楽天トラベル、2018年 シニアに人気の温泉地ランキングを発表

- 佐賀県・嬉野温泉が3年連続1位を獲得 -

旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( https://travel.rakuten.co.jp/ )は、「2018年 シニアに人気の温泉地ランキング」を発表しました。各温泉地の温泉宿で販売している「シニア」のキーワードを含む宿泊プランを対象に、60歳以上による年間の宿泊人泊数(=宿泊人数×泊数)をもとにランキングした結果、佐賀県の嬉野温泉が3年連続で1位を獲得しました。

 

順位 都道府県名 温泉地名
1位 佐賀県 嬉野温泉
2位 神奈川県 湯河原温泉
3位 長野県 蓼科温泉
4位 岐阜県 飛騨高山温泉
5位 岐阜県 下呂温泉


  3年連続1位にランクインした嬉野温泉は、「日本三大美肌の湯」の一つに数えられ、その泉質が愛される温泉地です。嬉野温泉を擁する嬉野市は「観光と公共施設などのユニバーサルデザインを進めるまち ~観光のまちとしてのバリアフリー~」を掲げ、宿のバリアフリー化・ユニバーサルデザイン化を促進しています。多くの宿泊施設がバリアフリー設計を積極的に導入していることがシニア人気の一因として挙げられます。車椅子に対応した電動ベッド付き客室など、シニアが快適に過ごせる設備が充実した宿が揃っています。また近年、嬉野温泉の静かで落ち着いた雰囲気に再度注目が集まり、人気を押し上げています。福岡や長崎からアクセスしやすい立地も魅力の一つです。
 2位の湯河原温泉は、一昨年6位・昨年3位から順位をランクアップし、着実に人気を集めています。都心から車で約2時間でアクセスができ、相模湾と富士山を望む雄大な景観を楽しみながら、静けさの中で温泉を楽しめるロケーションが支持されています。また万葉集に詠まれるなどその歴史も古く、多くの文豪に愛された温泉地としても知られています。有形文化財に登録されている宿もあり、歴史的建造物に滞在しながら、タイムスリップしたかのような気分を味わえるのも人気の一つです。また宿泊施設では、少量で味わえる会席料理や、低層階のお部屋を指定できるプランなどを展開し、シニアのニーズに応えています。
 3位にランクインした蓼科温泉は、過去3年間で初のランクインとなりました。蓼科温泉は、長野県北八ヶ岳の麓にある蓼科高原に位置し、標高2000メートル級の高山に囲まれた自然豊かな温泉地です。新宿駅より電車で約2時間で行けるアクセスの良さと、トレッキングやゴルフ、高山植物鑑賞などシニアに人気の趣味を楽しめる観光地として支持されています。宿が展開する、シニアとの宿泊やシニア夫婦の宿泊を割引するプランも人気を集め、ランクインに貢献しました。また、蓼科の景勝地である「白駒の池」や「御射鹿池」は、近年その美しい景観から観光スポットとして注目を集めており、シニアのハイカーも多く訪れています。蓼科温泉の60歳以上による宿泊人泊数は、前年同期比で+43.2%(約 1.4倍)と好調です。


────────────────────────────────────
2018年 シニアに人気の温泉地ランキング 概要
────────────────────────────────────
集計日: 2018年11月12日(月)
集計方法: 楽天トラベル登録の温泉宿が販売している「シニア」のキーワードを含む宿泊プランについて、以下の宿泊期間における60歳以上の宿泊者の人泊数(=宿泊人数×泊数)を温泉地ごとに集計(温泉宿が2宿に満たない温泉地は除く)。
宿泊期間: 2017年11月1日(水)~ 2018年10月31日(水)

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 楽天株式会社 >
  3. 楽天トラベル、2018年 シニアに人気の温泉地ランキングを発表