【〈株式会社船清∞八芳園〉新たな共創プロジェクト】品川エリアの水辺観光振興を目指す、屋形船クルーズでの‟地産地消クルーズディナー”を共創

3月23日(水)開催、モニターツアー「しながわ de 屋形船サステナブルクルーズ(主催:一般社団法人しながわ観光協会)」にて地産地消クルーズディナーをご提供いたします。

総合プロデュース企業 株式会社八芳園(取締役社長:井上義則、東京都港区白金台1‐1‐1、以下「八芳園」)は、品川区水辺観光振興を目指し、株式会社船清(代表取締役:伊東堅、東京都品川区北品川 1-16-8、以下「船清」)との共創による地産地消クルーズディナーを開発いたしました。3月23日(水)に実施するモニターツアー「しながわ de 屋形船サステナブルクルーズ(主催:一般社団法人しながわ観光協会)」にて提供し、屋形船クルーズと品川の歴史を盛り込んだ、和と洋が融合した地産地消ディナーを通して、東京都品川区の新たな共創価値を創造・発信してまいります。

  • 共創の経緯 ― 品川の歴史と伝統・文化の持続可能性を守り、新たな共創価値を創造する

2020年より続く新型コロナウイルス感染拡大の影響により、観光や会食、人と人との交流への制限がいまだ続く現在。東京都を代表する観光名所のひとつである東京湾の屋形船クルーズも、情勢による激しい影響により、その文化と伝統の継続が危ぶまれる状況が続いておりました。


そのような状況を受け、3月23日(水)にモニターツアーとして実施される「しながわ de 屋形船サステナブルクルーズ(主催:一般社団法人しながわ観光協会)」において、創業より東京都品川エリアの舟稼業を続ける「株式会社船清(以下「船清」)」とともに、和と洋を融合させた品川の地産地消クルーズディナーを共創する運びとなりました。

これまでも八芳園と船清は、東京都及び公益財団法人東京観光財団より指定を受けた9つの東京ビジネスイベンツ先進エリアのひとつである「DMO GATEWAY 新品川(※1)」として、ビジネス利用の訪日客向けに新品川エリア(品川・田町・芝・高輪・白金・港南)でのイベントや宿泊施設への誘致・紹介を行ってまいりました。

この度の共創により、船清が守り続ける屋形船文化と、八芳園とともに開発した地産地消の食材を使用したクルーズディナーを通して、品川の水辺観光振興を目指す新たな共創価値を創造・発信してまいります。

 
  • 2022年3月23日(水)、開発した地産地消クルーズディナーを味わうモニターツアーを実施

※写真はイメージです※写真はイメージです

2022年3月23日(水)に実施する「しながわ de 屋形船サステナブルクルーズ」は、一般社団法人しながわ観光協会主催のもと、品川区水辺観光振興とサステナブルリカバリーの実現のため、モニターツアーとして開催されます。屋形船クルーズと品川の歴史を盛り込んだ、和と洋が融合した地産地消クルーズディナーが味わえる今回限定の特別企画です。

本イベントにて、船清と八芳園の共創により提供されるクルーズディナーは、品川の地産地消の食材を使用し、和と洋を融合させて品川らしくアレンジしたクルーズディナー。これまでの屋形船の伝統や文化を活かした和食会席を船清が、新たな要素として洋食のメニュー開発を八芳園が担当いたしました。

さらに、サステナブルリカバリーを目指すというイベントの目的のもと、地産地消の食材による歴史や文化の伝承をはじめ、食材を無駄のないよう余すことなく使用した、社会・未来へ貢献するサスティナビリティ体験をご提供。従来の屋形船文化を大切に継承しながらも、時代とともに移り変わっていく品川の魅力を活かした、新たな屋形船料理をお届けいたします。

 
  • モニターツアー「しながわ de 屋形船サステナブルクルーズ」概要
■開催日時 : 2022年3月23日(水)17時30分出船~20時00分帰着予定(集合17:15)
■開催場所 : 品川船清 お台場スカイツリー周遊コース(品川→お台場→隅田川→永代橋→レインボーブリッジ→品川)
■集合場所 : 品川浦 船清(JR品川駅から徒歩約10分~15分)
■料金 : 無料
■対象 : 自治体関係者、しながわ観光協会会員、水辺観光関係者、メディア関係者等
■定員 : 34名
※イベントは天候等、都合により変更・中止になる場合がございます。

