FDA 『花巻=名古屋(小牧)』線 就航10周年セレモニーの実施について

株式会社フジドリームエアラインズ(略称:FDA、本社:静岡県静岡市、代表取締役社長:楠瀬 俊一)の『花巻=名古屋(小牧)』線が就航10周年を迎え、8月1日(日)、岩手県および岩手県空港利用促進協議会主催による記念セレモニーが行われました。
 


当社は、東日本大震災発生直後の2011年3月19日~4月1日の間に、静岡県医師会の医師団と静岡県の職員、そして救援物資の輸送のため、計5回の救援輸送フライトを実施し、同年5月に定期便の運航を開始いたしました。就航初年度は、1日1往復の運航でしたが、その後徐々に便数を拡大し、2018年度からは、通年で4往復/日の運航を行っております。また、2019年度には、年間旅客数が15万人に達し、通算では110万人以上の方にご利用頂いております。

セレモニーでは、達増岩手県知事および上田花巻市長からお祝いのおことばを頂いた後、くす玉開披等を実施、さらにセレモニー後は、花巻発12時15分発・名古屋(小牧)行きのFDA354便のお見送りをいたしました。

なお、8月1日(日)~29日(日)の期間、いわて花巻空港1階国際線到着ロビーにて、同路線就航以来10年間の歴史をたどる写真及び関連物品等を展示中です。

当社は、これからも地域と地域を結ぶ交流の架け橋となり、すべての皆さまから信頼される航空会社を目指して安全・安心のサービスを提供してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社フジドリームエアラインズ >
  3. FDA 『花巻=名古屋(小牧)』線 就航10周年セレモニーの実施について