大阪府と食べチョクを運営するビビッドガーデンが事業連携協定を締結。若手生産者のインターネット販売を通じた成功事例を創出。

10月25日(月)に連携協定式を予定。

認知度・利用率など6つのNo.1を持つ日本最大の産直通販サイト「食べチョク」を運営する株式会社ビビッドガーデン(本社:東京都港区、代表取締役社長:秋元里奈)は、大阪府と事業連携協定を2021年10月25日(月)に締結します。若手生産者のインターネット販売を通じた成功事例の創出を行います。

 

 
  • 大阪府と食べチョクの事業連携協定について
■概要
大阪産の食材「大阪産(もん)」の全国への販売促進、次代を担う若手農業者のサポートを目的として、大阪府と食べチョクを運営するビビッドガーデンが事業連携協定を締結します。2021年10月25日(月)に大阪府咲洲庁舎で連携協定式を行う予定です。

■背景
農林水産省が行う平成31年農業構造動態調査結果(2019年)を見ると、基幹的農業従事者の全国平均年齢が66.8歳なのに対して、大阪府の平均年齢が69.8歳と3歳平均年齢が高いことがわかります。一方で大阪府では毎年一定数の若手の新規就農者や親元新規就農者が生まれており、その若手生産者の支援を強化するために事業連携協定を締結することになりました。

※参考:農林水産省 平成31年農業構造動態調査結果(https://bit.ly/30hwy1n

■目的
・次世代を担う若手生産者のインターネットを通じた販路拡大
・一次産業に興味を持つ人を増やす

■協定の内容
・大阪産(もん)の全国への販売促進
大阪産(もん)の魅力を全国に発信し、大阪農業の持続的な成長・発展に向けたプロモーション及び生産者を結びつけた販売促進などを行います。(食べチョク内で大阪産(もん)の商品特集を設置)

・若手生産者を中心とした販路開拓支援
府内の若手農業者を中心に、食べチョクでの販売に関するノウハウやヒット商品づくりの支援等を行います。例えば府内生産者への出品支援、SNS・メルマガ等の活用、先進事例の生産者の登壇イベント開催、顧客から意見のフィードバックと常時サポートなどを予定しています。

・農業体験機会・援農活動の創出
農業の生産現場での一般消費者の体験する機会や援農する機会を創出し、大阪農業のファンづくりと新たな担い手の創出を行います。大阪府の都市農業の特徴を最大限生かし、移動コストが比較的かからず消費者に農を体験する場を提供します。

■締結日(予定)
2021年10月25日(月)
 
  • 締結式開催プログラム
■開催概要
・日時
2021年10月25日(月)10時00分~10時30分

・場所
大阪府咲洲庁舎迎賓会議室

・出席予定者
○大阪府
南部環境農林水産部長
原田農政室長 他
○株式会社ビビッドガーデン
代表取締役社長:秋元里奈
法人・アライアンス領域責任者:酒井 

■当日のスケジュール
10:00:開会
10:05:大阪府 環境農林水産部長 南部様の挨拶
10:10:株式会社ビビッドガーデン 代表取締役社長 秋元の挨拶
10:15:協定書への署名
10:20:記念撮影
10:30:閉会

■取材希望の方向け窓口
株式会社ビビッドガーデン 広報 下村
pr@vividg-garden.co.jp
※会場は11:15までご利用いただけますので個別取材も可能です。
 
  • 大阪産(もん)について
■概要
大阪産(もん)とは、大阪府域で栽培・生産される農産物、畜産物、林産物、水産物(以下「一次産品」)と、それらを原材料として使用した加工品のことです。 

■魅力紹介
大阪湾、森林、農空間などの自然に囲まれた大阪では、都市と農空間の距離が近く、 高品質な農産物が生産されています。 皮が柔らかく水分をたっぷり含んだジューシーな「水なす」、 畑で完熟まで育てられた大きくて甘い「いちじく」、全国で生産量1位を誇る「泉州しゅんぎく」など美味しい農産物が数多く育てられています。
URL:https://www.pref.osaka.lg.jp/index.html

(左上)泉州しゅんぎく(右上)水なす(左下)いちじく(左下)デラウェア(左上)泉州しゅんぎく(右上)水なす(左下)いちじく(左下)デラウェア

 
  • 食べチョクが行う自治体連携について
食べチョクは、生産者の販路拡大のサポートをすることを目的として40以上の自治体との連携を行ってきました。
特設ページURL:https://www.tabechoku.com/slp/government

■食べチョクと連携することでできること
・ECサイトを利用した農林水産物の販路拡大
・特産品のブランディング
・食・一次産業の体験を通じた根強いファンの獲得

■自治体との取り組み事例
・2021.7:「新潟県」と連携し、販促施策の実施や出品サポートを実施。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000126.000025043.html

・2021.7:「愛媛県」と連携し、出品サポートを強化。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000125.000025043.html

・2020.8:「佐賀県」と連携し、佐賀県生産者の出品から売れるまでをサポート。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000057.000025043.html

・2020.12 :「兵庫県姫路市」と協働し、店頭で品定め・買うのはネットの「売らない店」を出店。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000080.000025043.html

・2020.1:「熊本県球磨郡錦町」と連携し、出品サポートを強化。
URL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000083.000025043.html
 
  • 食べチョクについて
⾷べチョクは、こだわり⽣産者から直接⾷材や花きを購⼊できる産直通販サイトです。日本の産直通販サイト(※1)の中で認知度や利用率などの6つのNo.1(※2)を獲得しています。

 野菜・果物をはじめ、米・⾁・⿂・飲料といった⾷材全般と、花き類を取り扱っています。また好みに合う⽣産者を選んでくれる野菜定期便「⾷べチョクコンシェルジュ」や旬の果物が届く定期便「⾷べチョクフルーツセレクト」があり、定期的なお取り寄せができるのが特徴です。また、友達と分けあえる「共同購⼊」の機能や販売前に商品を取り置きできる予約機能などもあり、ライフスタイルに合わせた様々な買い⽅を提供しています。

 2021年7⽉にはユーザー数は50万人、登録⽣産者数は5,700軒を突破し、30,000点を超えるこだわりの逸品が出品されています。

・URL:https://www.tabechoku.com/
・iOS版アプリ:https://apps.apple.com/jp/app/id1517340079
・Android版アプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.tabechoku.android
・公式Twitter:https://twitter.com/tabechoku
・公式Instagram:https://www.instagram.com/tabechoku/

(※1)産直通販サイト:生産者が消費者の自宅へ商品を直送することを特徴とする生産者特化型の通販サイト
(※2)国内産直通販サイトの中で、「お客様認知度」「お客様利用率」「お客様利用意向」「Webアクセス数「SNSフォロワー数」「生産者認知度」の6つでNo.1を獲得。
プレスリリースURL:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000113.000025043.html
 
  • ビビッドガーデンについて
代表者:代表取締役社長 秋元里奈
本社所在:東京都港区浜松町1-7-3 第一ビル4F
設立日:2016年11月29日
事業内容:全国の生産者から食材や花などを直接購入できるオンライン直売所『食べチョク』の開発・運営
会社HP:https://vivid-garden.co.jp/
 


 

 

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. (株)ビビッドガーデン/食べチョク >
  3. 大阪府と食べチョクを運営するビビッドガーデンが事業連携協定を締結。若手生産者のインターネット販売を通じた成功事例を創出。