リチカ、Metaビジネスパートナーの知見を活かし “Facebook専用の動画広告フォーマット” を提供開始

20万本の配信結果を元に、Facebook広告に特化したフォーマットを大量追加

SaaS × Agencyでマーケティング支援事業を提供する株式会社リチカ(本社:東京都渋谷区/代表取締役:松尾幸治/以下、当社)は、SaaSサービス「リチカ クラウドスタジオ」にて20万本の配信結果を元に、Facebook広告に特化した動画の広告フォーマットを大量に追加しました。

 

 
  • 背景
近年、スマートフォンや5Gの普及により、デジタル広告、特に動画広告の需要は増加しています。一方で、広告を配信できる媒体は多様化しており、なかなか成果に繋がらない、という課題を感じている企業が増えてきています。特に、多くの企業が課題に感じているのが各媒体ごとの最適化です。当社が運営するマーケティング研究機関「RC総研」の独自調査においても、92%の企業が媒体が推奨する広告クリエイティブ規定に最適化できておらず、広告成果が出づらいことが顕在化しています。(参照:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000142.000025039.html
 
  • 解決策
このような課題を解決するために、各媒体が推奨する規定に準拠した広告クリエイティブを取り組める施策として、Facebook専用の動画広告フォーマットを公開しました。Meta社の公式パートナーの強みを活かし、推奨規定と当社サービス上で制作された20万本の動画広告データをもとに科学的なアプローチで開発しており、フォーマットとしてサービス上に追加しています。
その結果、Facebook広告に最適化したクリエイティブを、誰でも簡単に作成することができるようになりました。
  • 3つの特徴
①Meta社の推奨規定に準拠
今回追加されたフォーマットはすべて、
・15秒以内の動画
・大切なメッセージやブランド名を冒頭に表示
など、Meta社が公式に推奨している規定に準拠しています。

 


②あらゆる業種に対応した豊富なバリュエーション
特定の業種だけではなく、幅広い用途、業種で活用できるように数十パターンを追加しています。


③活用次第でさまざまな応用が可能
リチカ クラウドスタジオを活用すれば、色の変更、フォントの変更、BGMの変更など自社のブランドイメージにあった活用方法をご提案可能です。詳しくは下記リンクをご確認ください。

 

 

活用例付き、最適化動画事例
https://docs.google.com/presentation/d/1Hc63oRXgy2_sYDUuZXk0WmQEwjBP1briSVG-b4U1LWM/edit#slide=id.g12e450fc7e6_0_32

 
  • 今後の展開
当社は、複数の媒体と連携をし、各種媒体の専用フォーマットの開発を進めています。現在は、Facebook、Yahoo!、Instagramと連携をし、メディア別配信結果を当社で分析し、各種媒体の専用のフォーマットをリチカ クラウドスタジオで提供しています。
  • リチカ クラウドスタジオについて

リチカ クラウドスタジオは、デジタル広告やSNS用途で、動画や静止画を量産、運用できる「運用型クリエイティブクラウド」です。誰でもかんたんに配信面に最適化したクリエイティブを制作、検証、改善することができます。広告・メディア業種シェアNo.1、マーケターおすすめNo.1。 大手事業会社や広告代理店を中心に、400社以上が導入。Yahoo!やFacebookなどの公式パートナーにも認定されています。

資料請求:https://richka.co/contact-document8/
WEBサイト:https://richka.co/homead8/
 
  • 株式会社リチカについて
「Switch to The Rich. クリエイティブで、世界を豊かに。」

会社名:株式会社リチカ
代表取締役:松尾幸治
本社:東京都渋谷区代々木1-6-12 MFビル3F
設立日:2014年10月14日
WEBサイト:https://richka.co/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リチカ >
  3. リチカ、Metaビジネスパートナーの知見を活かし “Facebook専用の動画広告フォーマット” を提供開始