを配合することで、噛んだ時に、ミントの爽やかさだけでなく、華やかで芳醇な香りと深みのある”オトナ”の味わいが口いっぱいに広がるように設計しています。また、クレープ風焼き菓子・フィアンティーヌをミント風味のチョコレートに練り込むことで、サクサク感が特徴の「キットカット」に、新たな楽しい食感を加える工夫を施しています。

■開発担当・川口コメント
過去累計350種類以上のフレーバーを開発してきた日本の「キットカット」(“メイドインジャパン キットカット”)は、わさび味や日本酒味など、様々な素材とチョコレートの組み合わせに挑戦してきました。今回、”チョコミン党”・非”チョコミン党”の皆様の嗜好を徹底解析し、ご満足いただける味を試行錯誤する中で、チョコミントが持つ奥深さ、一言では言い表せないその魅力に心酔していき、いつの間にか私もミントチョコ好きになっていました。この自信作を是非一度お試しください。

■商品概要

※プレミアム ミント:ペパーミント香料使用、フィアンティーヌ2.0%使用、粉末酒0.36%使用 アルコール使用量0.2% お子様やお酒の弱い方はご遠慮ください。
※プレミアム ピーチミント: ピーチ香料使用、ペパーミント香料使用、フィアンティーヌ2.0%使用、粉末酒0.36%使用 アルコール使用量0.2% お子様やお酒の弱い方はご遠慮ください。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ネスレ日本株式会社 >
  3. 実はミントチョコが苦手!?だった担当者が開発した自信作。「キットカット オトナの甘さ プレミアム ミント」「同 ピーチミント」2種 5月13日(月)発売