4頭のワオキツネザルの赤ちゃんが誕生しました!

 アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)において、2021年3月に4頭のワオキツネザルの赤ちゃんが誕生
しましたのでお知らせいたします。アドベンチャーワールドでは3年連続となる赤ちゃんの誕生であり、今回誕生
した赤ちゃんを含め現在18頭(オス6頭、メス8頭、不明4頭)が暮らしています。

 アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)において、2021年3月に4頭のワオキツネザルの赤ちゃんが誕生しましたのでお知らせいたします。アドベンチャーワールドでは3年連続となる赤ちゃんの誕生であり、今回誕生した赤ちゃんを含め現在18頭(オス6頭、メス8頭、不明4頭)が暮らしています。

【ワオキツネザルの赤ちゃんについて】
出生日:2021年3月15日(月)1頭
         3月22日(月)1頭
         3月23日(火)2頭(ふたご)
性別:4頭とも不明
全長:約35cm
体重:約60g

大島公園動物園(東京都伊豆大島)から来園した3頭の母親 母子ともに健康
 3頭の母親から、ふたごを含む4頭の赤ちゃんが誕生しました(父親は同一)。親はすべて2019年に東京都立大島公園動物園から来園し、母親の内1頭は初産になります。赤ちゃんたちは母親にしっかりとしがみつき、ミルクをもらい順調に成長しています。

子育ての様子をご覧いただけます!
 ワオキツネザルの赤ちゃんは、母親にしがみつくようにして過ごすのが特徴的です。現在はお腹側に抱きついていますが、4月の上旬頃には親の背中にのりはじめ、かわいい赤ちゃんの姿がより見やすくなります。生後1か月頃には、大人と同じ食べ物に興味を持ち始め、その後徐々に単独で行動するようになります。親子の様子は、ふれあい広場内モンキー×モンキーとメディカルセンターでご覧いただけます。

【親子公開場所】
①ふれあい広場内 モンキー×モンキー ワオキツネザル展示場   1頭(3月15日誕生)
②ワイルドアニマルメディカルセンター(ビッグオーシャン1階) 3頭(3月22日・23日誕生)

【ワオキツネザルについて】
分 類:霊長目 キツネザル科
学 名:Lemur cutta
英 名:Ling-tailed lemur
生息地:マダガスカル島
食 性:アドベンチャーワールドでは主にバナナや白菜などを与えています。
繁 殖:繁殖期間は4か月〜4か月半で通常は1〜2仔を出産します。オスは2歳半、メスは1歳8か月で性成熟を迎えます。
寿 命:野生下では15〜16年、飼育下では約20年。
特 徴:黒と白の輪の模様の尾が特徴的で、ワオキツネザルの名前はここからつけられています。跳躍力に優れており約3メートルもジャンプすることができます。
 

〇アドベンチャーワールド「SDGs宣言・パークポリシー」https://www.aws-s.com/parktheme-sdgs/
 アドベンチャーワールドは、「こころにスマイル 未来創造パーク」として、すべての生命にSmile(しあわせ)が溢れる豊かな未来の地球の姿をパークで体現します。パークという”小さな地球”を通して、関わるすべての人の人生が豊かになるように、動物たちSの生命がずっとつながっていくように、自然や資源が循環し再生するように、未来のSmileを創り続けていきます。

〇SDGsについて
 SDGsとは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」のことです。社会が抱える問題を解決し、世界全体で2030年をめざして明るい未来を作るための17のゴールと169のターゲットで構成されています。2015年9月、ニューヨーク国連本部において193の加盟国の全会一致で採択された国際目標です。














詳しくはこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d40302-20210328-4545.pdf
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. アドベンチャーワールド >
  3. 4頭のワオキツネザルの赤ちゃんが誕生しました!