プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

独立行政法人国立高等専門学校機構
会社概要

サイバーセキュリティの知識を活用したボランティア活動

~国立高専機構の人材育成事業(K-SEC) 鹿児島高専の場合~

独立行政法人国立高等専門学校機構

 鹿児島工業高等専門学校(鹿児島県霧島市 校長:氷室昭三 以下「鹿児島高専」)は全国高専が行うK-SECサイバーセキュリティ人材育成事業に参画し、そこで学んだ知識を活用して具体的な行動を起こしています。2019年から関連する活動として、学生による小中学校への出前講座をボランティアの一環として行っています。6月13日には霧島市立隼人中学校で実施しました。
 これは低年齢層に対してインターネットに接続可能なデジタルデバイスのリスクを知ってもらうと共に、対応方法を講義することで安全な利用を促す試みです。鹿児島県警からは、「サイバー防犯ボランティア」として鹿児島高専の学生に委嘱状が交付されています。高専生による小中学生への説明は、大人が話すよりも年齢の近い高専学生自らの経験も踏まえて話をするため、聴講者の興味を惹きやすいと好評を得ています。

鹿児島県警からの委嘱状交付の様子鹿児島県警からの委嘱状交付の様子

K-SEC(ケーセック)とは
国立高専機構におけるサイバーセキュリティ人材育成事業(KOSEN Security Education Community)

<目的>
 高専で学ぶ専門分野において「守るべきものは何か」を考えることができる技術者になるため、機械・建築・土木・電気/電子・材料・生命など工学分野の技術者が持つべきセキュリティ意識や技術を身につけさせること、そして、情報系技術者には、社会で必要とされているサイバーセキュリティ技術を身につけさせることを目指します。

<サイバーセキュリティ人材育成を担うK-SEC>
 多様な進化を続けるサイバー攻撃。一方、個人から企業、官公庁や社会基盤にいたるまで、インターネットを活用した情報の受発信(インターネット・テクノロジー=IT)は重要な役割を担っています。大切なITを悪質な攻撃から守っていくために、サイバーセキュリティに特化したスキルの高い人材が求められています。貴重な人材輩出の役割の一角を担うのがK-SECです。全国の国立高専では、K-SECの事業として、セキュリティの基本教材の開発や、演習教材を導入した演習等を行い、サイバーセキュリティの分野で社会に貢献できる人材育成を行っています。

本校での活動

合宿でマイコンを用いた演習に参加している様子合宿でマイコンを用いた演習に参加している様子


 初年度である2019年度は瀬戸山拓斗君、松樹美羽さん、岡本康太君の3名がK-SEC事業への参加を希望しました。まずサイバーセキュリティに関する知識を得るために、九州地区拠点校である佐世保高専が主催する合宿へ参加し、その中でサイバーセキュリティの専門家から講義を受け、またマイコンやパソコンを用いて実際に危険性を体験する実習に参加しました。

 



 その後は学生自身が講義内容を考えて発表資料を作成しました。また、この活動に賛同頂いた鹿児島県警から当該学生へ委嘱状が授与されました。これが人材育成事業(K-SEC)に参画した学生がサイバーセキュリティの知識を活用し、小中学校への出前講座を行うというボランティア活動につながりました。

講義のスライド講義のスライド

 県警から訪問先選定ならびに調整協力を得られたことは、活動を進める上で大きな後押しとなりました。公共施設が少ない事から学習機会を得にくいことを考え、奄美大島の赤木名中学校、大勝小学校と種子島の古田小学校を訪問しました。具体的内容としては、・インターネットの利用と睡眠障害に関する関係性、・SNSにアップロードした写真から意図せず個人情報が漏れる事例、・日本語の多岐にわたる解釈可能性から誤解を招く事例、・キャンペーン参加の罠、等の講義を行いました。参加者は最後まで興味深く聴講していました。
 

2021年度訪問先での講義の様子2021年度訪問先での講義の様子

 2020年度はコロナ禍による緊急事態宣言などの影響を受けて訪問することが出来ませんでした。そのため新しい参加者を募集することが出来ず、この活動の継続が危惧されました。2021年度はワクチン接種の普及が見込めたこと、また学生達の活動を支援する鹿児島高専SSD(Supporting Students Dreams)制度の採択を受けたことから、原田耀太君、川畑匡史君、中島紅さん、浜島百代さんの4名が参加希望を示し、県警からの委嘱状を受けて、奄美大島の赤徳小学校へ訪問しました。

 指導担当:電気電子工学科 准教授 枦健一 / 電子制御工学科 講師 福添孝明

 *鹿児島高専SSD(Supporting Students Dreams)とは~ 鹿児島高専に在籍する学生に、各種コンテストへの参加や社会貢献への参画を通じて、 『将来の自分をかたち作る新たな武器を手に入れてもらう』と共に、『高専生のポテンシャルの高さを世の中に広く情報発信してもらう』ことを目的としています。これまでの実績としては、①教育委員会を通じ、離島の小中学校に出前授業や講話を行った「サイバーセキュリティボランティア」(セキュリティ人材育成事業)。②今まで応募できなかったコンペの部門に挑戦し、147応募作品中12作品の本選進出に選ばれ、審査員特別賞を受賞した「空間デザイン部門応募プロジェクト」。③鹿児島県伊佐市牛尾校区コミュニティとコラボして、地域の伝統や風習を後世に伝える活動に参画した「コミュニティ教科書作りワークショップ」等があります。

鹿児島高専について
所在地:鹿児島県霧島市隼人町真孝1460-1
校長:氷室 昭三
設立:昭和38年4月
URL:http://www.kagoshima-ct.ac.jp/

地域貢献の基本方針

鹿児島高専鹿児島高専


(1) 地域社会及び地域産業界が抱える課題の把握に努め、地域が必要とする取組みや地域に実りある結果をもたらす活動を推進する。
(2) 産学官連携活動及び地域企業や機関等に対する技術開発支援等を集約的に推進するための組織を設置する。
(3) 教職員及び学生は、地域社会の一員として、地域住民や団体、自治体、他の教育機関等との相互協力に努め、地域社会との共生を図る。
 
【本リリースに関する報道お問い合わせ先】
鹿児島工業高等専門学校総務課企画係
TEL:0995-42-9038
e-mail:kikaku@kagoshima-ct.ac.jp
 

~2022年度、高等専門学校制度は創設60周年を迎えます~
https://www.kosen-k.go.jp/Portals/0/60th/

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
経営情報
位置情報
北海道札幌市その他東京都八王子市本社・支社大阪府大阪市その他福岡県福岡市その他鹿児島県霧島市本社・支社
関連リンク
http://www.kagoshima-ct.ac.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

独立行政法人国立高等専門学校機構

10フォロワー

RSS
URL
https://www.kosen-k.go.jp/
業種
教育・学習支援業
本社所在地
東京都八王子市東浅川町 701-2
電話番号
-
代表者名
谷口 功
上場
-
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード