【6月18日は持続可能な食文化の日】日本の伝統的な食文化を守るため、ハガクレフードの保育園給食で提供する郷土料理レシピを公開

6月18日は、国際連合が定める「持続可能な食文化の日」。ハガクレフード株式会社(本社:東京都港区、社長執行役員:平野 正志)では、日本の伝統的な食文化を守るため、保育園給食で郷土料理を提供しています。
「持続可能な食文化の日」は、2016年に国連によって「国際デー」として制定された記念日です。世界中の人々に向けて食料生産の維持と食文化の継承への意識を高めるという目的で定められました。これは、世界各国に存在する固有の食文化を守り、継承していくことを含んでいます。

ハガクレフードでは、日本の伝統的な食文化を守るため、保育園給食で日本全国の郷土料理を提供しています。今回、実際に保育園給食で提供した長野県の郷土料理「おやき」のレシピを公開。合わせて中部地方の郷土料理「五平餅」や、石川県の郷土料理「めった汁」、奈良県の郷土料理「なら茶めし」をご紹介します。
 
  • 長野県の郷土料理「おやき」のレシピを公開
長野県の郷土料理「おやき」は、小麦や雑穀、そば、米などの粉を水で溶いて練った生地に、野菜などの調理した具材を包んだおまんじゅうのようなものを言います。その歴史は古く、なんと縄文時代にはおやきの原型と思われる加工食品が作られていたそうです。

 

  • 保育園で全国の郷土料理を提供

 

ほかにも保育園では中部地方の郷土料理「五平餅」や、石川県の郷土料理「めった汁」、奈良県の郷土料理「なら茶めし」を提供しました。郷土料理を提供する際には、子どもたちが楽しく学べるよう、郷土料理について説明したチラシも掲示しています。

■中部地方の郷土料理「五平餅」
「五平餅」は中部地方の山間部発祥の郷土料理で、炊き立てのうるち米を潰して餅のような状態にしたものを平たくして串に刺し、味噌ダレをつけて焼いて食べます。米が貴重だった江戸時代に、祭りなどのハレの場で食べられていたそうです。

 

 

■石川県の郷土料理「めった汁」


「めった汁」とは、さつまいもや大根、人参などの根菜類を使った具だくさんの豚汁です。普通の豚汁と違い、じゃがいもではなくさつまいもを使うのが特徴です。名前の由来は「やたらめったら具を入れる」など、諸説あります。






■奈良県の郷土料理「なら茶めし」


「奈良茶飯」は、米と炒った大豆をお茶で炊いた奈良県の郷土料理です。1200年以上前から東大寺の僧侶の食事として食べられており、江戸時代に庶民に広まったと言われています。十返舎一九の「東海道中膝栗毛」にも登場しています。




 

 

給食室の窓の一部に食育コーナーを設け、郷土料理を紹介しました給食室の窓の一部に食育コーナーを設け、郷土料理を紹介しました


ハガクレフードが保育園で提供している給食や、食育の活動についてはInstagramに掲載しております。ぜひ下記のリンクよりご覧ください。
(ハガクレフードInstagram)https://www.instagram.com/hagakurefood/




■参考サイト
https://hugkum.sho.jp/242893
https://www.go-nagano.net/theme/id=17924
https://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/k_ryouri/index.html
 
  • ハガクレフード株式会社について 
ハガクレフード株式会社は、病院・高齢者福祉施設や保育園・こども園、社員食堂等へ給食の提供を行っております。 
「大切な人のために作る愛情いっぱいの料理とサービス」という創業理念のもと、お客様のニーズに合わせた味の調整や、ご利用者様に合わせた個別の食形態など、柔軟な対応を目指しております。お食事を通して、あらゆるシーンで感動と笑顔を生み出していけるよう邁進いたします。 
 
  • SDGsの取り組み 
ソシオークグループは「社会と共生する樹でありたい」を合言葉に、CSVの推進を重要な経営課題と位置づけ、新たな社会的価値創造に挑戦する企業グループとしていきいきとした未来に向けて貢献してまいります。 
グループを取り巻く社会課題から「雇用」「地域・社会」「環境」をSDGsの重点課題として選定しました。 
ハガクレフードでは「2.飢餓をゼロに」「3.すべての人に健康と福祉を」「7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに」「8.働きがいも経済成長も」「12.つくる責任 つかう責任」「14.海の豊かさを守ろう」を重点課題として捉え、取り組んでおります。 
【主な取り組み】 
2. こども食堂の開催 
3. 健康になるための治療食の提供 
7. 集中購買によるエネルギー効率の改善/節水・節電等省エネの工夫 
8. 安心・安全な食事の提供による、受託事業所増による雇用機会の増大が社会経済の発展につながる 
12.環境に配慮した運営/可食部と廃棄部の周知と教育/残菜を活用したこども食堂の開催 
14. COC認証取得/トレーサビリティ活動の実施 
 
  • 『現場力』向上の取り組み 
ソシオークグループは、現場の従業員が自ら課題や改善点を見つけ、知恵と工夫によりチームで改善を重ねていく『現場力』の取り組みを推進しております。2014年から開始し、現場の中にある課題と改善点の取り組みをまとめた報告書の提出枚数は、2020年4月時点で年間約3,000件にも上ります。この取り組みは自ら考え、自ら実践するナレッジワーカーとしての誇りの醸成や、個人の持続的成長につながるとともに、年に2回、特に素晴らしい取り組みを表彰することで、各現場の意欲向上や組織の活性化にもつながっております。 
 
  • ハガクレフード株式会社
~てしおにかけた究食を~ 
社長執行役員:平野 正志 
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町東10F 
設立:2018年4月
事業内容:病院・福祉施設・保育園の給食業務 
社員食堂・寮・保健所・各種レストラン・研修センターの運営管理 
URL:https://www.hagakurefs.com/ 
 
  • ソシオークホールディングス株式会社
~社会と共生する樹でありたい~
代表者:大隈 太嘉志
所在地:〒108-0014 東京都港区芝4-13-3PMO田町東10F
設立:2013年10月
事業内容:フードサービス・子育て支援サービス・自動車運行管理サービス・パブリック事業を営む事業会社を擁する持株会社
グループ会社:葉隠勇進株式会社/ハガクレフード株式会社/株式会社明日葉/株式会社あしたばマインド/株式会社みつばコミュニティ/株式会社てしお夢ふぁーむ/株式会社リーフサポート
URL:https://www.socioak.com
 
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ソシオークホールディングス株式会社 >
  3. 【6月18日は持続可能な食文化の日】日本の伝統的な食文化を守るため、ハガクレフードの保育園給食で提供する郷土料理レシピを公開