佐渡汽船発のローカルメディア「さどトリコ」をリリース

〜佐渡の魅力を地元視点で発信、フラーが共創で支援〜 

佐渡汽船株式会社(本社:新潟県佐渡市、代表取締役社長:小川 健、以下「佐渡汽船」)は、佐渡の魅力を地元の視点から発信するローカルメディア「さどトリコ」をリリースいたしました。

地方の海運会社が運営するメディアとして、企画からメディア運営まで佐渡汽船の社員が担当。地域に根ざす海運会社の視点から、佐渡の魅力を発信いたします。フラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太、櫻井 裕基、以下「フラー」)は、共同企画・開発を支援させていただきました。 

「さどトリコ」URL: 
https://www.sadotrico.jp


佐渡を知り尽くした、佐渡汽船社員が佐渡の魅力を発信

佐渡汽船は大正2年(1913年)に設立され、平成25年(2013年)に創立100周年を迎えた新潟を代表する海運会社です。年間約60万人の観光客の交通手段として、本州と佐渡島を結ぶ、公共性の高い海上運送機関を運航する役割を担っています。

 インターネットを活用した企業や団体による特色ある情報発信に注目が集まる中、佐渡島が持つたくさんの魅力や新たな発見と、佐渡に関心を持つ人々とをつなぐことで、地元に根ざす海運会社として地域に貢献しようとローカルメディア「さどトリコ」をフラーと共同開発いたしました。

カテゴリー別コンテンツで佐渡の魅力を余すことなく紹介 

 さどトリコは「佐渡x虜xトリコロールカラー」をかけあわせた造語です。佐渡に関心がある読者に価値ある情報を届けることで、メデイアを通じて佐渡の虜(とりこ)になっていただければとの思いを込めました。「あなたと佐渡をつなぐ。佐渡汽船初のローカルメディア」をコンセプトに、佐渡汽船社員が知るニッチな佐渡と佐渡汽船の魅力を以下のコンテンツを軸に発信します。

地方の海運会社が運営するメディアとして、企画からメディア運営まで佐渡汽船の社員が担当。地域に根ざす海運会社の視点から、佐渡の魅力を発信いたします。フラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太、櫻井 裕基、以下「フラー」)は、共同企画・開発を支援させていただきました。


・カテゴリー別コンテンツで佐渡の魅力を余すことなく紹介 


 「あそぶ」「とまる」「たべる」「ふね」の4つのキーワードをカテゴリーとして、佐渡旅行の計画からすぐに役に立つホテルやグルメ情報、マニアックな船に関する情報などを紹介。記事は企画から執筆まで佐渡汽船の社員が「編集部員」として手がけます。
 佐渡汽船で働く「さどトリコ」の編集部員が独自の視点から情報を発信することで、一般的な旅行ガイドとは一線を画したコンテンツを提供します。カテゴリやキーワードで記事検索も可能です。記事で紹介する施設やイベントの基本情報も充実させることで、佐渡に関する情報源としての価値も提供いたします。

・「よりも新聞」で佐渡の魅力を手書きで表現


 「さどトリコ」の編集部員が実際に体験した、読者におすすめしたいお店や場所を厳選して佐渡の魅力を1枚にまとめた「佐渡は東京23区よりも広いよ新聞(よりも新聞)」を配信。ネットの情報だけでは見えない佐渡の魅力を手書きで表現します。
コンテンツは順次拡充予定です。どうぞご期待ください。

「さどトリコ」URL: 
https://www.sadotrico.jp



新潟の日本一のIT先進県へ、地方創生に貢献
 フラーは、2017年1月より新潟市内に新潟支社を設立し、県内の自治体・企業・団体と連携。新潟を日本一のIT先進県へ導こうと、当社の強みであるスマホアプリ開発と分析の支援を主軸に、新潟県内の自治体、企業や団体のIT活用の支援を展開してまいりました。今後もフラーは、県内の魅力あるコンテンツを配信していくことで地方のIT活用を強力に支援し、地方創生に貢献してまいります。

フラー株式会社の概要
会社名: フラー株式会社
住所: 千葉県柏市若柴 178 - 4 柏の葉キャンパス 148 - 2 KOIL 共同代表:渋谷 修太、櫻井 裕基
設立日: 2011年11月15日
事業内容: スマートフォンアプリ分析支援事業、 スマートフォンアプリ開発支援事業
URL: https://fuller-inc.com
フラー新潟支社の概要
名称:フラー株式会社 新潟支社
所在地:新潟県新潟市中央区天神1丁目1 PLAKA3 2階
本件お問い合わせ先:Email masaya.sakatsume@fuller.co.jp /TEL 070-4096-2640 坂詰(さかつめ)
  1. プレスリリース >
  2. フラー >
  3. 佐渡汽船発のローカルメディア「さどトリコ」をリリース