アクセンチュア、リフィ二ティブの「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」で世界第3位に選出

【東京発:2020年10月16日】

アクセンチュア株式会社(東京都港区、代表取締役社長:江川 昌史、以下アクセンチュア)は、多様性と受容性に富んだ職場環境を持つ上場企業100社を認定するリフィニティブの2020年「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」(以下「D&I指数」)において、アクセンチュアが世界第3位に選出されたことを発表します。D&I指数はリフィニティブのESG(環境・社会・ガバナンス)データをもとに算出され、アクセンチュアがトップ100に選出されたのは今回で5年連続となります。

D&I指数およびその基になる多様性と受容性の指標は、リフィニティブが展開するWorkspace(ワークスペース)およびEikon(アイコン)から取得可能で、金融の専門家が投資において持続可能性に関わるリスクと投資機会で企業を評価する目的に加えて、多様性の視点から投資戦略を強化するために利用することができます。D&I指数は、「ダイバーシティ(多様性)」、「インクルージョン(受容性)」、「人材開発」、「論争・物議」の柱となる4項目のそれぞれで評価し、スコアを割り当てる革新的な分析手法を採用しています。4項目にまたがってスコアを得た企業のみ総合スコア(各部門のスコアの平均)が割り当てられます。その中で、総合スコアが最も高い上位100社がインデックス構成銘柄に採用されます。

アクセンチュアでは、インクルージョンとダイバーシティへの揺るぎないコミットメントがイノベーションを生み出し、人々が最高のパフォーマンスを発揮でき、そして誰もが平等にキャリアを築く機会がある文化を提供しています。アクセンチュアでは年齢、障がいの有無、民族、性別、性的指向や性自認、宗教などの違いにより差別されることがあってはならないと考えており、特にジェンダー、LGBTQ、障がいのある方、クロスカルチャーのダイバーシティに関する課題に重点的に取り組んでいます。

アクセンチュア株式会社 執行役員 インクルージョン&ダイバーシティ統括 堀江 章子は次のように述べています。「お客様の多種多様な課題を解決するためには、多様なバックグラウンドを持つ人材がコラボレーションし活躍する組織やチーム作りが欠かせません。アクセンチュアでは、インクルージョンとダイバーシティを他のビジネスと同等に優先すべき事項として捉え、採用、教育研修、意識改革の推進、そしてモデルとなるキャリアあるいは働き方を実現している社員とのネットワーキングなど、先進的なアプローチで取り組んできました。アクセンチュアが長年続けてきた、誰もが平等な機会を実感できる企業文化の醸成に向けた活動が、世界3位という評価を受けたことは、大変喜ばしいことです。今回の順位に甘んじることなく、今後も平等な機会の浸透に向けて尽力してまいります」

アクセンチュアが推進している数多くの活動や取り組みの中で、今回、リフィニティブのD&I指数で取り上げられた項目は下記の通りです。

多様性に富んだ経営陣:アクセンチュアの経営陣は、多様な出身国および性別で構成されています。また、インクルージョンとダイバーシティへの取り組みは、企業トップである会長、最高経営責任者、取締役会が行動を起こすことから始めています。さらに、アクセンチュアの全リーダーに、すべての社員が成長しながら安心して働くことができる平等の文化を築き、維持するために必要な行動を求めています。

職場における平等:アクセンチュアは、男女のバランスがとれた組織とするため、全世界で2025年までに女性50%と男性50%という目標を設定しました。現在、世界の従業員の45%は女性となっています。

人種差別への姿勢:アクセンチュアは、人種差別、偏見など、あらゆる差別を根絶させるというポリシーを持っています。また、すべての人に対する職場での平等と正義を保証し、誰もが存分に能力を発揮できる場所を提供しています。

才能への投資:アクセンチュアでは2019年度に、継続的な学習と人材育成に9億7,300万ドルを投資しました。

ここにはAI、ブロックチェーンやクラウドなどのデジタル関連領域における従業員の新たなスキル向上に向けた多額の投資が含まれています。

アクセンチュアはインクルージョン&ダイバーシティへの長年の取り組みにより、優れた雇用主やリーダー企業であるとの認知が高まり、広く認められてきました。 日本では、「PRIDE指標」において、2016年以降4年連続で最高評価であるゴールドを受賞したほか、日経WOMANが選出する2020年版「女性が活躍する会社BEST100」で総合2位にランクインしています。 アクセンチュアのインクルージョン&ダイバーシティについては(https://www.accenture.com/jp-ja/about/inclusion-diversity-index )をご参照ください。

アクセンチュアについて
アクセンチュアは、デジタル、クラウドおよびセキュリティ領域において卓越した能力で世界をリードするプロフェッショナル サービス企業です。40を超える業界の比類のなき知見、経験と専門スキルを組み合わせ、ストラテジー&コンサルティング、インタラクティブ、テクノロジー、オペレーションズサービスを、世界最大の先端テクノロジーセンターとインテリジェントオペレーションセンターのネットワークを活用して提供しています。アクセンチュアは50万6,000人の社員が、世界120カ国以上のお客様に対してサービスを提供しています。 アクセンチュアは、変化がもたらす力を受け入れ、お客様、社員、株主、パートナー企業や社会へのさらなる価値を創出します。

アクセンチュアの詳細はwww.accenture.com を、
アクセンチュア株式会社の詳細はwww.accenture.com/jp をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アクセンチュア株式会社 >
  3. アクセンチュア、リフィ二ティブの「ダイバーシティ&インクルージョン・インデックス」で世界第3位に選出