新社名「MIRARTHホールディングス株式会社」パーパス(存在意義)とバリューズ(価値観)を発表

~ 進化していく私たちの決意 ~

 株式会社タカラレーベン(本社:東京都千代田区/代表取締役:島田和一)は、2022年10月1日に「MIRARTHホールディングス株式会社」へ商号を変更し、持株会社体制へ移行いたします。
 次のステージに向かう当社グループの存在意義を定義したパーパス、価値観であるバリューズを策定しましたので、お知らせ致します。
 
  • MIRARTHホールディングス株式会社について
 現タカラレーベンは、2022年9月におかげさまで50周年を迎えます。当社は、1972年の創業以来、一貫して「誰もが無理なく安心して購入できる理想の住まい」、人生の「宝」となる住まいをお客様に提供してまいりました。この間、時代の変化を捉えて新築分譲マンション事業をコア事業としつつ、エネルギー事業、流動化事業、海外事業など、事業の多角化も積極的に進めてきました。

 こうした中で、持続的な成長の促進、迅速かつ柔軟な経営判断ができる体制の構築を図るとともに、セグメント毎の採算性と事業責任の明確化や経営資源の有効活用のほか、プライム市場上場企業としてさらなるガバナンスやESG経営の強化を図るため、先般公表いたしました通り、当社は10月1日に会社分割方式により持株会社体制へ移行する予定です。

 「MIRARTH(ミラース)ホールディングス株式会社」という新社名は、Mirai(未来)とEarth(地球)を組み合わせたもので、「不動産総合デベロッパー」の枠を超えて、「人と地球の未来を幸せにする未来環境デザイン企業」へ進化していく私たちの決意を込めたものです。

  • Our Purpose(存在意義)

サステナブルな環境をデザインする力で、人と地球の未来を幸せにする。
 
  • Our Values価値観
情熱・感動
環境創造に情熱を注ぎ、人々と感動を分かちあう。

持続可能
人、自然、社会の共存を目指し、サステナブルな世界をつくる。

価値創出
スピード感を持って変革を続け、新しい価値を創出する。

多様性・共創
一人ひとりのアイデアを大切に、地域社会との共創を進める。

誠実・信頼
誠実な行動で、人と社会の安全・安心を約束する。
 
  • Brand Story

 

「幸せを考える。幸せをつくる。」
私たちはこの理念を掲げ、人と暮らしを見つめて、
住まいを、そして街をつくってきました。

しかし、ライフスタイルは大きく変わり、
情報のデジタル化、インフラの変化も急速に進んでいます。
少子高齢化・地方の過疎化など、さまざまな課題も抱えるようになっています。
「こうした時代に、どう明日の幸せをつくっていくべきか」
私たちは真剣に考えてきました。

挑戦は、もう始まっています。

不動産、エネルギー、金融などの事業を融合するとともに、
地域社会と共創し、未来の街づくりに取り組みます。
さらに、グローバル展開を進めていきます。

新たな時代への挑戦は、
サステナブルな環境をデザインする力で、
「人と地球の未来を幸せにする企業」へと進化していく、私たちの決意です。

MIRARTH/ミラース。
Mirai(未来)とEarth(地球)を組み合わせて生まれた社名には、
私たちが目指す無限のフィールドが広がっています。

 

 当社ならびに当社グループは、既存事業の拡大やシナジーの最大化を図るとともに、全グループ会社一丸となって企業価値の最大化と永続的な成長を目指してまいります。
 
  • 会社概要
商号 : 株式会社タカラレーベン
代表者 : 代表取締役 島田 和一
所在地 : 〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-2鉄鋼ビルディング16F
設立 : 1972年9月
事業内容 : 自社ブランドマンション「レーベン」・「ネベル」シリーズ及び、一戸建新築分譲住宅の企画・開発・並びに販売、エネルギー事業、ホテル事業、建替・再開発事業、海外での不動産販売事業 他
資本金 : 4,819百万円
URL : https://www.leben.co.jp/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. MIRARTHホールディングス株式会社 >
  3. 新社名「MIRARTHホールディングス株式会社」パーパス(存在意義)とバリューズ(価値観)を発表