ジャパンハートを通じて医療従事者を支援。株式会社ファーストリテイリング寄贈のアイソレーションガウンとエアリズム計2万着を、国内の医療機関へ無償提供

特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区、理事長 吉岡春菜。以下、ジャパンハート)が実施する「日本の医療崩壊を防ぐ」プロジェクトに於いて、新型コロナウイルス感染症患者の受け入れを行っている医療機関に対し、株式会社ファーストリテイリングから寄贈を受けたアイソレーションガウン1万着と、同社が展開するユニクロの機能性肌着「エアリズム」1万点を提供したことをお知らせします。

株式会社ファーストリテイリングから提供を受けたエアリズムを手にする北海道の病院関係者株式会社ファーストリテイリングから提供を受けたエアリズムを手にする北海道の病院関係者

ジャパンハートは、新型コロナウイルス感染症拡大により迫り来る医療崩壊を防ぐため、「#マスクを医療従事者に」プロジェクトを開始し、クラウドファンディングやチャリティオークションを通して約1万5千人の方から約1億5千万円の資金を調達しました。その資金で200万枚の医療用マスクを調達し、第一種指定感染症医療機関、三次救急医療機関、特定機能病院を中心に700以上の医療機関や介護福祉施設にマスクの配布をいたしました。
https://www.japanheart.org/topics/press-release/200428.html

しかし医療機関では医療用ガウン等の供給も足りず、現場の医療者からのニーズが大きいことを受け、このたびファーストリテイリングより医療現場で使用する防護具の一種であるアイソレーションガウン1万着の寄贈を頂き、必要とされる医療機関に提供いたしました。

さらにファーストリテイリングからは、医療従事者が日々機能的で衛生的な下着を身に着けることで少しでも快適に医療活動を行っていただきたいという思いから、ユニクロの機能性肌着「エアリズム」も無償提供いただき、アイソレーションガウンと合わせて医療機関に提供いたしました。

提供を受けた2ヶ所の医療機関のうち北海道札幌市の総合病院関係者からは、「現場職員も皆様のご支援に勇気づけられるとともに、当院がこの地で担うべき救命救急医療と高度急性期医療体制を守り抜くという使命の重さを実感し、地域から支えられているという思いを強く抱くことできた」と感謝の言葉が届いています。

ジャパンハートでは、今後も新型コロナウイルスに対し、医療機関と企業をつなぎ適切に物資の配布を行うほか、医療機関への医療者派遣、介護福祉施設での感染拡大防止のためのレクチャー実施等、日本の医療崩壊を防ぐための活動を継続して参ります。

【(認定)特定非営利活動法人ジャパンハート】https://www.japanheart.org/

ジャパンハートは2004年国際医療ボランティア団体として設立 された、日本発祥の国際医療NGOです。
「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に活動しており、日本およびミャンマー・カンボジア・ラオスなどアジア諸国において無償で子どもの診療・手術を実施しその数は年間3万件を超えています。
日本国内の小児がんの子どもとご家族の外出に医療者が付き添うSmileSmilePROJECTや、離島僻地へ医療者を派遣するRIKAjob、さらに有事の際には医療チームを派遣する国際緊急救援事業など、国内外で幅広い活動を行っています。

■寄付金の控除について
認定NPO法人であるジャパンハートへのご寄付は、寄付金控除などの税制優遇の対象と なり、 確定申告を行うことで税金が還付されます。詳細は、下記URLをご確認ください。
https://www.japanheart.org/donate/receipt/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 認定NPO法人ジャパンハート >
  3. ジャパンハートを通じて医療従事者を支援。株式会社ファーストリテイリング寄贈のアイソレーションガウンとエアリズム計2万着を、国内の医療機関へ無償提供