プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社ひらまつ
会社概要

【株式会社ひらまつ】「長崎県五島市」の感動の食材、生産者の想いに出会う特別ディナー ~名古屋と札幌の「オーベルジュ・ド・リル 」にて開催~

2月21日(水)「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」、3月7日(木)「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」にて開催。

株式会社ひらまつ

株式会社ひらまつ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼CEO:遠藤 久、以下 ひらまつ)が運営する名古屋・名駅「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」と札幌・円山「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」では、長崎県五島市の厳選食材をふんだんに使用したコース料理を楽しむ特別ディナー会を開催いたします。


  • 五島市で出会った素晴らしい食材を特別コースに


四方を海に囲まれ、山々には木々が生い茂る自然豊かな長崎県五島市には、他の土地では出会うことのできない素晴らしい食材があふれています。また“食材の宝庫”であることから、SDGsへの取り組みも盛んに行われています。

椿の名産地として知られる五島列島椿の名産地として知られる五島列島

今回の特別ディナー会開催にあたり、「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」料理長・中廣太一(なかひろ・たいち)と「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」料理長・青木遊冬(あおき・ゆうと)は五島市を訪問し、かけがえのない自然を守るための取り組みに触れ、素晴らしい食材に出会い、そこから受けたインスピレーションをもとに料理を仕立てました。


フランス・アルザス地方にある、半世紀以上にもわたりミシュランの星を維持し続けている名店「オーベルジュ・ド・リル」の歴史と伝統を受け継ぐ名古屋店、札幌店の両料理長が作り上げる、一日限りの特別コース。ぜひ五島市の自然に想いを馳せながらお楽しみください。


  • 五島市を凝縮した料理長おすすめの一品


「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」共通メニュー

-----------------------------------------------------------

<冷前菜>

「五島の醤でマリネした金沢鮮魚さんのヒラメとアオリイカ 焼きあごのチュイル

いきいきファームさんの椿やさいの大根のラメルとカリフラワーの冷製ポタージュ」

------------------------------------------------------------

五島漁港で水揚げされた旬のヒラメとアオリイカ、大根を「五島の醤(ひしお)」でマリネし、カリフラワーの冷製ポタージュを食べる直前に注いで、冷製ポタージュをソースのようにすべてを一緒に崩しながらお召し上がりいただきます。魚の旨みを凝縮しつつも、フレッシュで華やかな香りを持つ「五島の醤」の余韻と冷製ポタージュのクリーミーな味わいがとてもよく合います。



▼「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」料理長・中廣太一より

「福江島で創業70年の歴史を持つ『金沢鮮魚』さんの『五島の醤』は、磯焼け(海藻がなくなる現象)の原因になり、規格に合わず捨てられてしまう『未利用魚』を原料にしてできた魚醬ですが、五島の名産品である椿の酵母を配合して作られていて、その豊かでフレッシュな香りに驚きました。

さらにその製造工程で出た絞りかすは、すっぽん養殖業者に餌として提供しているという、一切無駄を出さない循環型の調味料でもあります。


五島の海を凝縮した魚醤油「五島の醤」五島の海を凝縮した魚醤油「五島の醤」


野菜は、こちらも椿の搾りかすから作る天然肥料と五島の海水で栽培されたオリジナル野菜ブランド『椿やさい』を使っています。どちらも五島の自然を循環させつつ、“自然を守りたい”という生産者さんの想いが凝縮されていて、味も素晴らしいので、ぜひ料理に使いたいと思いメニューを考案しました」


