結婚願望ない若者の4割が「恋愛・結婚は面倒」。女性が交際相手に求めることは3年前と比べて「性格面」から「金銭面」に変化

20代・30代の恋愛・結婚に関するアンケート(2018年版)

株式会社クロス・マーケティング(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:五十嵐 幹)は、埼玉、千葉、東京、神奈川に在住する20歳~39歳の男女を対象に「20代・30代の恋愛・結婚に関するアンケート(2018年版)」を実施しました。
◆自主調査レポートの続きはこちらへ ⇒ https://www.cross-m.co.jp/cromegane/ma20180724/

■調査結果
●未婚者の結婚願望の有無では、全体で「結婚願望はある」が56.8%、「結婚願望はない」が43.1%となった。性年代別でみると、女性20代は他の性年代と比べて結婚願望が強い傾向だが、女性30代は男性の割合とあまり変わらない結果に。結婚願望有無それぞれの理由は、結婚願望ありでは「家庭を持ちたい」、結婚願望なしでは「恋愛・結婚自体が面倒、興味なし」が最多となった。<図1>



●既婚者の現在の配偶者との離婚検討経験の有無では、男性の割合の倍以上の女性が離婚を検討したことがあることが判明。<図2>



●未婚者が交際相手として重視する点は、全体では「優しい」「顔が好み」が半数近くを占めた。2015年に同様の調査をした際の回答と性年代別で比較すると、2015年実施時の女性の重視ポイントは「尊敬できる」「ユーモアがある」といった相手の内面・性格面がランクインしていたが、今回は「経済力がある」「金銭感覚が合う」といった金銭面を重視する割合が高くなり、女性が交際相手に求めるポイントに変化がみられた。<図3>



■全調査項目
□ 属性設問(性別/年代/婚姻状況/子の有無/同居者/居住地/職業)
□ 交際経験の有無
□ 交際相手の現在の有無
□ 結婚願望の有無とその理由
□ 結婚後の仕事継続意向
□ 妊娠・出産後の仕事継続意向
□ 現在の交際相手との交際期間
□ 交際相手/配偶者との出会い
□ 交際相手/配偶者との年齢差
□ 交際相手との結婚意向
□ 未婚者・既婚者の好みのタイプ
□ 現在の交際相手/配偶者と自身の好みの一致度
□ 交際相手が欲しいと思うかとその理由
□ 交際相手を得るための行動の有無
□ 配偶者との入籍までの期間
□ 配偶者との離婚検討経験と検討理由
□ 不倫経験の有無
□ 恋愛と結婚の違いとその理由
□ 恋愛・結婚にまつわるエピソード

◆全調査項目結果DLはこちら ⇒ https://www.cross-m.co.jp/cromegane/ma20180724/

■調査概要
調査手法  : インターネットリサーチ
調査地域  : 一都三県(埼玉、千葉、東京、神奈川)
調査対象  : 20~39歳の男女
調査期間  : 2018年7月14日(土)~7月16日(月)
有効回答数 : 800サンプル
※調査結果は、端数処理のため構成比が100%にならない場合があります

■会社概要
会社名  :株式会社クロス・マーケティング http://www.cross-m.co.jp/
所在地  :東京都新宿区西新宿3-20-2 東京オペラシティタワー24F
設立   :2003年4月1日
代表者  :代表取締役社長兼CEO 五十嵐 幹
事業内容 :マーケティングリサーチ事業
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クロス・マーケティング >
  3. 結婚願望ない若者の4割が「恋愛・結婚は面倒」。女性が交際相手に求めることは3年前と比べて「性格面」から「金銭面」に変化