ついに警察と「うんこ」がコラボ!?うんこのキャラと例文で、小学生が楽しみながら防犯を学べる「うんこ防犯ドリル」爆誕。

累計890万部を突破、小学校低学年の児童をメインに圧倒的な認知を誇る「うんこドリル」と、子どもの防犯対策に力を入れている千葉県警察による初のコラボ。千葉県内のおよそ800の小学校に配布されます。

株式会社文響社(所在地:東京都港区、代表取締役:山本周嗣)は、千葉県警察(千葉県千葉市)とコラボレーションし、千葉県内の小学生低学年の子どもたちに、犯罪に遭わないための行動のしかたが学べるクイズ形式の冊子「うんこ防犯ドリル」を10月4日より配布いたします。

「うんこ防犯ドリル」は、累計890万部を突破し小学校低学年の児童をメインに圧倒的な認知を誇る「うんこドリル」と、防犯対策に力を入れている千葉県警察による初のコラボレーションとなるドリル。

ドリルはうんこ先生が、一人でお出かけするうんこねこを見送る場面からはじまります。

「うんこ防犯ドリル」の問題は全5問。どれも犯罪に巻き込もうと言葉巧みにうんこねこを誘おうとする場面や、防犯上リスクになりえる場面の描写となっており、そのときに取るべき正しい行動について、二択から選んで回答する形式となっています。

例題は、最近増えているオンラインゲームで知り合った子どもを対象にしたものなど、実際によくある犯罪の巻き込まれ方をパターン化したリアルなものでありながら、「うんこドリル」らしい可愛く親しみやすいイラストや(うんこタウンの住人なので、犯人さえもうんこのキャラクターとなっています)、「うんこ」というワードを使ったユーモアあふれる設問で、堅いものという意識を持たれがちな防犯対策について、子どもの興味を強く惹きつけます。

ページをめくるとうんこ先生による防犯の教えが。言葉巧みな誘いに乗って犯罪に巻き込まれないために大切な考え方を、クイズに回答し、答えを読むことで楽しみながら学べるしくみとなっています。

子どもが犯罪に巻き込まれないためには「ハッキリと断る」ことがとても大切です。クイズの後には、千葉県警察が制作した子どもの防犯のための「ちばっこ いやです・だめです・いきません」という合言葉や、はっきりと断ることの大切さが学べる子どもの安全対策動画のQRコードも掲載。

巻末には、防犯の基本について学習がおわったお​子さま向けに与えられる、うんこ先生による修了証明書も用意いたしました。

子どもを言葉巧みに誘う犯罪が増えるなか、子どもが気張らずに楽しみながら防犯に対する危機意識を高められる、千葉県警察との初のコラボレーションとなる「うんこ防犯ドリル」。

私たちはこれからも、子どもたちが健康で豊かな人生を送ることができるよう「生きていく上で大切な学び」を伝える事業を展開してまいります。

  <参考URL>
うんこ学園(笑いながら学べる教育プラットフォーム)
https://unkogakuen.com/
株式会社文響社
https://bunkyosha.com/
千葉県警察
https://www.police.pref.chiba.jp/
子供の安全対策動画 ちばっこ「いやです、だめです、いきません」【千葉県警察公式チャンネル】
https://www.youtube.com/watch?v=BIlgaH3Mjns






 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 文響社 >
  3. ついに警察と「うんこ」がコラボ!?うんこのキャラと例文で、小学生が楽しみながら防犯を学べる「うんこ防犯ドリル」爆誕。