新チャンネルは「羽生結弦」「ジャニーズWEST」「Hey! Say! JUMP」が躍進。ショート動画が成否の分かれ目に。2022年7-9月「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」発表

YouTubeやTikTokをはじめとするクリエイター支援事業・コンテンツ制作事業を展開する株式会社BitStar(本社:東京都渋谷区、代表取締役 社長執行役員CEO:渡邉拓、以下BitStar)は、独自の分析ツール「IPR(インフルエンサーパワーランキング)」のデータに基づき、2022年7-9月に活躍した動画クリエイターや動画チャンネルのランキングを発表いたします。
発表するランキングは以下の通りです。

1.チャンネル総再生数ランキング
2.動画再生数ランキング(ショート動画を除く)
3.新規開設チャンネルランキング
4.タイアップ動画ランキング
5.ショート動画ランキング

BitStarが独自開発する「IPR」では、YouTube・Instagram・TikTokを中心に50万人以上のインフルエンサーデータを保有しております。TikTokにつきましては、近日登録者の想定男女比や想定年齢比を実装予定です。
本リリースではTOP10、20のみを公開していますが、IPRではTOP100までのランキングの公開を予定しています。ぜひこの機会にご登録ください。
IPR:https://ipr.bitstar.tokyo/

1.チャンネル総再生数ランキング
2022年7月1日-9月23日にYouTubeに投稿された動画において、同期間に多く再生されたチャンネルのランキングです。 

【チャンネル総再生数 TOP20】
1位 7億5125万回 Sagawa /さがわ
2位 7億3515万回 ISSEI / いっせい
3位 7億1514万回 Bayashi TV
4位 3億8149万回 M2DK.マツダ家の日常
5位 2億8437万回 【公認】ゆるっとmikuruチャンネル【朝倉未来】
6位 2億5205万回 Junya.じゅんや
7位 2億1013万回 東海オンエア
8位 1億9122万回 Fischer's-フィッシャーズ-
9位 1億7417万回 ばんばんざい
10位 1億7367万回 水溜りボンド
11位 1億7055万回 岡野タケシ弁護士【アトム法律事務所】
12位 1億5715万回 内山さんの日常 (Everyday Uchiyamasan)
13位 1億4409万回 【厳選】2chスレまとめショートch
14位 1億3986万回 コムドット
15位 1億3417万回 Ado
16位 1億3155万回 桐崎栄二.きりざきえいじ
17位 1億2803万回 ひみつ基地。
18位 1億2584万回 フォーエイト48
19位 1億2208万回 HikakinTV
20位 1億1101万回 えんどれす【Endless】
 
  • インフルエンサー・アナリスト大山純平による分析とコメント


インフルエンサー・アナリスト
大山 純平

上智大学経済学部経営学科を卒業後、株式会社allfuzに入社。タレント/アーティスト、映画/アニメなどの幅広いエンタテインメントコンテンツを活用したプロモーションプランを提案。出向先の株式会社電通にてメディアバイイングからイベント制作等を担当。株式会社マッキャンエリクソンにて大手メーカーのメディアプランニング担当を経て、2021年6月、BitStarに入社。マーケティングソリューション本部にてIPR事業責任者に従事。

第1位 Sagawa / さがわ
大山:2022年上半期ランキングで3位だった「Sagawa / さがわ」さんが見事1位となりました。登録者数は1,300万人を超え、約半年で300万人以上の伸びを見せました。縦型・短尺のショート動画では、海外コンテンツへのリアクション動画が1,000万回超えを連発し、グローバルなファン層の厚さを見せつけました。

第2位 ISSEI / いっせい
大山:1位と僅差ではありましたが、「ISSEI / いっせい」さんが2位にランクイン。登録者数は650万人と1位の「Sagawa / さがわ」さんの半数ほどですが、スパイダーマンとのボディパズル動画が1.4億回再生を突破し、話題になっています。