  • 感動の食材、生産者の想いに出会う特別ディナー会 詳細


下記の2つのレストランにて、長崎県「五島市」の厳選食材を使った特別ディナー会を開催。両レストランで共通のメニューをご提供いたします。


「Menu de Tsubaki 椿」

「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」共通メニュー


五島美豚の自家製ロースハム 燻製サワークリーム 

奈留島まんまるアジのエスカベーシュのタルト 

五島名産きびなごのフリット

五島三菜と五島美豚のブロシェット


五島の雫と五島ルビーのフォカッチャ


五島の醤でマリネした金沢鮮魚さんのヒラメとアオリイカ 焼きあごのチュイル

いきいきファームさんの大根のラメルとカリフラワーの冷製ポタージュ


中本製麵さんの椿うどんと五島地鶏しまさざなみ胸肉のムース

五島地鶏しまさざなみの腿肉のフリット

五島名産焼きあごの香るソース・シュプレーム


五島牛フィレ肉のポワレといきいきファームさんのお野菜のヴァプール

五島の醤と大石養鶏場さんのファイブエッグのソース・ベアルネーズ


五島芋のアイスクリーム 五島列島酒造さん紅はるか樽熟成の香り

かんころ餅のフリット  


GOTOGIN the CACAOの香る 

五島スィートスプリングのティラミスと塩アイスクリーム


五島レモングラスの香るカヌレ

五島つばき茶


椿を使った天然の肥料で育てる「椿やさい」椿を使った天然の肥料で育てる「椿やさい」


▼名古屋・名駅「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」

日時:2024年2月21日(水)18:30受付 19:00開宴

料金:お一人様 ¥22,000(料理/ワイン/消費税/サービス料込)

↓詳細はこちら 

https://www.hiramatsurestaurant.jp/aubergedelill-nagoya/news/#1138

↓公式Webサイト

https://www.hiramatsurestaurant.jp/aubergedelill-nagoya/


▼札幌・円山「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」

日時:2024年3月7日(木)18:30受付 19:00開宴
料金:お一人様 ¥22,000(料理/ワイン/消費税/サービス料込)

↓詳細はこちら 

https://www.hiramatsurestaurant.jp/aubergedelill-sapporo/news/#3615

↓公式Webサイト

https://www.hiramatsurestaurant.jp/aubergedelill-sapporo/


「金沢鮮魚」代表・金澤 竜司(かなざわ・りゅうじ)氏「金沢鮮魚」代表・金澤 竜司(かなざわ・りゅうじ)氏


  • 五島市の魅力


五島市は長崎港から西へ約100kmの九州最西端に位置し、11の有人島と52の無人島で構成されています。年間平均気温は17℃と過ごしやすく、豊かな自然が魅力です。海に囲まれた五島列島は美味しい食後の宝庫でもあります。海の幸はもちろん、ジューシーな五島牛やお土産にはさつまいもともち米を一緒についたかんころ餅が人気。日本一の美しさを誇る白砂の高浜海水浴場も必見。また、近年は20〜30代に人気の移住先でもあります。


  • 「オーベルジュ・ド・リル」とは


フランス・アルザス地方のイローゼン村で、今から140年以上も前に創業した一軒の小さなレストランからスタートした「オーベルジュ・ド・リル」。創業わずか3年でミシュランガイドに一つ星レストランとして紹介され、1967年には初めて三つ星に輝き、以来、半世紀以上にもわたってミシュランの星を維持し続けている名店です。


フランス本国以外で唯一「オーベルジュ・ド・リル」の名を冠するレストランとして、2007年にオープンした「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」。その後、2008年に東京・六本木「オーベルジュ・ド・リル トーキョー」、2014年には札幌・円山「オーベルジュ・ド・リル サッポロ」がオープンし、アルザス伝統の味とワイン、そしてゲストを我が家に訪れた家族のように温かく迎えるおもてなしを、多くのお客様にお届けしています。


「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」ダイニング「オーベルジュ・ド・リル ナゴヤ」ダイニング

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
関連リンク
https://www.hiramatsurestaurant.jp/restaurant/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社ひらまつ

19フォロワー

RSS
URL
https://www.hiramatsu.co.jp/
業種
飲食店・宿泊業
本社所在地
東京都渋谷区恵比寿 4-17-3
電話番号
03-5793-8811
代表者名
遠藤 久
上場
東証1部
資本金
-
設立
1982年04月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード