現代の日本では、もはや子どもの数よりペットの犬猫頭数のほうが多い!?

子育てを終えつつあるシニア世代が注目する、ペットと暮らすための住宅改造とは。

子育てを終えたシニア世代では、犬や猫を飼いたいという要望が高まっているという。発売中の『別冊住まいの設計 オトナリノベーション』では、犬や猫との暮らしと居住環境が考えられたリノベーション住宅を大特集。
本書で紹介する実例の一つを設計した、動物と暮らす家づくりで著名な建築家、廣瀬慶二氏は、、「ペット用の設計のポイントは猫と犬でまったく異なる」という。「猫は立体、犬は平面。領域を分けて設計する」というのが廣瀬氏の流儀だ。

LDKから見えない仕切りLDKから見えない仕切り


たとえば平面で行う犬のための設計では、リビングはしつけができる広さを取り、トイレスペースは縁側に、ハウススペースはリビング横に、と分けて設置。いずれもタイル貼りで床から1段下げている。これにより水洗いがしやすい上、犬にとって足触りがフローリングと違うため、自然にトイレを覚える効果もあったという。しつけが楽だったという飼い主さんの感想が興味深い。

これらのリノベ実例のほか、ペットリノベーションを行う際の考え方やペットのための設備、建材、グッズなどの紹介など、ペットを飼う人に役立つ情報が満載だ。

猫専用通路から猫専用通路から

あっ、ここに。あっ、ここに。

天井キャットウォーク天井キャットウォーク

 

他にも、より上質なインテリア空間をつくる「オトナインテリア講座」や、大人の夢を実現した「オトナの趣味部屋」「地方移住リノベーション」記事など、シニア心をくすぐる様々なリノベーション情報を紹介している。

お気に入りの家具と暮らす家お気に入りの家具と暮らす家

童心にかえるギャラリーのような部屋童心にかえるギャラリーのような部屋

◆主な内容
「50代からの暮らしをリノベーションでもっと豊かに」をコンセプトに、
シニア世代のリノベーションを応援するムック、「オトナリノベーション
最新刊No.3では、犬や猫と暮らすためにリノベーションした巻頭特集『ペットと暮らすためのリノベ』やいつかは欲しい『オトナの趣味部屋』や今までの上質な大人のための『オトナインテリア講座』など、ひと味違うリノベーション事例をご紹介

【巻頭特集】
FOR PET RENOVATION
ペットと暮らすためのリノベーション

case01
誰にもじゃまされない 日の当たる窓辺が猫の聖域
case02
留守中の愛犬を第一に考えて LDKの一角をワンコスペースに
case03
猫専用通路を設けて 人と猫が楽しく暮らす
case04
人と犬が幸せに暮らす 欧風アンティークインテリアの空間
case05
猫と犬が縦横無尽に動けるプランにリノベーション

【第2特集】
インテリアを変えて心機一転!
オトナインテリア講座
スタイル別コーディネート編
照明編・壁紙編

【第3特集】
いつかは欲しいこんなスペース
オトナの趣味部屋
case01
童心にかえって好きなものに浸る ギャラリーのようなお宝部屋
case02
庭で採れたハーブを使って ビーガンな料理で人をもてなす
case03
自分時間を楽しみながら 仲間との交流の場にもなる
オトナの隠れ家リノベ
case04
造作家具で趣味空間を確保&収納量アップ&間仕切りにも!
 

◆書誌情報
別冊住まいの設計 239
オトナリノベーション No3
好評発売中
定価:本体1,157円+税
ISBN978-4-594-61271-9
A4変形 オールカラー 98p

発行・発売:扶桑社

◆リンク
http://www.fusosha.co.jp/books/detail/9784594612719

◆購入リンク
アマゾン
https://www.amazon.co.jp/dp/4594612717/fusoshaoffici-22

楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15363886/


 

 


 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社扶桑社 >
  3. 現代の日本では、もはや子どもの数よりペットの犬猫頭数のほうが多い!?