第3位 Bayashi TV
大山:2022年上半期ランキング4位の「Bayashi TV」さんが順位を上げ、3位にランクイン。飯テロクリエイターとして、TikTokでは3,000万人フォロワーを突破。投稿本数は1位、2位と比べて少ないですが、ショート動画は平均200万再生を記録し、安定した人気を誇っています。

「チャンネル総再生数ランキング」総括
大山:2022年上半期ランキングから引き続き、ショート動画クリエイターが上位を席巻しました。5位の朝倉未来さんの切り抜きは特例ですが、古参のグループクリエイターはショート動画(グループではなくソロでの投稿)にも力を入れており、チャンネル内で通常動画とショート動画の差別化を図っていることがうかがえます。

2.動画再生数ランキング
2022年7月1日-9月23日にYouTubeに投稿された、ショート動画(YouTube Shorts)を除く動画1本あたりの再生数のランキングです。

【動画再生数ランキング TOP10】
1位 3723万回 【Ado】逆光(ウタ from ONE PIECE FILM RED)(Ado)
2位 3706万回 TWICE 「Celebrate」 Music Video(TWICE JAPAN OFFICIAL YouTube Channel)
3位 3324万回 ブックオフTVCM「好きなのあるじゃん!寺田心さん店内ライブ」篇(BOOKOFF)
4位 3007万回 【YouTube公式CM】タウンワーク 「白亜紀篇」【1】(townwork)
5位 2765万回 【Ado】Tot Musica(ウタ from ONE PIECE FILM RED)(Ado)
6位 2733万回 【Ado】ウタカタララバイ(ウタ from ONE PIECE FILM RED)(Ado)
7位 2549万回 Snow Man 「JUICY」 Music Video YouTube Ver.(Snow Man)
8位 2234万回 SixTONES – PARTY PEOPLE(SixTONES)
9位 2192万回 「三井のすずちゃん 東京ミッドタウン」篇 15秒(字幕あり)(三井不動産)
10位 2182万回 「ライト!えがおのペット(いぬ)」篇(15秒)(明治安田生命公式YouTubeチャンネル)

第1位 【Ado】逆光(ウタ from ONE PIECE FILM RED(Ado)
大山:7月6日に公開されたAdoさんの『逆光』のMVが1位に。興行収入150億円を超えた映画『ONE PIECE FILM RED』の挿入歌として、歌手・Vaundyさんが書き下ろした曲になっています。コメント欄から、世界中にワンピースとAdoさんのファンがいることがうかがえます。約3ヶ月前の公開ですが、9月23日時点でもミュージックビデオランキング全体で6位にランクインしています。

第2位 TWICE 「Celebrate」 Music Video(TWICE JAPAN OFFICIAL YouTube Channel)
大山:今やK-POPグループの代表格とも言える「TWICE」が7月15日に公開した『Celebrate』のMVが2位に。日本デビュー5周年を祝うメモリアルアルバムのタイトル曲で、ファンの思い入れも強い1曲です。ショート動画を活用したティザー動画も公開しており、ファンの期待をうまく醸成しています。

第3位 ブックオフTVCM「好きなのあるじゃん!寺田心さん店内ライブ」篇(BOOKOFF)
大山:3位は寺田心さんが出演するブックオフのCMがランクイン。寺田さんがレジで熱唱する姿が印象的です。

「動画再生数ランキング」総括
大山:TOP10のうちMVが6つランクイン、CM動画が4つランクインする結果となりました。MVは『ONE PIECE RED』に関係するAdoさんの3曲がランクインしており、複数のメディア・プラットフォームで相乗効果を生む企画力の強さがうかがえます。

