【CEspace】北九州市・情報戦略テクノロジーとの3者間連携協定を締結

~北九州市のDX推進支援・関係人口・人材育成・企業誘致を促進~

 ウィルグループの自治体・地方企業DXをTech人材コミュニティで支援する株式会社CEspace(本社:東京都港区、代表取締役社長 若泉 大輔、以下「CEspace」)は、2022年7月1日に北九州市(市長 北橋 健治)、株式会社情報戦略テクノロジー(本社:東京都渋谷区、代表取締役 高井 淳、以下「情報戦略テクノロジー」)と、北九州市における首都圏デジタル人材・IT企業と連携したDX推進支援、関係人口づくり、デジタル人材交流、人材育成、企業誘致の促進を目的として連携協定を締結しました。 

 

 
  • 3者間連携の背景
 CEspaceは、2021年9月7日に北九州市と「複業・兼業による企業DX推進、IT人材交流、ワーケーションによる関係人口の創出に向けた連携協定」を締結し、これまで首都圏IT人材を活用した地元企業DX推進、IT人材交流、ワーケーションによる関係人口創出に向けたIT化支援を進めてきました。北九州市の「2021年度の複業・兼業による関係人口づくり事業」の年度目標10件に対しては、市役所及び地元企業の協力を通して7件を創出しました。

 また、IT人材交流のみならず、北九州市のDX推進アドバイザー業務を行うなど多面的な連携が実現したこともあり、「第1回 日経自治体DXアワード(https://digitalforum.nikkei.com/dx/jichitai/)」では北九州市が大賞を受賞しました。

 これまでの首都圏デジタル人材との交流機会創出や関係人口づくりなどの取組みに加え、北九州市内のデジタル人材・IT企業のビジネスチャンス拡大や教育面でも北九州市に貢献したいと考えています。そこで、多くの首都圏IT企業が登録する「WhiteBox」サービスの運営事業者である情報戦略テクノロジーも加え3者で連携いたします。

 

  • 取り組み概要
1.市内のデジタル人材・IT企業のビジネスチャンス拡大に関すること【新設】
情報戦略テクノロジーが展開する「WhiteBox」は、首都圏を中心としたIT企業約1,000社、エンジニア約30,000人が登録するプラットフォームであり、テレワーク可能な案件を中心に、常に開発案件が500件程度集まっています。このプラットフォームを活用し、市内のデジタル人材・IT企業にとっての案件受託機会になるほか、仕事を通したDX関連業務の機会創出を行っていきます。
2.市内のデジタル人材の教育に関すること【新設】
デジタル田園都市国家構想において最も重要とされる「デジタル人材の育成」を、首都圏の企業・個人と連携し、地元企業・教育機関・行政の状態や要望に合わせた伴走型で、教育コンテンツの企画、設計、実施を進めて参ります。
3.首都圏等のIT人材を活用した市内中小企業等のDX支援に関すること
2022年度も「複業・兼業による関係人口づくり事業」業務受託者である株式会社FFGビジネスコンサルティング社と連携し、市内企業の課題解決を図り生産性向上や北九州市の行政業務の課題解決を進めています。
4.市外の複業・兼業人材を活用した関係人口づくりに関すること
CEspaceが運営するITエンジニアなどTECH人材向けコミュニティ型賃貸住宅「テックレジデンス」の入居者には、「複業・兼業による関係人口づくり事業」を通して、金銭報酬だけではなく非金銭報酬として『北九州市 TECHアドバイザー』の名称および名刺を発行し、個人の経験やキャリアにつながる支援を行っています。現在までに4名に対してTECHアドバイザー名刺を発行し、本連携を機に取組みを加速して参ります。
5.ワーケーションなど新しい働き方に対応した住まいやオフィス空間の活用に関すること
北九州市が実施する「おためしサテライトオフィス誘致促進事業」と連携し、ワーケーション企画ほか、北九州市の魅力につながるような九州地域初のテックレジデンス開設に向けた検討を行っていきます。
6.市外のデジタル人材と、市内企業や教育機関等との交流機会の創出に関すること
ワーケーション企画と合わせて、首都圏のデジタル人材やIT企業と市内IT企業や理工系学校との滞在型ハッカソンイベントなどを実施し、新たなプロジェクト組成や、市内企業の採用力向上、学生への多様な働き方のモデルを体感する機会などを創出していきます。
7.その他、企業誘致に関すること
首都圏の企業・個人との接点構築を通して、市内の魅力を伝え企業誘致についても連携を進めて参ります。

 


<株式会社CEspace 会社概要>
CEspaceは、地方企業・自治体DX支援の他、TECH人材向けコミュニティ型賃貸住宅 「TECH RESIDENCE(テックレジデンス)」の企画・運営やワーケーションサービス「TECHRESI BASE(テクレジベース)」の企画・運営を行っています。
 

【 テックレジデンス ~“IT版”トキワ荘~ 】
ITエンジニア、WEBデザイナーなどTECH領域を対象にしたコミュニティ型賃貸(マンション・シェアハウス)。東京5拠点、新潟1拠点を運営。全拠点のメンバーをSlackで連携し、イベント・勉強会の他、提携ワーケーション施設41拠点(2022年5月時点)を宿泊含めて無償で活用し北海道から沖縄まで、場所にとらわれない暮らし方を提供している。また個人の持つスキルや想いを実現するため地方企業・行政DXの支援を複業という形態で紹介し、従来の賃貸住宅にはない価値を生んでいる。

社       名  : 株式会社CEspace
代       表  : 代表取締役社長 若泉 大輔
本       社  : 東京都港区六本木7-8-6 AXALL ROPPONGI 7階
設       立  : 2019年3月(株式会社ウィルグループより分社化)
U   R   L  : https://cespace.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウィルグループ >
  3. 【CEspace】北九州市・情報戦略テクノロジーとの3者間連携協定を締結