クックパッドとみなとみらい線が沿線地域の活性化を目指して連携協定を締結

地域の食のつくり手と生活者をつなぎ、食を通して沿線の賑わいを創出

クックパッド株式会社(横浜市西区、代表執行役:岩田 林平、以下「クックパッド」)と、みなとみらい線を運営する横浜高速鉄道株式会社(横浜市中区、代表取締役社長:鈴木 伸哉、以下「横浜高速鉄道」)は、沿線地域の活性化に資するため、2021年6月1日(火)に連携協定を締結しました。本協定の取り組みとして、2021年6月16日(水)より、神奈川県の鉄道駅としてはじめて、みなとみらい線各駅の駅構内に生鮮宅配ボックス「マートステーション」を順次設置し、食材の受け取りサービスを開始します。

今後、本協定をベースとして、両者それぞれの事業資産、事業ノウハウを活かしながら、「食」を通してみなとみらい線沿線の賑わいを創出すると共に、沿線の魅力を外部に発信することで地域のブランド力向上を目指します。


■具体的な取組:地域のつくり手を巻き込んだ沿線地域の食文化の発信

2021年6月16日(水)より、クックパッドマートの商品受け取り場所である生鮮宅配ボックス「マートステーション」を、みなとみらい線各駅の駅構内へ順次設置し、生活者の日常の買い物をより楽しくする食材の受け取りサービスを開始します。これにより、みなとみらい線を利用する生活者は帰宅途中などに食材を受け取れるため、日々の買い物が便利になるとともに、地域の食のつくり手が販売する食材を手軽に購入することができます。

また夏頃には、みなとみらい線駅構内にて、沿線の食のつくり手(生産者・食材販売店・飲食店)を集めたマルシェの開催や、みなとみらい線の各駅の街のテーマに基づいた販売企画などを実施し、沿線地域の食文化を発信します。

【みなとみらい線各駅へのマートステーション設置スケジュール】
6月16日より、順次設置開始し、7月中の各駅展開を予定しております。


■協定締結の背景
クックパッドは「毎日の料理を楽しみにする」をミッションに掲げる、料理とテクノロジーの会社です。国内で月間約5,900万人が利用する料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」や、生鮮食品EC「クックパッドマート」などの運営を通じて、人、社会、地球の豊かな未来を目指しています。2021年5月には「街やつくり手と一緒に、毎日の料理を楽しみにしていく場所」を目指し、料理に関する様々な課題解決を目的としたサービス開発をより推進するために横浜へ本社を移転しました。

横浜高速鉄道は、横浜駅から元町・中華街駅まで横浜都心部を結ぶみなとみらい線の運営を通じて、横浜都心部の活性化や沿線の集客を図るとともに、首都圏の広域的な交通ネットワークの一翼を担っています。

このたび、この両者が、「コロナ禍における新たな価値の創造」とみなとみらい線沿線地域の「魅力的なまちづくり」の必要性を共通認識として持つことを確認し、それぞれの強みや資産等を生かし連携するべきと考え、協定を結ぶこととなりました。


■協定の概要

連携目的:
両者の事業資産、事業ノウハウ等を生かした事業を実施し、みなとみらい線沿線における食の賑わいを創出し、みなとみらい線沿線における食観光や沿線地域の食文化の創出に取り組む。

連携事項:
①両者の相互PR、みなとみらい線沿線における本サービスのPRやそれに伴う場所・機会の提供に協力する
②定期的な協議の場を設け、具体的な提携事業を協議・実施していく

協定期間:
2021年6月1日~2024年5月31日


■メディア掲載、取材に関するお問い合わせ
以下の問合せフォームより具体的な内容(ご企画のテーマ、質問項目、取材希望日など)を記載してお送りください。広報担当より直接お返事いたします。

クックパッド広報部へのお問い合わせフォーム:https://info.cookpad.com/contact/pr


■参考資料

【「みなとみらい線」について】

みなとみらい線は、横浜駅から元町・中華街駅まで横浜を代表するビジネス・商業・観光エリアを結ぶ4.1kmの路線です。2004年の開業時から、横浜駅で東急東横線と、さらに2013年からは東京メトロ副都心線、西武池袋線・有楽町線、東武東上線と相互直通運転を行っています。2019年10月には、開業以来の延べ利用者数が10億人を突破しました。


【生鮮食品EC「クックパッドマート」について】
クックパッドマートは、生産者と生活者をつなげる生鮮食品ECプラットフォームです。地域の生産者が販売する食材を、1品から送料無料でお客様へお届けします。街のコンビニエンスストアやドラッグストア、駅構内、マンションなどに設置された生鮮宅配ボックス「マートステーション」から好きな場所を選んで注文でき、好きな時間に商品を受け取れます。

クックパッドマート公式サイト:https://cookpad-mart.com/


【横浜高速鉄道株式会社について】
横浜高速鉄道株式会社はみなとみらい線の建設及び運行を行う第三セクターとして、横浜市、神奈川県、民間企業等の出資により、1989年に設立された鉄道会社です。

公共交通機関として運行の基本である安全を最優先とし、快適で利便性の高いサービスを提供、また、鉄道事業を通して横浜都心部の活性化や沿線の集客を図るとともに、首都圏の広域的な交通ネットワークの一翼を担っています。

■社名   :横浜高速鉄道株式会社
■本社所在地:横浜市中区元町一丁目11番地
■代表者  :代表取締役社長 鈴木 伸哉
■設立日  :1989年3月29日
■資本金  :507億1千900万円
■主要事業 :鉄道事業
■公式サイト:https://www.mm21railway.co.jp


【クックパッド株式会社について】
クックパッド株式会社は「毎日の料理を楽しみにする」をミッションに掲げる、料理とテクノロジーの会社です。国内で月間約5,900万人が利用し日本を含む世界76カ国・地域、34言語で展開する料理レシピ投稿・検索サービス「クックパッド」、買い物をもっと自由にする生鮮食品EC「クックパッドマート」、健康な心身をつくる幼児向け食育絵本「おりょうりえほん by cookpad」などを運営しています。私たちは料理を通じて、人、社会、地球の豊かな未来を目指します。

■社名    : クックパッド株式会社 
■本社所在地 : 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1 WeWorkオーシャンゲートみなとみらい 7F/9F
■代表者   : 代表執行役:岩田 林平(いわた りんぺい)
■資本金   : 5,286,015千円(2021年3月末)
■設立年月日 : 1997年10月1日
■従業員数  : 530人(2021年3月末 連結ベース)
■主要事業  : 毎日の料理を楽しみにする事業    
■公式サイト :https://info.cookpad.com
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. クックパッド >
  3. クックパッドとみなとみらい線が沿線地域の活性化を目指して連携協定を締結