山梨県を徹底調査!じっくり地元を見つめなおそう!!発行累計100万部突破の地域批評シリーズから新刊『これでいいのか山梨県』が発売!

陸の孤島が生んだ山梨の特殊社会

・“地元のことを改めて知る、もっと知ろう”がコンセプトの地域批評シリーズ!
・山梨県在住のみならず、山梨県出身や近隣にお住まいのみなさまも必見
マイクロマガジン社(東京都中央区)は、全国各地で好評いただいている地域批評シリーズの新刊として、書籍『地域批評シリーズ49 これでいいのか山梨県』を8月7日に発売いたします。

地域批評シリーズ49 これでいいのか山梨県

https://micromagazine.net/books/12134/
編者:鈴木士郎
ISBN:9784867160411
文庫 / 書籍 /320ページ
定価:980円(税抜)
発売日:2020年8月7日

この一冊で山梨県の全てがわかる!

歴史、県民性、山梨県の各地を徹底取材&データ検証!
そこで新たにわかった山梨県と山梨県民の姿とは!?

山梨県には複雑な個性がある。
交通の要衝でありながら、山に囲まれた閉鎖空間という、相反する面を持ち合わせている。

そんな山梨県の複雑さは歴史にもあらわれている。
平安時代から活躍する武田氏や、江戸時代から経済界を牛耳ってきた甲州財閥内紛が絶えないかと思いきや、一度チャンスとみるや一致団結する。
現代の山梨県でもその強い団結力は発揮され、助け合いの無尽は今も山梨の社会に定着しているし、富士山の世界文化遺産登録も成し遂げた。

一方で問題も多い。県都・甲府を筆頭に山梨の中心だった国中地方には衰退の波が、観光に依存する郡内地方には、観光公害とアップダウンの激しさが大きな問題を呼んでいる。

山梨県に一体何が起きているのか?山梨県の真実と県民の実態に迫る!

  • 地域批評シリーズとは
2007年創刊の「東京都足立区」からスタートし、通巻100号、発行累計100万部を超えた超ロングランシリーズ。
各地域のイメージとして貼られたレッテルを、統計データや現地取材など、さまざまなアプローチを用いて検証し、地域の真実の姿や本当の魅力を明らかにする「面白くてためになる」地域分析本です!
地域の美味しいお店や遊べるスポットを紹介する〈地域ガイド〉とは一線を画す【今までに無いご当地本】として北は北海道から南は鹿児島まで計148タイトルを好評発売中!


地域批評シリーズ

http://micromagazine.net/topics/chiiki-hihyo/
地域批評シリーズを手掛ける第一編集部Twitter
https://twitter.com/MMdai1hennsyubu 
地域批評シリーズの書籍から東京都内の注目記事を集めた『これでいいのか地域批評シリーズ 電子版 チイキマニアクス』Amazon kindle版を無料公開中!
https://amazon.co.jp/dp/B08BR9KTW7/

【内容・販売に関するお問い合わせ先】
(マイクロマガジン社 販売営業部)
hanbai-bceigyou@microgroup.co.jp
【取材・その他に関するお問い合わせ先】
(マイクロハウス 広報)
release_mg@microgroup.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マイクロマガジン社 >
  3. 山梨県を徹底調査!じっくり地元を見つめなおそう!!発行累計100万部突破の地域批評シリーズから新刊『これでいいのか山梨県』が発売!