■取材等のお問い合わせ
しながわ観光協会事務局 担当:大嶋 様
TEL:03-5743-7642 / FAX:03-5743-7643    
受付時間:月~金    9時30分~17時00分(日・祝休業)

■詳細
イベントの詳細はしながわ観光協会WEBサイトをご覧ください。
https://shinagawa-kanko.or.jp/news/34244/
主催:⼀般社団法⼈ しながわ観光協会
協⼒:株式会社船清・株式会社⼋芳園・一般社団法人天王洲・キャナルサイド活性化協会


 
  • 八芳園が取り組む「共創プロジェクト」とは ― 共創プロジェクトパートナーを募集
八芳園が取り組む「共創プロジェクト」は、多彩な企業活動を通して、企業、自治体、個人の皆様など、業界や地域の枠を超えた多様なパートナーの皆様と連携・協働し、既存価値の提供から、まだ見ぬ新たな価値の共創に向けて取り組むプロジェクトです。
業界や地域の枠を超え、本プロジェクトに参画いただいた皆様とともに、長期的視点、長期的思考を持って、お互いの経営資源(リソース)を組み合わせた新たな共創価値を生み出すことを目指しています。

【共創プロジェクトパートナーを募集】
本プロジェクトでは、同じ志を持ち、それぞれが持つ知識やノウハウ、ネットワークを最大限に活かしたソリューションをともに生み出していくことができる、共創プロジェクトパートナーを募集いたします。
"共創"のパートナーシップで、誰もが喜びの世界で生きる未来をともに実現していきましょう。

▶共創プロジェクトパートナー募集に関して:https://happo-en.com/slogan/

 
  • 株式会社船清について

設立1949年、東京都品川にて江戸前の海を舞台に舟稼業を続け、今では日本各地・世界各国からのお客様をお迎えして舟遊びの楽しさを伝えています。時代とともに移り変わる様々な変化を見つめながら、「変わらない良さ」はそのままに、「進化する良さ」も大切に。江戸の風情を今に伝える「屋形船」、TOKYOを新発見する「クルーザー」を通して、東京の魅力を国内外へとお伝えしています。

「株式会社船清」公式サイト:https://www.funasei.com/
 
  • ※1:​DMO GATEWAY 新品川とは
「DMO GATEWAY 新品川」は、東京都及び公益財団法人東京観光財団より指定を受けた9つの東京ビジネスイベンツ先進エリアのひとつとして八芳園に事務局を設置し、ビジネス利用の訪日客向けに新品川エリア(品川・田町・芝・高輪・白金・港南)でのイベントや宿泊施設への誘致・紹介を行っています。国際会議やコーポレートイベント等に利用いただけるユニークべニューの開発を推進し、MICE事業への提案やプロデュースを積極的に実施。東京都の各DMO拠点と連携することにより、東京全体での魅力あふれるPR活動に繋げています。
​「DMO GATEWAY 新品川」公式サイト:http://dmo-gateway-shinshinagawa.tokyo/

 
  • 八芳園について

八芳園は、昭和18年の創業以来、豊かな自然環境づくりと、食生活への奉仕を通して、社会に貢献する総合イベントプロデュース企業です。「日本のお客様には心のふるさとを。海外のお客様には日本の文化を。」を理念に掲げ、「OMOTENASHIを世界へ」をミッションとして、MICE、結婚式をはじめとした、宴会・レストランなどの企画運営を展開、都心にありながらも江戸時代から続く約1万坪の由緒ある庭園を維持し、お客様へ至福の時を提供しています。
東京2020大会においては、ホストタウンアピール実行委員会に参画し、イベント及びフードプロデュースを担当いたしました。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 八芳園 >
  3. 【〈株式会社船清∞八芳園〉新たな共創プロジェクト】品川エリアの水辺観光振興を目指す、屋形船クルーズでの‟地産地消クルーズディナー”を共創