3.新規開設チャンネルランキング
2022年7月1日-9月23日に新しく開設されたYouTubeチャンネルの、同期間内での登録者数のランキングです。

【新規開設チャンネルランキング TOP20】
1位 71.9万人 HANYU YUZURU
2位 50.0万人 ジャニーズWEST
3位 46.3万人 Hey! Say! JUMP
4位 46.2万人 KinKi Kids
5位 18.2万人 【日本温泉女子】湯女ゆな @Japanes_onsen
6位 18.0万人 渡会雲雀 / Watarai Hibari
7位 17.0万人 四季凪アキラ / Shikinagi Akira
8位 15.0万人 セラフ・ダズルガーデン / Seraph Dazzlegarden
9位 12.7万人 白波らむね / Shiranami Ramune
10位 11.5万人 風楽奏斗 / Fura Kanato 
11位 10.9万人 美月チャンネル
12位 10.3万人 【公式】世界の終わりに柴犬と【切り抜きOK】
13位 7.2万人  くじら先生の仲間はずれたち
14位 7.1万人  VOLTACTION
15位 6.9万人  Kyohei Hagiwara -萩原京平-
16位 6.4万人  久野静香です。
17位 6.1万人  神のみぞ知る〜アニマルディスカバリー〜
18位 5.8万人  爆笑問題のコント テレビの話
19位 5.7万人  NEW Project【AMPxTAK】
20位 5.5万人  SUPER FUNK MARKET /END RE CHERI

第1位 HANYU YUZURU
大山:1位はフィギュアスケーター・羽生結弦さんのチャンネルがランクイン。8月7日にチャンネルを開設。公開済の動画は2本とライブ配信のアーカイブが1本ですが、世界中の根強いファンからの支持が感じられるコメントが見受けられ、特に中華圏のファンからのコメントが多く目立っています。

第2位 ジャニーズWEST
大山:7月28日に開設した「ジャニーズWEST」のチャンネルが2位に。ジャニーズグループが本格的にYouTubeに参入しているのがうかがえます。ただ、「ジャニーズWEST」は他の音楽アーティストとは少し異なり、MV関連の投稿のみならずYouTuberのフォーマットに則り、「旅企画」や「ドッキリ」などメンバーの素顔が見られるコンテンツを多く配信しているのが特徴的です。

第3位 Hey! Say! JUMP
大山:ジャニーズグループが連続してランクイン。7月14日に開設された「Hey! Say! JUMP」のチャンネルが3位に。「ジャニーズWEST」とは異なり、「Hey! Say! JUMP」は過去のMVやインタビューを中心に投稿。打ち合わせの風景など、各メンバーのキャラクターを垣間見ることができます。

4.タイアップ動画ランキング
2022年7月1日-9月23日に投稿されたタイアップ動画(広告コンテンツ)で、同期間に多く再生されたランキングです。

【タイアップ動画ランキング TOP10】
1位 1586万回 SHEIN(ZOETOP Business Co., Limited)
2位 982万回 nosh(ナッシュ)(ナッシュ株式会社)
3位 635万人 メンズクリア(メンズ脱毛・ヒゲ脱毛)(株式会社クリア)
4位 559万回 荒野行動(NetEase Games/網易娯楽株式会社)
5位 478万回 eBASEBALLパワフルプロ野球2022(株式会社コナミデジタルエンタテインメント / KONAMI)
6位 460万回 カラーシャンプー(plus eau)
7位 371万回 TIRTIR(ティルティル)(株式会社TIRTIR JAPAN)
8位 319万回 Tower of Fantasy 【幻塔】(Proxima Beta Pte. Limited)
9位 313万回 #結果で体感ウルトラチャレンジ(株式会社ULTORA)
10位 307万回 グリシン3000&テアニン200(株式会社ファイン)

第1位 SHEIN(ZOETOP)
大山:2022年上半期ランキングで2位だったSHEINが1位に。動画の内容は購入品紹介が中心で、ライフスタイル系に加え、エンタメ系・美容系・カップル系と幅広いジャンルのクリエイターを起用し、約160本の動画を投稿。起用クリエイターの登録者数も数万人〜100万人規模とさまざまで、ターゲットを拾い落とさないよう設計されていることが見受けられます。

