エース株式会社、自動車のバンパーをスーツケースで再利用する取り組みを開始

サステナビリティに貢献する取り組み

 エース株式会社(代表取締役社長: 森下宏明、本社: 東京都渋谷区 以下エース) は、サステナビリティに貢献する取り組みとして、日本製トラベルバッグブランド「PROTECA (プロテカ)」より自動車のバンパーをスーツケースで再利用する取り組みを開始したことを発表します。
■経緯
エースは恒常的なスーツケースのリサイクル活動や、スーツケースの外装部(シェル) の端材を再生しスーツケースへ再利用するなど、資源の有効利用促進および資源循環型社会の構築に向けた取り組みを継続してきました。今回、資源の有効活用を発展させる取り組みとして、エースはクルマのライフサイクルをとおして環境負荷低減に取り組んでいるマツダ株式会社(本社: 広島県安芸郡府中町) と自動車のバンパーを再利用した、外装部が100%リサイクル素材のスーツケースの技術開発を開始。

■バンパーを再利用したスーツケース
使用済み自動車のバンパー をリサイクルする技術により再生された素材(ポリプロピレン樹脂) をスーツケース外装部に採用。また内装の仕切りや付属のインナーケースには、素材メーカーより出た端材を再び糸にし、リサイクルした再生ポリエステル素材を採用するほか、夜間使用時の安全をサポートする為、走行時の振動で発電し発光する環境負荷の少ないLEDライトを搭載します。今回のバンパーを再利用したスーツケースは、外装部の成形から組み立てまで一貫してエースラゲージ赤平工場(北海道赤平市) で製造します。

■商品情報
商品名: プロテカ マックスパスRI
サイズ展開: 1サイズ(H50×W40×D25cm)
カラー: 1色(ブラック)
素材: リサイクル・ポリプロピレン

エースは、限りある資源を有効活用する循環型社会の構築に向けた取り組みを継続します。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. エース株式会社 >
  3. エース株式会社、自動車のバンパーをスーツケースで再利用する取り組みを開始