食品ロス/在庫ロス削減アプリ「Let(レット)」、ユーザー数が500万人を突破!11/2(火)から記念イベントも開催

株式会社レット(本社:東京都港区、代表:佐藤 航陽)が運営する食品ロス/在庫ロス削減のマーケット「Let(レット)」のユーザー数が500万人(IDベース)を突破いたしました。
これを記念し11月2日(火) 18:00より記念イベントも開催します。


レットは、コロナ禍で既存流通先での取引が激減したことで初めてネット通販をはじめる食品事業者の受け皿となっています。

出品者は全国の農家や漁師などの生産者、精肉会社や水産市場などの卸売事業者、八百屋やお土産屋など小売事業者、また飲食店まで幅広い食品事業者を中心に、前年比で約3.4倍に伸びています。また、出品される商品が増える中、ユーザー数の増加と比例する形で購入者数も拡大しており、流通総額は前年比(9月比)でおよそ16.1倍と急激に成長しています。


レットではこのような状況を踏まえ、出品店舗様のご意向に沿ってより多くの方々へ商品をご紹介いただけるよう、2021年10月より新たにサービス内における広告機能をリリースしました。店舗様ごとでご指定いただいた広告商品については、上位表示などを通してサービス内での露出を高めていただけるようになり、売上向上の手段としてご活用いただけます。

なお、500万ユーザーの突破を記念し、この新しい「広告機能」を活用した商品が実質50%割引となるSALEを11月2日(火) 18:00よりレット内で開催致します。これまでレットをご活用いただいている店舗様はもちろんのこと、出品をご検討されている店舗様も販売促進に向けてはまたとない機会となりますので、奮ってご参加ください。

【記念セール概要】
・期間:11/2(火) 18:00 〜 11/3日(水) 23:59
・参加対象:アプリをダウンロードしている全ユーザー様
・特典:期間中、広告枠を活用した食品が実質50%OFFで購入可能
※50%はプレミアム会員にご登録いただいた場合の還元率となります
・イベント詳細: https://note.com/timebank/n/nf9f6a296a257

◆Let(レット)とは?

Let(レット)は、余った在庫、型落ち品、見切り品、B級品、規格外品、新古品など「訳あり品」を売買できるマーケットプレイスです。アプリをダウンロードして最短1分で訳あり品を販売することができます。もちろん初期費用や月額も無料です。2021年10月現在ユーザー数は500万人を突破しており、コロナ禍のEC普及により急激な成長を続けています。新品(一次流通)や中古品(二次流通)とは異なり、通常の販売ルートには流せない訳ありの新品を「1.5次流通」と捉えて、訳あり品を処分したい人と安く買いたい人をマッチングする新しいマーケットを作っています。

App Store : https://itunes.apple.com/jp/app/id1253351424/
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.timebank
Web        : https://let.jp/

◆Let(レット)の想い
日本では年間54兆円もの商品が過剰在庫として積み上がり、毎日大量の商品が使われずに廃棄されています。特に食品においては毎年612万トンもの食糧が食べられずに捨てられており、食品ロス(フードロス)として深刻な社会問題になっています。世界を持続可能なものとするために作られた国際目標「SDGs」においても「2030年までに世界の食料廃棄を半減する」という目標が掲げられています。Let(レット)は過剰在庫・大量廃棄を世の中から無くしサステナブルな社会を実現するプラットフォームを目指しています。

◆会社概要
企業名: 株式会社レット
設立 : 2018年8月
代表者: 佐藤 航陽
資本金: 1億円
所在地: 東京都港区六本木1-4-5 アークヒルズサウスタワー16F
URL  : https://corp.let.jp/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レット >
  3. 食品ロス/在庫ロス削減アプリ「Let(レット)」、ユーザー数が500万人を突破!11/2(火)から記念イベントも開催