クックパッド、WeWorkに生鮮食品の受け取りステーションを設置〜移転先のWeWorkオーシャンゲートみなとみらい共用部に導入、他の拠点への設置も検討〜

クックパッド株式会社は、2021年5月に本社を移転する「WeWorkオーシャンゲートみなとみらい」(神奈川県横浜市)内の共用スペースに、生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を設置し、2021年4月上旬よりWeWork入居メンバー向けにサービスを開始いたします。

併せて、クックパッドマートのサービス提供エリア内で設置要件を満たす、他のWeWork拠点への設置も検討しております。

マートステーションがWeWorkワークスペース共用部に設置されることで、WeWork入居メンバーは事前に注文した食材を、仕事終わりに受け取って帰れるようになるため、買い物の手間や時間を節約できます。

クックパッドマートでは、地域の農家、卸売市場の仲卸、街の専門店など様々な出店者が販売する数千種類を超える食材から注文できます。普段利用する食料品店では販売されていない食材や、これまで出会ったことがない食材も購入できるようにすることで、日々の食卓を豊かにすることができます。

クックパッドは、今後も地域の生産者や販売者と消費者をつなぐ様々な仕組みを開発・提供し、買い物をもっと自由にすることで、毎日の料理を楽しみにすることを目指します。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/


■世帯構成の変化に伴う、共働き世帯や単身世帯の買い物の課題を解決する
昨今、女性の社会進出に伴い共働き世帯は年々増加し、2019年には専業主婦世帯の582万世帯の倍以上にあたる1,245万世帯になっています。*1 また、核家族化の進行や未婚率の増加に伴い、単身世帯も増加し、2019年には1,490万世帯と全世帯数の28.8%を占めています。*2 これらの世帯割合は今後も増加が予想されています。

このような世帯構成となった現代では、多くの方が日中の仕事を終えてから日々の生鮮食品の買い物をしています。例えば、終業後に食料品店へ行っても欲しい食材が手に入らず、本来食べたかったものを諦めたり、未就学児のいる家庭では、終業後に保育園に子どもを迎えに行き、その後に買い物に行かなければならず、買い物自体が困難な場合もあります。このように日中仕事をする方にとって、日々の買い物には多くの課題があります。

オフィス共用部にマートステーションが設置されると、夜や朝などの空いた時間にアプリで注文を済ませ、届けられた商品を仕事終わりに受け取って帰るだけで生鮮食品の買い物が済ませられるようになり、これらの課題が解消されます。

オフィスから自宅までは遠い場合には、自宅近くのマートステーションに商品を届けるなど、様々なライフスタイルに合わせてご利用いただくことができます。


■マートステーションを設置する店舗、施設などを募集、費用負担は一切なく導入が可能
コンビニエンスストア、ドラッグストアなど設置可能なスペースがある小売店舗、総戸数100戸以上のマンション共用部、大規模なオフィスビルや商業施設などを対象に、マートステーションを設置する事業者を募集しています。

導入に伴う費用負担は一切なく、システム開発や設置工事、サービス維持メンテナンス等も不要です。対象エリアや営業時間などの、設置条件については下記よりお問い合わせください。

<マートステーション設置に関する詳しい情報やお問い合わせはこちらから>
https://enq.cookpad.com/zDWIrXW20Ao/ty5csW5oWsUXsoY=


■参考資料

*1 I-特-11図 共働き等世帯数の推移 - 男女共同参画白書 令和2年版 - 内閣府男女共同参画局
https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/r02/zentai/html/zuhyo/zuhyo01-00-11.html

*2 2019 年 国民生活基礎調査の概況 - 厚生労働省
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa19/dl/14.pdf

クックパッド、WeWork オーシャンゲートみなとみらいへの本社移転を決定
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000156.000027849.html


【WeWork Japan 合同会社について】
WeWorkは2010年にニューヨークで創業し、世界中でコミュニティ型ワークスペースを提供しています。WeWork Japanにおいては、2018年2月に国内初となる拠点を東京で開設して以降、ベンチャー企業から大企業まで、多様なメンバーからなるコミュニティを形成してきました。WeWork Japanは、今後もイノベーションやコラボレーションを促すワークスペースを提供し、新しい働き方を促進するさまざまな取り組みを支援してまいります。

WeWork Japan公式サイト:https://weworkjpn.com/
WeWork活用事例やコミュニティ形成事例:https://weworkjpn.com/contents/

【生鮮食品EC「クックパッドマート」について】
クックパッドマートは、生産者と消費者をつなぐ生鮮食品ECプラットフォームです。地域の生産者が販売する食材を、1品から送料無料でお客様へお届けします。商品は、店舗や施設に設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」の中からお好きな場所・お好きな時間でピックアップすることができます。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/
 

【クックパッドマート アプリ概要】
アプリ名称:クックパッドマート
開発・運営:クックパッド株式会社
サービス地域:日本
対応言語:日本語
価格:無料 ※買い物にはクレジットカードが必要
iOS版アプリダウンロードURL:https://itunes.apple.com/jp/app/id1434632076
Android版アプリダウンロードURL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.cookpad.android.martec


【クックパッド株式会社 会社概要】
■社名:クックパッド株式会社 https://info.cookpad.com
■本社所在地:〒150-6012 東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー12F
■代表者:代表執行役:岩田 林平(いわた りんぺい)
■資本金:5,286,015千円(2019年12月末)
■設立年月日:1997年10月1日
■従業員数:547人(2020年12月末 連結ベース)
■主要事業:毎日の料理を楽しみにする事業

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クックパッド株式会社 >
  3. クックパッド、WeWorkに生鮮食品の受け取りステーションを設置〜移転先のWeWorkオーシャンゲートみなとみらい共用部に導入、他の拠点への設置も検討〜