サンクトガーレン、山梨の“訳あり桃”500kg使用ビール「7種の桃のエール」10月27日発売。タネの周りの酸味も感じられる濃厚な桃感。

サンクトガーレン有限会社(神奈川県厚木市/代表取締役 岩本伸久)は、2021年10月27日(水)より、山梨の“訳あり”桃を使用したビール「7種の桃のエール」を発売しました。
https://www.sanktgallenbrewery.com/peach/
 


サンクトガーレンでは桃を使ったビールを2011年より不定期に醸造し、樽生限定で販売をしていました。2016年からは横浜赤レンガ倉庫で開催される「横浜オクトーバーフェスト」の会場限定ビールとして毎秋提供しており、1日1,000杯超の販売実績をもつ名物ビールとなっていました。
しかし昨年、今年と2年連続でイベントの開催中止が決定。昨年に引き続き瓶での販売を行います。
 


このビールには毎年、外観などに難があり一般販売出来ない“訳あり”桃を活用しています。関係者の方の話によると、収穫量した果実の3分の1が“訳あり”品になってしまう年もあるといいます。今年は特に長雨・日照不足の影響で綺麗に色付かない、色ムラ・色薄の桃が多く出ています。 “訳あり”果実は家畜の餌になったり、廃棄されてしまうことがほとんど。 そのためビールへの活用は農家の方にも喜ばれています。
 


“訳あり”果実を活用している関係で、桃の品種は年によって様々です。2021年は白凰・夢しずく・あかつき・まどか・川中島・ゆうぞら・さくら、を使用しています。桃は皮と種を除きピューレ状に加工してから、ビールのベースとなる麦汁に投入しています。
 


500kgたっぷり使用することで、香りも味わいも桃感溢れるビールになっています。ビールから漂う香りは甘い桃そのもの。ただ甘いだけではなく、桃のタネ付近の酸味も感じられ、生の桃を丸ごとかじったようなビールです。
 

 
  • “訳あり”果実を使ったフルーツビールづくり

サンクトガーレンは梨だけではなく、傷オレンジを使ったビール「湘南ゴールド https://www.sanktgallenbrewery.com/shonan-gold/ 」、傷リンゴを使ったビール「アップルシナモンエール https://www.sanktgallenbrewery.com/apple-cinamone-ale/ 」、傷梨を使ったビール「和梨のヴァイツェン https://www.sanktgallenbrewery.com/pear/ 」など1年を通じて様々な傷あり果実を使ったフルーツビールを製造販売しています。

これらのビールは香料などに頼らず果物本来の香りや味わいを引き出すため、果物はたっぷり贅沢に使います。そのため通常より安く仕入れられる、傷などの"訳あり"果物の活用は原材料のコストを抑えることにつながります。訳あり果物の利用は、農家にとっては売り物にならない果物が売れる、弊社にとっては安く果物を譲ってもらえるという互いにとってメリットのある関係です。中には、訳あり果実に困った農家さんのSOSから誕生したフルーツビールもあります。訳あり果実の利用は食品ロス削減にもつながり、 SDGs達成に貢献しています。

 
  • 商品概要
 


【品名】7種の桃のエール(発泡酒)
このビールは日本の酒税法で認められている以上の量の果物を使用しているため“発泡酒”表記です。麦芽率は50%以上で税率はビールと同じです。

【発売日】2021年10月27日(水)

【瓶容量】330ml

【希望小売価格】506円(税込)

【アルコール】 5.5%

【販売場所】直営オンラインショップ、京王百貨店 新宿店、日本橋三越本店、東武百貨店 池袋店、髙島屋(新宿店、京都店、大阪店、泉北店)ほか

※サンクトガーレン タップルームほか、全国のビアバーでは樽生で楽しむことも出来ます
https://www.sanktgallenbrewery.com/taproom/
タップルームでの提供は10月29日のグランドオープンからとなります

 
  •  サンクトガーレンについて


https://www.sanktgallenbrewery.com/

日本で地ビールが解禁する以前より、アメリカで小規模ビールの製造販売を行っていた“元祖地ビール屋”です。それがTIMEやNewsweekなどのアメリカメディアで話題となり、日本のメディアに飛び火。世論を巻き込み、日本の地ビール解禁に一石を投じました。そのため業界内では「地ビール0号」と呼ばれています。

サンクトガーレンが造るビールは、大手で主流の“ラガー”とは製法も味わいも対極の“エール”一貫主義。国内外のコンテストで数々の受賞を誇ります。そんな王道ビールの他、一升瓶ビール、バレンタイン限定チョコビール、高アルコールで長期熟成が出来る麦のワインなど数々の個性的なビールを製造販売しクラフトビールの魅力を広く発信しています。

サンクトガーレンはスイスの地名。
そこにあるサンクトガーレン修道院は世界で初めて醸造免許を取得した場所。
その原点を引く継ぐべく「サンクトガーレン」とブランド名に冠しています。

Twitter: https://twitter.com/SanktGallenSHOP
Facebook: https://www.facebook.com/SanktGallenBrewery
Instagram:https://www.instagram.com/mikisanktgallen/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. サンクトガーレン有限会社 >
  3. サンクトガーレン、山梨の“訳あり桃”500kg使用ビール「7種の桃のエール」10月27日発売。タネの周りの酸味も感じられる濃厚な桃感。