[予測-2020-2027年]世界の大豆タンパク質繊維市場-最終用途産業別(複合材、繊維、工業、その他)、タイプ別(ガラス、セラミック)によるサイズ調査、および地域別

Kenneth Researchは、2020-2027年の期間の世界の大豆タンパク質繊維市場の成長に必要な統計的および分析的アプローチに基づいてレポートを2020年8月10日に発刊しました。レポートで提供される主要な産業洞察は、市場の既存のシナリオに関して読者に市場の概要についてのより良いアイデアを提供します。さらに、レポートには、市場の成長に関連する現在および将来の市場動向に関する詳細な議論が含まれています。
[調査レポートの詳細内容について]
https://www.kennethresearch.com/report-details/global-soybean-protein-fiber-market/10326743
大豆タンパク質繊維(SPF)は、再生された大豆タンパク質Glycine Maxの主成分として、合成ポリマー(ポリビニルアルコール)と組み合わせて製造されます。SPFの繊維製品は、繊維製品のラベル付け(FTC、2010)に従って、大豆アズロンとしてラベル付けできます。大豆タンパク質繊維は、ユニークなアクティブファイバーです。その16アミノ酸は人々の肌に健康的で栄養があります。その湿気は、吸収、換気、ドレープ、熱に役立ち、天然繊維と合成繊維の優れた性能をカバーします。SPFはカシミヤのような柔らかさと滑らかさを備えていますが、環境に害を及ぼすことはありません。天然資源の採用を増やすことは、市場を牽引する要因です。

カニトカーによれば、世界の繊維生産は毎年増加しており、2010年には世界中で7,800万トンの繊維が生産されました。これには、約100万トンのウールと15万トンの絹も含まれます。大豆タンパク質繊維は、天然繊維の優位性だけでなく、合成繊維の物理的特性も備えています。大豆タンパク質繊維は、快適で美しい装着感を求める人々の要望に応え、お手入れのしやすさにも対応しています。上海によると、年間約1,500トンの繊維が上海Winshow大豆繊維工業株式会社によってWinshowのブランド名で年間生産されています。中国の四つの省は、SPFを生産するために六つの製造拠点を設立しています。クリーンな環境にやさしい生産プロセスは、この市場における機会要因です。


世界の大豆タンパク質繊維市場は2020―2027年の予測期間中に大幅なCAGRを登録すると予測されます。世界の大豆タンパク質繊維市場は最終用途産業別(複合材、繊維、工業、その他)、タイプ別(ガラス、セラミック)によって分割されます。また、各セグメントのY-o-Y成長率、BPS分析、および市場の魅力とともに、値および量別によって市場規模の詳細な予測も含まれます。

このレポートは、2020-2027年の予測期間中に市場の成長を促進すると予測されるいくつかの要因とともに、成長ドライバー、市場機会、課題、脅威などの市場ダイナミクスを強調しています。さらに、このレポートは、SWOT分析、PORTERの五つの力の分析、PESTEL分析など、いくつかの分析ツールを利用して予測評価を提供します。

 世界の大豆タンパク質繊維市場はさらに、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋地域、中東、アフリカ地域によって分割されます。中国は、世界中で工業化大豆タンパク質繊維の生産をリードしています。世界市場の46%を占めるアメリカは、大豆生産における世界のリーダーになりました。他の生産高の大豆国は、ブラジル(20%)、アルゼンチン(14%)、中国(9%)です。
 


世界の大豆タンパク質繊維市場は地域に基づいてさらに区分されます。
  • 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  • ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
 
[世界の大豆タンパク質繊維市場における業界のリーダー]
このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の世界の大豆タンパク質繊維市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。世界の大豆タンパク質繊維市場における業界のリーダーはRuchi Soya industries Ltd.,、Dupont Danisc、Nutra food ingredients、Healthy food ingredients、FOODCHEM international corporation、Pacific Soyabean and grain、Euroduna Food Ingredients GmbH、Archer Daniels Midland、Shandong Yuxin Bio-Tech Co. Ltd.、NOW FOODS.などです。

レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10326743

Kenneth Research会社概要
Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. [予測-2020-2027年]世界の大豆タンパク質繊維市場-最終用途産業別(複合材、繊維、工業、その他)、タイプ別(ガラス、セラミック)によるサイズ調査、および地域別