東京証券取引所市場第一部上場のお知らせ

株式会社マクロミル(本社:東京都港区、代表執行役グローバルCEO:スコット・アーンスト)は、本日、平成29年3月22日をもちまして、東京証券取引所市場第一部に株式を上場いたしました。これもひとえにお取引先の皆様、そして株主の皆様をはじめとする関係各位のご支援ご高配の賜物と心より感謝申し上げます。

弊社は過去4年間で年平均23% という、数あるグローバル・マーケティング・リサーチ企業の中で最も高い売上高成長率[1]を実現してきました。この間、高い専門性をもった人材の積極採用、海外事業の加速、更なる業務の効率化及び”One Macromill”ブランドの構築に注力してまいりました。そして今日、マクロミル・グループ社員一同、革新的な情報とソリューションの提供を通して、すべてのお客様に大きな価値を提供している手応えを感じております。

昨年発表した中期事業計画[2]に定めた通り、今後も継続して年平均10% 程度の売上高成長を成し遂げるために、更なるグローバル化の加速、日本におけるマーケットシェアの伸長、そしてお客様の期待に応えうる革新的なデジタル・ソリューションの開発に注力する方針です。

本日に至るまで積み重ねたすべてのお客様からの信頼を糧とし、「世界に誇れる実行力と、時代を変革するテクノロジーを統合し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指す」という経営ビジョンの実現に向けて、このたびの上場を契機に、今後も更なる企業価値の向上に取り組んでまいります。

皆さまにおかれましては、今後とも、より一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

なお、新規上場の詳細につきましては、東京証券取引所のウェブサイト(http://www.jpx.co.jp/)、当社の詳細につきましては、当社ウェブサイト(https://www.macromill.com)をご覧下さい。
                                                以上

 

 

ご注意:本記者発表文に記載されている当社グループの計画、見通し、予測、予想その他の将来情報については、本記者発表文の作成時点における当社の判断又は考えに過ぎず、実際の当社グループの経営成績、財政状態その他の結果は、国内外の経済状況の変化、市場環境の変化及び他社との競合、外国為替相場の変動等により、本記者発表文の内容又は本記者発表文から推測される内容と大きく異なることがあります。

 

[1] 出所: ESOMAR Global Market Research 2013年/2015年/2016年。Macromillは2012年から2014年及び2015年にかけての売上高の年平均成長率(2ヵ年及び3ヵ年CAGR)が同レポートに記載されているlargest 25 global marketing research companiesの中で最大 (但しヘルスケアITサービスプロバイダーであるIMS Healthを除く)

[2] 2016年6月10日に発表した、3ヵ年(2016年6月期から2019年6月期)計画
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社マクロミル >
  3. 東京証券取引所市場第一部上場のお知らせ