複数クラウドキッチンを併設したデリバリー旗艦拠点を開設

第一期、入居者募集開始!

 日本最大級の出前サービス『出前館』(運営:株式会社出前館、本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:藤井 英雄)は、2020年11月24日(火)に複数のクラウドキッチン*1を併設した『出前館』のシェアリングデリバリー®*2旗艦拠点を東京都江東区大島にオープンいたします。また、第一期入居飲食店の募集を本日9月23日(水)より開始いたします。

 

▲大島新拠点 完成イメージ図 

【左】1階エントランスイメージ:白を基調にした、『出前館』の赤色を活かしたスタイリッシュなデザイン。
【中央】2階クラウドキッチンイメージ:3つの独立したキッチンを用意。設備は最新の調理設備を準備し、デリバリーに加え、テイクアウトサービスも導入予定。
【右】共有スペース/『出前館』配送拠点オフィスイメージ:自動検温システム、勤怠システムなど最新の設備を導入。共有スペースでは打ち合わせや休憩ができるようデスクや椅子を設置。また同フロアには『出前館』の配送コントローラールームを置き、安心・安全に商品をデリバリーするための設備を整えます。
 

 『出前館』では、2018年より実店舗の飲食店に比べて低リスク・低コストで開業可能な"フードデリバリー専門業態"として事業トライアルができるインキュベーションキッチン®プロジェクトを進めています。今年4月には東京・学芸大学にクラウドキッチン併設型のデリバリー拠点に、予約が取れない仙台の有名店「楽・食・健・美―KUROMORI」や“感動のイタリアン”とも称される「ラ・ブリアンツァ」を誘致し、出前に適した商品開発やマーケティングを合同で行い、デリバリー配達の展開をしてまいりました。

 
 昨今の新型コロナウイルス感染症により、デリバリー・テイクアウト需要が拡大する一方、デリバリー市場への新規参入を目指す個人・法人にとって、店舗物件の確保や工事、厨房設備購入、店内サービス従業員の人件費や教育といった多額のコストが発生する実店舗経営は大きなリスクが生じます。そこで『出前館』では、新たに東京都江東区大島に3つのキッチンを備えた調理スペースと、飲食店の配達代行を行うための自転車やバイク、配達員のオペレーション室を兼ね備えたクラウドキッチン併設型デリバリー拠点を11月24日(火)にオープンします。低リスクで事業トライアルができる店舗(厨房スペース)と販路(『出前館』への掲載)、さらに『出前館』に蓄積しているデータを駆使したデリバリーのノウハウを提供し、フードデリバリーとテイクアウトの専門店として店舗開業希望者の立上げをサポートいたします。
 

 デリバリー旗艦拠点のオープンに先立ち、法人・個人問わず、「フードデリバリー」主体の飲食店起業を検討している方を対象に、入居希望飲食店の募集を行います。詳細については、次項インキュベーションキッチン®プロジェクト募集要項をご覧ください。

 
*1:「クラウドキッチン」とは、近年アメリカやアジアなどで急成長している、飲食業における新しいビジネスモデル。クラウドキッチンにはテーブルや椅子がなく、イートインでの接客不要、注文はインターネットで受け付け、注文が入るとシェフが調理をし、配達代行業者によって注文者へ配達されるデリバリーに特化した新しいレストラン。

*2:シェアリングデリバリー®とは、配達機能を持たない飲食店でも、『出前館』が構築した配達代行機能を加盟飲食店舗でシェアすることにより、出前が可能になるサービスです。2017年より開始し、現在、関東・関西を中心に1都1道2府22県にて展開をしています。

 



▶インキュベーションキッチン®プロジェクト 募集要項

【施設】
東京都江東区大島近辺
施設全体:186㎡、3キッチンの内1キッチン部分:約20.4㎡(厨房設備完備)
※施設は、『出前館』が運営するシェアリングデリバリー®の配達拠点及びクラウドキッチンとの同居型

【施設利用料】
月額18万円(税込) 、家賃、厨房設備利用料金、水道・ガス・光熱費込。
デリバリー資材費などは飲食店負担。
敷金は利用料金の2か月分(36万円)。
退出時に現状回帰等、清掃費用と相殺し残金発生時は利用者へ返金。

【利用期間】
第1期 2020年11月24日(火)~2021年5月23日(日)の6ヶ月間。
期間終了後は次期新店舗が入居予定。

【得られる支援】
・日本最大級の出前サービス『出前館』による、マーケティング・運営支援
・デリバリー飲食店運営ノウハウ支援

【対象者】
デリバリー主体の飲食業においてメニュー開発・運営を行い、デリバリー業界に新風を起こしたいと考えている方(法人・個人は問わない)

【入居希望飲食店 募集期間】
2020年9月23日(水)11:00 ~ 2020年10月16日(金)23:59

【審査方法】
下記、リクエストフォームよりご応募いただき、フォーム内の事業計画プランなどから入居者を選定予定。
書類審査通過者の方には、2020年10月上旬に面接審査を行い、入居飲食店を決定します。

【応募先】
入居リクエストフォームに必要事項をご記入いただき、2020年10月16日(金)23:59までにお申し込みください。
入居リクエストフォームリンク先:http://urx3.nu/hxUW

 
 ※上記の内容は予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

  

 『出前館』では更なるデリバリー市場の発展に向け、引き続き飲食店さまの課題解決のサポートに尽力してまいります。


 
【『出前館』とは】
 『出前館』は自宅やオフィスで食事をする際にスマートフォンやPCから料理を注文できる便利な日本最大級の出前サービスです。サイトに訪れるユーザーは、弁当・中華・カレー・ハンバーガー・洋食・和食・エスニック・ピザ・寿司・デザート・酒・ネットスーパーなど、多数のジャンルの出前サービス店舗から、メニューや "現時点でのお届けまでの待ち時間"等の情報を見て、特典付きで注文をすることができ、注文してからお届けまで最短20分を実現しています。( https://demae-can.com/

 

【株式会社出前館 概要】
(コード番号:2484 東京証券取引所JASDAQ 市場)
所在地:(大阪本社)〒541-0056 大阪市中央区久太郎町3-6-8 御堂筋ダイワビル8階
    (東京本社)〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館11階
代表者:代表取締役会長 中村 利江
    代表取締役社長 藤井 英雄
WEBサイト:https://corporate.demae-can.com/
概要:日本最大級の出前サービス『出前館』の運営
資本金:11億1,338万円(2019年8月末現在)
設立年月日:1999年9月9日
 

※本ニュースリリースに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社出前館 >
  3. 複数クラウドキッチンを併設したデリバリー旗艦拠点を開設