アララ、鎌倉市役所と職場コミュニケーション促進の実証実験を実施 ‐ブロックチェーンを用いた「ありがとうコイン」流通サービスで検証‐

アララ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:岩井陽介 以下、アララ)は、鎌倉市役所において、職場コミュニケーションの促進を目的に「ありがとう」の気持ちをデジタルコインで送りあえる個人間コイン流通サービスの実証実験実施について発表いたします。
本サービスは、ブロックチェーン技術を活用することで、個々のやり取りをセキュアに記録し、集計しやすいかたちでのデータ格納を可能にするとともに運用コストの低減も期待できます。

働き方に続き、企業での働きがいに対して注目が高まっています。「働きやすさ」や「やりがい」は、個人のモチベーションアップに大きく関係しており、生産性や業務効率化、クリエイティビティの発揮にも通じます。

しかしながら、業務の中には、評価制度には反映しにくい、業務範疇以外の行動や活動などが多く存在しています。そして、そのような職場の同僚や組織全体に利益をもたらすような「よい行動(※1)」を認め合う職場内コミュニケーションは、可視化が難しく、認知しづらい点が課題とされていました。

※1 本人が利益を得られるとは限らないが、職場の同僚や組織全体に利益をもたらすような行動。社会的な(=社会全体の持続性を高める)価値や、内面的な(=個人の内面にポジティブな効果を及ぼす)価値に分類される。

今回の実証実験は、鎌倉市ですでに実施されていた物理カードを用いた職場内コミュニケーション活性の取り組みをスマホやPCに置き換えての利用を検証したものです。ブロックチェーンの技術を活用し「ありがとう」という感謝の気持ちをデジタルの「コイン」で送り合う仕組みを作ることで、以下の効果を見込んでいます。

<期待効果>
・紙カードでの運用と異なり、デジタルを活用することで管理者側で活用状況を把握する
・コミュニケーションの導線を可視化し、さらなる活性施策の検討材料につなげる
・システムの開発・運用費を従来のシステムより低コストで実現できる

■実施概要
実施期間:2020年2月3日(月)~3月31日(火)
実施場所:鎌倉市
対象者   :鎌倉市役所職員 120名
実施主体:アララ株式会社
内容      :ウェブアプリケーションを使った鎌倉市職員間におけるコインの流通

アララでは、実証実験終了後、データ分析と解析を進め、社内コミュニケーションの活性化をはじめ、インセンティブとしての利用など、さらなるサービスの改善に取り組んでまいります。

<アララ株式会社 会社概要>
会 社 名:アララ株式会社(arara inc.)
U R L:https://www.arara.com/
所 在 地:〒107-0062 東京都港区南青山2-24-15 青山タワービル別館
設   立:2006年8月16日
資 本 金:331,500,000円
代表取締役社長:岩井 陽介
事業内容  :
【キャッシュレスサービス事業】
電子マネー管理、ポイント管理、会員管理、メール配信等を含む統合型販促パッケージ「point+plus」、及びスマートフォン向けアプリ「クルクル-QR コードリーダー」及びQRコード作成サイト「クルクル マネージャー」の開発・提供
【メッセージングサービス事業】
高速メール配信サービス「araraメッセージングソリューション」の開発・提供
【データセキュリティサービス事業】
個人情報検出・管理ソリューション「P-Pointer File Security」の開発・提供
【その他事業】
・ARサービス:Instagram及びFacebookで使用可能なARカメラエフェクト、ARプラットフォームアプリ「ARAPPLI」、ARサイネージ「ARAPPLI SIGNAGE」、及びAR施策に関わる企画・開発・提供

※記載されている会社名及び商品名/サービス名は、当社の商標または登録商標です。
※プレスリリースに掲載されている内容、サービス/製品の価格、仕様、お問い合わせ先、その他の情報は、発表時点の情報です。その後予告なしに変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アララ >
  3. アララ、鎌倉市役所と職場コミュニケーション促進の実証実験を実施 ‐ブロックチェーンを用いた「ありがとうコイン」流通サービスで検証‐