「sitateru CLOUD」がアパレルクラウドサービスにおける導入クライアント数(累計)No.1を獲得

シタテル株式会社(本社:熊本県熊本市、代表取締役:河野秀和、以下シタテル)が開発、提供する、衣服・ライフスタイル産業が抱える社会課題を解決するクラウドサービス「sitateru CLOUD」が2022年2月に調査された、アパレルクラウドサービスにおける導入クライアント数(累計)において、No.1を獲得しました。(※)

 

これにより、2021年獲得した「アパレル関係者がおすすめする 業務改善システム No.1 」「アパレル業務改善システム サービス満足度 No.1」「アパレル業務改善システム 使いやすさ No.1」などに続き、7タイトル目でのNo.1を獲得しております。


「sitateru CLOUD」は2020年のサービス開始以降、衣服・ライフスタイル産業におけるアナログな業務を削減し、ワークフローにおけるあらゆる取引をデジタル化することで業務を効率化することで、リソース不足の解消・コスト削減を実現しています。

 

また、シタテルの保有する豊富なサプライヤーネットワークと繋がることができるため、縫製工場や生地付属メーカーなど生産体制の拡充・生産ノウハウの獲得も可能なプラットフォームを提供しています。
今後もシタテルでは、「sitateru CLOUD」を通してサプライチェーンを革新することで、「衣服づくり」のオープン化を目指してまいります。また、在庫を破棄しないサステナブルな仕組みを通じ、新たな衣服・ライフスタイル産業の未来を築いてまいります。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ 調査概要:2022年2月期_指定領域における市場調査(日本国内における検証調査)
 

【シタテル株式会社について】

クラウドサービス「sitateru CLOUD」を中心に、衣服およびライフスタイル製品生産のプラットフォーム事業を提供。生活者のライフスタイルの急速な変化に伴う課題や環境問題に対し、衣服を中心に「ひと・しくみ・テクノロジー」により形成された、新しいプラットフォームを構築している。アパレル産業のサプライチェーンに関わる全ての人々が、場所に依存することなく、円滑にコミュニケーションを取り、スムーズに事業を行える環境を提供。プラットフォームを通じてこれまで極めて閉鎖的だった業界をオープンにすることを掲げている。

また、長きに渡りアパレル産業の課題とされている環境問題についても、受注生産販売型の仕組みを通じ、広くアパレル事業者全般を支援する。その基盤となるシタテルのサプライチェーンネットワークには、現在国内を中心とした約1,600社の縫製工場・生地メーカー等と連携、約22,700社のブランドや企業が登録している。
(2022年3月時点)

<提供サービスサイト>
・sitateru CLOUD https://sitateru.com/
・ユニフォーム https://cstm.sitateru.com/

■会社概要

会社名:シタテル株式会社
代表取締役:河野 秀和
事業内容:クラウドサービスを中心とした衣服生産のプラットフォーム事業の運営
資本金:1億円
従業員数:76名(2022年3月時点)
設立:2014年3 月   
本社:〒862-0956 熊本県熊本市中央区水前寺公園28-23 2階
東京支社:〒153-0042 東京都目黒区青葉台3-1-19 青葉台石橋ビル8階
HP:https://sitateru.co.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. シタテル株式会社 >
  3. 「sitateru CLOUD」がアパレルクラウドサービスにおける導入クライアント数(累計)No.1を獲得