サーモン料理を軸とした専門店を上海に出店

「サーモン伝説和民」で中国外食活性化狙う

ワタミ株式会社(東京都大田区)のグループ企業で、中国・上海で外食事業を展開している和民餐飲管理(上海)有限公司は12月5日、中国・上海市内に新業態「サーモン伝説和民」大宁国际店をオープンします。寿司・刺身の利用で人気の高いサーモンを使用しながら、「新しいサーモンの価値を発信する」ことをテーマに開発したサーモン料理専門店です。専門性の高い新業態を開発することで中国の外食事業活性化をめざします。


「新たなサーモンの価値を発信」する専門店、多様な食べ方を提案
「サーモン伝説和民」はサーモンを軸とした日本食料理店です。海外では「和民」で幅広いラインアップの日本食を提案してきましたが、専門性を高めた業態の開発で新たな需要の喚起をめざしています。
メニューは、サーモンを大胆に輪切りにして断面をそのままで刺身として楽しむ「サーモン断面刺身」、サーモンを低温調理で下処理をし独特の食感を引き出した「極上とろ旨サーモン刺身ステーキ」、レア状態のサーモンをカツレツにした「レアサーモンカツ」、しゃぶしゃぶで楽しむ「サーモン薄造り&しゃぶしゃぶ」など、サーモンのさまざまな食べ方を提案します。メインの味付けには旨み凝縮のオリジナル鮭出汁醤油を用いています。
内装は、漁師が泊まり込んで作業をする番屋をイメージしました。店内には、ブイ、集魚灯、網、樽、トロ箱などを飾り漁場の臨場感を演出しています。

「サーモン伝説和民」の主なメニュー

 

 

 

 

 

 

 

「極上とろ旨サーモン刺身ステーキ」「極上とろ旨サーモン刺身ステーキ」

 

「レアサーモンカツ」「レアサーモンカツ」


ワタミの海外での事業展開
ワタミは2001年11月、香港に「和民」を出店して海外外食事業の展開を始めました。2005年1月には中国本土1号店となる「和民」を深圳市に出店しています。上海市には、2007年4月から店舗展開を進めています。現在、中国本土で上海市と深圳市に合計9店舗、海外全体で8地域49店舗を展開しています。

◆「サーモン伝説和民」の店舗概要
【 店 名 】「サーモン伝説和民」大宁国际店
【 住 所 】上海市静安区共和新路1918号大宁国际商业广场6座3楼
【 電 話 】021-6107-5390(上海)
【 席 数 】108席 
【営業時間】11時〜22時

和民餐飲管理(上海)有限公司
【所 在 地】上海市黄浦区普安路187-189号曙光大厦18楼B座
【代表者名】代表取締役 吉田光宏
【設  立】2011年8月
【事業内容】上海市における外食事業

■ワタミ株式会社
【所 在 地】東京都大田区羽田1-1-3
【代表者名】代表取締役会長兼グループCEO 渡邉美樹
【設  立】1986年5月
【事業内容】国内外食事業、海外外食事業、宅食事業、農業、環境事業
【ホームページURL】http://www.watami.co.jp
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ワタミ株式会社 >
  3. サーモン料理を軸とした専門店を上海に出店