第2位 nosh(ナッシュ株式会社)
大山:2位は食事宅配サービスのnoshがランクイン。約74本のタイアップ動画を投稿しています。単発ではなく、特定のクリエイター/チャンネルと継続的にタッグを組んで訴求していることが特徴的です。「ウェザーニュース」のチャンネルでは、ライブ配信時も概要欄に提供先としてnoshを表示し、クーポンも表示するという訴求方法も見られました。

第3位 メンズクリア(株式会社クリア)
大山:3位はメンズクリアがランクイン。ショート動画を活用したり、起用クリエイターのジャンルは定番のカップル系に加え、アニメ・料理・また過激なエンタメ系など、広範囲のターゲットへ向けて設計されていることがうかがえます。

5.ショート動画ランキング
1分以内のショート動画「YouTube Shorts」の再生数ランキング。2022年7月1日-9月23日に投稿されたショート動画で、同期間に多く再生されたランキングです。

【ショート動画ランキング TOP10】
1位 1億4320万回 ISSEI / いっせい
2位 8802万回 Bayashi TV
3位 8321万回 Bayashi TV
4位 5102万回 Sagawa /さがわ
5位 4808万回 Sagawa /さがわ
6位 4161万回 M2DK.マツダ家の日常
7位 3830万回 M2DK.マツダ家の日常
8位 3735万回 Sagawa /さがわ
9位 3553万回 Sagawa /さがわ
10位 2996万回 Sagawa /さがわ

ショート動画ランキング 総括
大山:1位は「ISSEI / いっせい」さんのボディパズル動画が群を抜いて1億回超えの再生に。世界中のファンからリアクションがあり、グローバルなショート動画戦略が成功していることがうかがえます。「Bayashi TV」さんは2022年上半期ではランクインしませんでしたが、7-9月には2,3位にランクイン。「チキンカツサンドイッチ」動画と「味付き卵と胡瓜」動画はASMR要素も加わったリズミカルな構成で、グローバルで高評価を得ています。

■「IPR(インフルエンサーパワーランキング)」について
BitStarでは、独自の分析ツール「Influencer Power Ranking(IPR)」にて50万人以上のインフルエンサーデータを収集・解析することが可能です。ビッグデータを活用し、YouTubeやTikTok、Instagramにおける企業さまのマーケティングのサポートを行っています。今回の調査結果を含めてさまざまなデータを保有していますので、お気軽にお問い合わせください。

▼お問い合わせ先
株式会社BitStar IPR営業担当
MAIL:sales@ipr.tokyo

IPR:https://ipr.bitstar.tokyo/
初回3日間はトライアルで全機能が無料で利用可能です。
※トライアル期間終了後もランキング閲覧など一部機能は引き続き無料でご利用いただけます。

■株式会社BitStarについて
「その輝きを、加速させる。」
BitStarは動画クリエイターを独自データとテクノロジーで支援し、クリエイターエコノミーの拡大を加速させるエンターテックカンパニーです。

株式会社BitStar (ビットスター)
所在地:東京都渋谷区渋谷2-22-3 渋谷東口ビル10F
代表者:代表取締役 社長執行役員CEO 渡邉 拓
設立:2014年7月
事業内容:クリエイター支援事業、コンテンツ制作事業
・クリエイターエージェント「BitStar Agent」:https://bitstar.tokyo
・クリエイタープロダクション「BitStar Production」:https://production.bitstar.tokyo
・コンテンツスタジオ「BitStar Studio」:https://studio.bitstar.tokyo
コーポレートサイト:https://corp.bitstar.tokyo

■本リリースに関する取材など、報道関係者の問い合わせ
株式会社BitStar(ビットスター) 広報担当:坪井
MAIL:pr@bitstar.tokyo
電話番号:03-4520-5777
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社BitStar >
  3. 新チャンネルは「羽生結弦」「ジャニーズWEST」「Hey! Say! JUMP」が躍進。ショート動画が成否の分かれ目に。2022年7-9月「インフルエンサーパワーランキング by BitStar」発表