<定量・定性調査/オンラインインタビュー>テスティー、10代〜20代男女を対象に「アイス」に関する意識調査を実施

〜アイスの消費意識や好みについてアンケート調査とオンラインインタビューを実施〜

チャットボットを活用した広告・ネットリサーチ事業を展開する株式会社テスティー(本社:東京都中央区、代表取締役:横江優希、以下テスティー)は、若年層を対象に調査した結果を発信する「TesTee Lab」において10〜20代の男女4,241名(10代男性1,024名、10代女性1,052名、20代男性1,038名、20代女性1,127名)を対象にアイスに関する調査を実施しました。また、アンケート調査に協力いただいたモニタの中から3名にオンラインインタビューを実施いたしました。

■アイスに関する調査(定量・定性) :https://lab.testee.co/icecream2019
■アイスに関する調査(オンラインインタビュー):https://lab.testee.co/icecream2019-interview

TOPICS
アイスに関する調査(定量・定性調査)
アイスを食べる頻度、価格意識、アイスを食べる際に求める精神的効果など
アイスに関する調査(オンラインインタビュー)
アイスに対する興味/関心/意識、新商品への興味、インタビュー結果

<調査結果概要>
アイスに関する調査(定量・定性調査)
●夏の時期、「週に1日以上」アイスを食べると回答した人は82.2%
●普段購入する頻度が最も多いアイスの価格帯は「100〜150円未満」、高いと感じる価格帯は「300円以上」
●アイスを選択する際に重視するのは、性年代を問わず「価格」が最多で約7割

アイスに関する調査(定量・定性調査/オンラインインタビュー)
●新商品のアイスに「興味が湧く」と回答した人は男性で70.8%、女性で85.2%
●新商品のアイスに興味が湧くタイミングは「店頭で見たとき」が7割、「CMを見たとき」が6割
●アイスのカロリーを気にして購入を躊躇した経験がある人は男性で17.6%、女性で34.4%
●アンケート回答者の中から3名にオンラインインタビューを実施

 本調査結果のさらなる詳細は、若年層リサーチによる自主調査メディア「TesTeeLab(テスティーラボ)」にて公開しています。ぜひ、ご覧ください。
■アイスに関する調査(定量・定性) :https://lab.testee.co/icecream2019
■アイスに関する調査(オンラインインタビュー):https://lab.testee.co/icecream2019-interview

<調査概要>
調査期間:2019年6月17日(月)〜6月28日(金)
調査対象:10代〜20代 / 男女 / 自社モニター会員
割付方法:4,241サンプル(10代2,076サンプル、20代2,165サンプル)

【会社概要】
 テスティーは、運営するスマートフォンアンケートアプリにて豊富なスマホユーザーを抱えている点ならびに、チャットツールを活用したスマートフォンに最適化したアンケート調査を実施できる点を強みにリサーチ事業を展開しています。テスティーでは、年々拡大するネットリサーチ市場において掲げられている「若年層不足」や「スマートフォン対応への遅れ」といった業界課題の解決に向けて、自社の強みを活かしたネットリサーチ市場のさらなる拡大に挑戦してまいります。
■会社名 :株式会社テスティー
■所在地 :東京都中央区日本橋兜町22-6東京セントラルプレイスビル5F
■設立  :2014年5月
■代表者 :代表取締役 横江優希
■事業内容:スマートフォンアンケートアプリ「Powl(ポール)」の開発・運営
      チャットツール「Fast Sonar(ファストソナー)」の開発・提供
      「テスティーリサーチ」の運営 若年層調査:https://www.testee.co/research/
                     アプリ調査:https://www.testee.co/app-research/

※TesTeeは株式会社テスティーの登録商標です。

※その他すべての商標は各々の所有者の商標または登録商標です。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社テスティー >
  3. <定量・定性調査/オンラインインタビュー>テスティー、10代〜20代男女を対象に「アイス」に関する意識調査を実施