WDIがカプリチョーザの姉妹業態「パスタカフェ・カプリチョーザ」を台湾に出店

国内外にレストランを展開する株式会社WDI(本社:東京都港区、代表取締役:清水 謙)は、台湾法人のJT Food Service Management(本社:台湾台北市、代表取締役 許詩鐸)を通じて、2017年1月15日、台湾・台北市郊外にカジュアルイタリアン業態「パスタカフェ・カプリチョーザ」の台湾第1号店を出店します。

「パスタカフェ・カプリチョーザ」は、WDIが国内外に120店舗を展開するカジュアルイタリアンレストラン「カプリチョーザ」をベースに、人気のパスタほか、おつまみメニューとお酒も楽しめるカフェ業態として2008年に開発し、日本国内では「カプリカフェ」というブランド名で2店舗(六本木ヒルズ店、アトレヴィ田端店)を展開しています。

JT Food Service Managementは、WDIとのフランチャイズ契約のもと2005年より「カプリチョーザ」を台湾国内で展開し、現在11店舗を運営。この度は、よりカジュアルな業態の「パスタカフェ」導入により、台湾国内での更なる店舗展開を目指すものです。
オープンするパスタカフェ・カプリチョーザ台湾第1号店は、台北市郊外のショッピングセンター「カルフール桃園店」内に位置し、近隣の高級マンションに暮らすファミリー層の利用を想定しています。
商品は、カプリチョーザ代表メニューのスパゲティー(トマトとニンニク、カルボナーラ、渡り蟹のトマトクリーム、イカスミなど)のほか、パスタカフェの独自商品として、明太子スパゲティー、各種リゾット、USリブアイステーキ、ポークチョップなどを提供します。

1. パスタカフェ・カプリチョーザ桃園Bade店の概要
開業日:2017年1月15日(日)
所在地:B2, No. 722 Sec. 1, Jieshou Rd., Bade Dist., Taoyuan City 33450, Taiwan
店舗規模:106坪(350 ㎡)、144席

2. パスタカフェ・カプリチョーザ桃園Bade店オーナーの概要
会社名:JT Food Service Management
所在地:台北市南港區南港路三段50巷9號1樓
代表者:許詩鐸
事業内容:カプリチョーザ、サラベス等の飲食店の運営

3. パスタカフェ・カプリチョーザの概要
イタリア料理店チェーン「カプリチョーザ」の姉妹業態として2008年東京・田端に開業。ランチ、カフェ、ディナーと、一日を通じて様々なシチュエーションで気軽に利用できるカフェ業態。人気のパスタメニューのほか、おつまみメニューと共にお酒も楽しめる。

4. WDIの概要
会社名:株式会社WDI
所在地:東京都港区六本木5-5-1 ロアビル8階・9階
代表者:清水 謙
事業内容:レストラン経営 及び 運営受託、ブライダル企画・運営

WDIは「ダイニングカルチャーで世界をつなぐ」を企業理念とする外食企業。1972年に外食事業に参入以来、「トニーローマ」、「ハードロックカフェ」、「カプリチョーザ」等、最初期よりマルチブランド展開を推進。1980年「トニーローマ ワイキキ店」出店を皮切りに海外展開を開始。近年では「サラベス」、「エッグスンシングス」等の海外の朝食文化の輸入、2014年「ウルフギャング・ステーキハウス」を日本に導入。現在22ブランドを、日本を含め8ヶ国で190店舗展開。2006年ジャスダック上場。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WDI JAPAN >
  3. WDIがカプリチョーザの姉妹業態「パスタカフェ・カプリチョーザ」を台湾に出店