コロナ禍で見えた社会課題を解決『OPEN SWITCH -考えよう、これからの暮らし。-』書類審査通過者発表

ゲスト審査員 椎木里佳さん、新規事業に大事なのは ”柔軟さ”地方創生や人との繋がりを感じる新しい生活様式に合わせたイノベーションへ期待

株式会社LIFULL(ライフル)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井上高志、東証第一部:2120)は、コロナ禍で見えた社会課題を解決するためのビジネスプランコンテスト『OPEN SWITCH -考えよう、これからの暮らし。-』を実施し、13組の事業案が書類審査を通過しました。LIFULLは通過者に対してメンタリングを行いながら、今後2月開催予定のピッチイベントなどを経て、事業化への支援を行ってまいります。

新型コロナウイルス感染症の拡大から半年以上が経ち、私たちの暮らしは大きく変わりました。新しい価値観が生まれる一方で、高齢者の孤立、オンラインにおける教育格差、都市生活の不安など、さまざまな課題が浮き彫りになってきました。本ビジネスコンテストでは「住まい・暮らし」「地方創生・多拠点居住・まちづくり」「働き方」「高齢化社会」「子育て・教育」をテーマに、「あらゆるLIFEを、FULLに。」するために、コロナ禍で見えてきた社会課題を解決する事業アイデアを募集しました。

また、本ビジネスコンテストのビジョンや想いに賛同いただき、予防医学研究者、博士(医学)の石川 善樹氏、株式会社AMF代表取締役社長 椎木 里佳氏、株式会社クリスタルロードの取締役社長加藤 路瑛氏、前田建設工業株式会社代表取締役社長 前田 操治氏にもゲスト審査員としてご協力いただきました。

■書類審査通過者について
ビジネスプランコンテスト部門(一般向け)
LIFULLと協業で新たな社会価値の創出を目指す事業プランを募集します。 入賞プランにはLIFULLアクセラレーターによるビジネス・エンジニアリング・クリエイティブ領域でのハンズオンサポートと、2021年2月開催予定のOPEN SWICTH vol.4へのピッチ参加権を得られます。

【書類審査通過者】
  1. 寺方良平さん:「不動産・住宅業界特化型事業承継プラットフォーム「Run-Up」」
  2. 平賀良さん:「夜間介護モニタリングサービス「LANCE DESK」」
  3. 森夏紀さん(ぷちでガチ!子連れMBA講座メンバー):「SHARECO(シェアコ)」
  4. 山口沙弥佳さん:「フードトラックを活用したシェフの活躍の場創出と地産地消の豊かな街づくりの実現」

次世代の子会社社長部門(学生向け)
社会課題に関心のある学生を対象としたコースです。入賞プランにはLIFULLアクセラレーター、LIFULL人事による、ビジネス・エンジニアリング・クリエイティブ領域でのハンズオンサポートがあり、その後、選考を通過したプランにはLIFULLの子会社社長として採用、または長期インターンシップなどを予定しております。

【書類審査通過者】
  1. 萩原雅之さん:「monogoto|モノゴト」
  2. 森廣優空さん:「どこでもドアプロジェクト」
  3. 稲江未帆さん:「空き家と人との共生」
  4. 齊藤拓海さん:「CoF place「Coffee and Fashion ~時代を味わう~」」
  5. 井上創太さん:「ふらっと~人と夢をつなぐ家~」
  6. 松田凪都さん:「お墓以外の選択肢~自分史で生を残す~」
  7. ナヤー友里佳さん:「日記シェアSNS OurHour」
  8. 平翔馬さん:「milmil」
  9. 船橋はなさん:「地域コミュニティカフェ「じっか。」」

■ゲスト審査員コメント

椎木 里佳さん
新しい生活様式に合わせたイノベーションが生まれ始めている
新規事業において重要なことは、予測不可能なことにも対応する「柔軟さ」


クリエイティブな案が多く、こんなの欲しかった!というビジネスアイデアがたくさんあってとてもワクワクしました。特に、学生部門の作品は発想が豊かで審査していて楽しかったです。ビジコンは世の中にたくさんありますが、子会社の社長になれるチャンスがあるビジコンに携わるのは初めて。起業する前に壁打ち的な感じでチャレンジできるしとても良い企画に参画させていただけて嬉しかったです。
また、応募の中にはコロナ禍を意識したビジネスアイデアがたくさんありました。地方創生や人との繋がりを感じさせるものが多く、新しい生活様式に合わせたイノベーションがすでに生まれ始めていることに感銘を受けました。

新規事業を開始する際に一番重要なのは、柔軟さだと思います。コロナもそうですが、ビジネスでは予測不可能なことがたくさんあります。ビジネスモデルや形態に固執することなく、柔軟に考えられる人が今後更に活躍できる時代になるのではと感じています。
 

加藤 路瑛さん
コロナ禍だからこそのビジネスチャンスがある
ビジネスアイデアは自分や周りの人々の困りごとや願望に向き合うことで生まれる


コロナ禍で見えてきた社会課題を解決する事業アイデアを募集する今回の企画はとても画期的でした。社会課題は山のようにありますが、コロナ禍だからこそのビジネスチャンスもあります。そのような種を審査員として触れることができて楽しかったです。入賞に限らずエントリーされたアイデアは、LIFULLさん主催のコンテストですので、不動産に関するものが多かったです。しかし、「あらゆるLIFE(暮らし)を、FULLに。」にすることを願うLIFULLさんですので、暮らしの幅をもっと広げたビジネスアイデアの提案があってもよかったのではないかと感じています。

また、僕自身は中学生の起業家として経験不足ですが、新規事業のアイデアは全て自分の困りごとであり、ペルソナも自分です。自分の困りごとを解決することが、結果として他の人の役に立つことで事業拡大できています。コロナ禍においては、オンライン会議や授業が増えたことで困っている人、マスクがつけられなくて困っている人のために自分で何ができるか考えて、それがビジネスアイデアにもつながりました。ビジネスアイデアは、自分や人々の困りごとや願望に向き合う中で見つかると思います。

 
■OPEN SWITCHについて
「OPEN SWITCH」は、LIFULLの社内新規事業提案制度であるアイデアピッチ「SWITCH」の取り組みを拡大し、2019年から外部の様々な人や企業に参画いただくことで、より多くの社会課題を解決するSocial Valueを創り出すためのビジネスプランコンテストです。
書類審査を経て、ピッチ審査会で入賞すると、最高1,000万円の資金提供とLIFULLのアクセラレータによるサポート制度の利用、事業性検証をはじめとする子会社化に向けたサポートが受けられます。今後もLIFULLは「OPEN SWITCH」を通じたオープンイノベーションにより社会課題を解決し、社会価値創造を進めます。
URL:https://lifull.net/openswitch/


■株式会社LIFULLについて (東証第一部:2120、URL:LIFULL.com/)
LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しています。

主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME'S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL介護」、ママの子育てと仕事の両立を支援する「LIFULL FaM」など、 人生・暮らしを豊かにするさまざまな領域に事業拡大しています。

LIFULLグループは、より多くの人が心からの安心と喜びを得られる社会の実現のため「世界一のライフデータベース & ソリューション・カンパニー」 を目指します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社LIFULL >
  3. コロナ禍で見えた社会課題を解決『OPEN SWITCH -考えよう、これからの暮らし。-』書類審査通過者発表