<25万社超の月次決算データを基にした統計資料>本日より「TKC月次指標(月次BAST)」の提供を開始!

-地域経済の直近の動向を、規模別・業種別に確認できます-

株式会社TKC(本社:栃木県宇都宮市/代表取締役社長:飯塚真規)は本日5月6日より、「TKC月次指標(月次BAST)」(発行人:TKC全国会)のサービスを提供開始しました。これは、TKC会員(税理士・公認会計士)による月次巡回監査を経た25万社超の「月次決算データ」を基にしており、他に例を見ない統計資料です。
(BAST:Business Analyses & Statistics by TKC)
TKCグループホームページからユーザ登録いただければ、どなたでも無料でご利用いただけます。(ただし、同業他社のご利用はお断りする場合がございます)
中小企業支援施策を検討される金融機関や行政機関、中小企業の動向を分析される経済学者や経済ジャーナリストなど、多くの方々に月次BASTをご利用いただきたいと考えております。

●月次BASTのご利用(ユーザ登録)はこちらから
 https://www.tkc.jp/tkcnf/bast/monthly/
 

■月次BASTでは、以下の経営指標を全国・都道府県別・年商規模別・業種別に確認することが可能です。
①売上高(月別推移)、②売上高(前期比)、③売上総利益率、④限界利益率、⑤人件費(月別推移)、
⑥営業利益、⑦税引前当期純利益、⑧現預金(月別推移)、⑨借入金(月別推移)、⑩借入金対月商倍率、
⑪労働分配率、⑫自己資本比率

※1 月次巡回監査
TKC会員事務所は、毎月関与先企業を訪問し、TKC全国会が開発した『巡回監査報告書』(チェックリスト)に定める監査手続きに従って月次巡回監査を実施します。これにより、会計帳簿の証拠力を担保します。

 

 

 

<ご参考>

●TKC全国会とは(https://www.tkc.jp/tkcnf/
TKC全国会(会長:坂本孝司)は、税理士・公認会計士1万1,400名(2020年9月末現在)で組織される、わが国最大級の職業会計人集団です。TKC全国会では中小企業の適正申告と経営改善の実現を支援するため、①顧問先の月次決算を迅速・適正に支援するための月次巡回監査の実践、②中小企業の経営改善と経営承継の支援、③税務申告時における税理士法第33条の2に基づく書面添付④国税と地方税の電子申告の実践――などへ積極的に取り組んでいます。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. TKC >
  3. <25万社超の月次決算データを基にした統計資料>本日より「TKC月次指標(月次BAST)」の提供を開始!