"地毛申請"、"女の子らしさ"、"跡取り息子"... 身近にあふれる「時代錯誤」に立ち向かう、子どもたちの物語『わたしの気になるあの子』 2月刊行!

累計発行部数3万部突破の『わたしの苦手なあの子』著者が贈る!現代を生きるすべての子どもたち、そして彼らに寄り添う大人たちへ届けたい "勇気" と "希望" の物語『わたしの気になるあの子』が、2021年2月10日に発売となりました。
  • 子どもたちが感じている「ジェンダー・ギャップ」
2019年12月、世界経済フォーラム(WEF)が、各国のジェンダー不平等状況を分析した「ジェンダー・ギャップ指数(Gender Gap Index:GGI)」を公表しました。世界153ヵ国を対象に行なったこの調査で、日本は121位と前年の110位から11順位を下げ、過去最低の順位を記録しました。これは、G7の中で圧倒的に最下位です。

このように、依然として「ジェンダー・ギャップ」の根強い日本。本作『わたしの気になるあの子』の物語のなかで、小学生、高校生の登場人物たちが感じる違和感は、読者の子どもたちの日常生活においても限りなく身近で、ありふれたものなのです。そんな違和感について考え、勇気を出して自分なりの方法でぶつかっていく彼女たち。その姿に私たち読者は胸を動かされ、背中を押されます。

―みんなと同じって、そんなに大事なことだろうか。「そのまま。自分らしく。」そうだ。それが一番大事なことだ。

本作では「ジェンダー」や「多様性」について、理不尽な校則や先生からの言葉、家族や友人との交流いった、子どもたちにとって非常に身近な切り口で描き、「自分事」として考えてもらえるような内容となっています。メインの読者である子どもたちにはもちろんのこと、そのご両親や祖父母のみなさんにも、ぜひお届けしたい作品です。ともすれば重苦しくなってしまいがちなセンシティブなテーマを扱いながら、等身大の言葉・表現でさわやかに描かれていることも本作の特徴です。
 
  • 『わたしの気になるあの子』あらすじ
助けてあげたいのに「ほっといてほしいの」だって。だけど、ほっといていいのかな…。
どうしたらいい? 気になるあの子に近づくために。

「女の子らしくしろ」と口うるさい祖父にモヤモヤと反感を覚える瑠美奈は、ある日、クラスメイトの詩音が坊主頭で登校してきたことに衝撃を受ける。詩音は転校生で、最初からあまりクラスに溶け込もうとせず孤立していたのに、ますます浮いてしまう。実は、詩音が坊主にしたのにはわけがあった。彼女の高校生の姉が、転校先の「時代錯誤な校則」に抗議するために坊主にし、周囲から理解されないでいるのを助けたかったのだ。それを知った瑠美奈は、そんな詩音をなんとかして助けたいと思うようになり…。

「ねえ、人ってさ、どうして自分とちがうものを、受け入れられないんだろ」

「女の子らしく」「男の子らしく」「高校生らしく」そうは言うけど、「らしさ」っていつ誰が決めたこと?ふつうじゃないって、いけないこと?と考え始めた瑠美奈たち。「多様性」について、人を想い、助けあい、認めあうことについて、自分自身に問いかけるきっかけをくれる物語。登場人物それぞれの視点から描きます。
 
  • 『わたしの気になるあの子』書誌情報
前作『わたしの苦手なあの子』(参考:https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/4056035.html)でも、素直になれない二人の少女の繊細な心情を描き、多くの読者の共感を得た著者による文章は、今回も深い共感をもって読まれるものとなっています。ぜひ、一人でも多くの方々の元へ届けたい作品です。

 

『わたしの気になるあの子』
朝比奈蓉子 作 /水元さきの 絵
定価:本体1,400円(税別) ポプラ社刊
(参考:https://www.poplar.co.jp/book/search/result/archive/4056049.html)

​------------------------------------------------------------------------------------------------------

◇作者:朝比奈蓉子(あさひな・ようこ)
福岡県生まれ。作品に、『へそまがりパパに花束を』『「リベンジする」とあいつは言った』『ゆいはぼくのおねえちゃん』『わたしの苦手なあの子』(以上、ポプラ社)、『たたみの部屋の写真展』『竜の座卓』(以上、偕成社)、『もう逃げない!』(PHP研究所)などがある。福岡県在住。

◇イラストレーター:水元さきの(みずもと・さきの)
1995年東京都生まれ。柔らかな線と彩色で書籍や雑誌、広告などのイラストを手掛ける。主な挿絵作品に『12歳の少女が見つけたお金のしくみ』(宝島社)、『大切なのに誰も教えてくれなかった 女子の心と体のトリセツ』(大和書房)などがある。[twitter:@ramunechoco]
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ポプラ社 >
  3. "地毛申請"、"女の子らしさ"、"跡取り息子"... 身近にあふれる「時代錯誤」に立ち向かう、子どもたちの物語『わたしの気になるあの子』 2月刊行!