ECサイトの特集ページをうまく使って売上最大化へ。WACULが、どのような特集ページがCVR改善に効くのかを調査し、特集ページのより良い活用方法を公開

デジタルマーケティングのPDCAツール「AIアナリスト」を中心としたDX(デジタルトランスフォーメーション)プラットフォームを提供する株式会社WACUL(読み:ワカル、代表取締役CEO:大淵 亮平、以下当社)の社内研究所であるWACUL Technology&Marketing Lab.が、ECサイトにおいてどういった特集ページを、どういった形で活用すると、CVR最大化ができるのかをまとめたレポートを公表しました。


■ECサイトの特集ページを分類し、どういった特集ページがCVRを最大化するのか調査
当調査では、特集ページを経由した場合と商品一覧ページを経由した場合のCVRを、特集ページのパターンごとに比較しました。過去の研究レポートと同じく今回も最も市場規模の大きいアパレル業界を例にとっています。特集ページのパターンは、対象となったアパレルEC16サイトの全特集ページを確認し、図表1の11種類として調査し、CVR最大化に貢献するタイプを調査しました。
 


■特集ページをどう使っているサイトがCVRを高めているか、ベストプラクティスも発表
また、特集ページをどのように活用すると、CVRをより高めることができるのかについても、実際の大手ECサイトを調査し、どういった施策があるのかまとました。


自社のECサイトに関して、どう活用をしていけばよいのか分からない方、またデータを利用したデジタルマーケティングに興味のある方は、当社までお気軽にご連絡ください。


■WACULについて
<会社概要>

会社名    株式会社WACUL(読み:ワカル)
URL    https://wacul.co.jp/
所在地    東京都千代田区神田小川町3-26-8 2F
代表者    代表取締役CEO 大淵 亮平
事業内容    AIによるデジタルマーケティング改善提案ツール「AIアナリスト」企画・開発及び販売
Twitter    https://twitter.com/wacul_jp
Facebook    https://www.facebook.com/wacul.co.jp/

<主要サービス>
・デジタルマーケティングのPDCAを支援するマーケターエンハンスメントツール「AIアナリスト」

データ分析を自動的に行い、改善提案から実行施策の成果測定までマーケティングのPDCAサイクルを支援する、マーケターエンハンスメントツール。マーケターは、データ分析作業や施策管理、施策の効果検証などの煩雑な作業ではなく、本来行うべき戦略的なタスクに集中できる。
 - 申込サイト(無料)はこちら:https://wacul-ai.com/

・CV最大化フォーカスのコンテンツSEO制作サービス「AIアナリスト SEO」

AIがアクセス解析データに基づいて狙うべきキーワードの選定を行い、SEOに強いコンテンツを制作する。

 - サービスご紹介・資料請求はこちら:https://writer.wacul-ai.com/

・低コストな自動広告運用サービス「AIアナリスト AD」

AIアナリストのノウハウを活用してCV獲得に効果的な広告媒体を選定、効率的な広告運用を代行する。

 - お問い合わせはこちら:https://wacul.co.jp/contact/

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WACUL >
  3. ECサイトの特集ページをうまく使って売上最大化へ。WACULが、どのような特集ページがCVR改善に効くのかを調査し、特集ページのより良い活用方法を公開