日本銀行における気候変動対応を支援するための資金供給オペレーションの対象先への選定について

ほくほくフィナンシャルグループの北陸銀行(代表取締役頭取 庵 栄伸)および北海道銀行(代表取締役頭取 兼間 祐二)は、日本銀行の「気候変動対応を支援するための資金供給オペレーション」(以下「気候変動対応オペ」)の貸付対象先に選定されました。対象先への選定を受け、気候変動対応オペにかかる北陸銀行および北海道銀行両行の対象投融資について開示しております(注1)。
当社グループは、2021 年10 月にサステナブル関連投融資・環境関連投融資の長期目標(注2)を設定し、地域のお客さまの脱炭素化をはじめとするサステナビリティへの取り組みに対する支援を進めています。今後も、グループ一体となり、「ほくほくフィナンシャルグループ環境方針」のもと、お客さまへの積極的な支援を通じて、地域全体の持続可能な環境・社会の実現に貢献してまいります。

(注1)気候変動対応オペにかかる投融資に関する開示内容は、以下のリンクをご参照ください。
北陸銀行: https://www.hokugin.co.jp/guideline/financial_transaction/climate_change.html
北海道銀行: https://www.hokkaidobank.co.jp/company/csr/pdf/funding_operations.pdf
(注2)サステナブル関連投融資・環境関連投融資目標
2021 年度~2030 年度まで 実行累計1.5 兆円(うち環境関連投融資7,000 億円)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社北陸銀行 >
  3. 日本銀行における気候変動対応を支援するための資金供給オペレーションの対象先への選定について